デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2012公式戦 > 【カープ情報】2012.07.10 広島対巨人 公式戦第10戦 エルドレッド来日初ヒット【動画】
スポンサードリンク

【カープ情報】2012.07.10 広島対巨人 公式戦第10戦 エルドレッド来日初ヒット【動画】

2012年7月10日に行われた、広島対巨人の公式戦第10戦の試合結果

広島 200 020 000|4
巨人 000 403 00×|7

勝 福田 4勝1敗
負 菊地原 0勝1敗
S マシソン 2勝0敗8S

【本塁打】なし

【広島】大竹-菊地原-梅津-中村恭-中田
【巨人】内海-福田-西村-マシソン

カープの注目は、何と言っても新外国人ブラッド・エルドレッド。
1軍のデビュー戦となるこの試合は、7番ファーストでスタメン出場となった。
さらにはルーキー菊池を初めて2番で起用してきた。実際には岩本が外野に回ったことで赤松が外れたという意味もある。
もちろん菊池の2番は、送りバントの成功を期待しての起用だろうが、その機会があるかどうかもポイントだろう。

しかも、対戦相手となるのは前回完封勝利を献上した内海。1点が重要と思いきや、菊池に打たせるとタイムリーツーベースであっさりと先制点を奪う。
さらに不振の梵にもタイムリーが飛び出し、内海からいきなり2点を奪う。

いい展開と思いきや、4回裏に暗転する。
谷と坂本の連打はともかく、村田の内野安打、阿部のサードゴロを堂林がタイムリーエラー、押し出し四球、ゲッツーコースの送球を受けた菊池が落球とミスのオンパレード。
これで4点を失って逆転されたのを、すぐさま5回の表に追いついたのは見事だったが、これで勝ちが転がり込んでくるほど野球は甘くない。

菊地原にしても高橋由へのデッドボールは余計だし、ワイルドピッチも余計。
ここまで結果だけは残していた梅津にしても、やはりアウトコースにスライダーが外れるという悪い時の投球が改善されず、巨人の勢いを止めることが出来ず、6回裏の3失点で勝負あり。

せっかく内海から4点も奪っただけに、もったいない試合だった。
とは言え、エラーやミス、四球がらみの失点と負ける要素は多かった。

ここまでラッキーボーイ的な働きをしてきていた菊池が、スタメンで活躍したにも拘わらずの敗戦だけに、流れを失うのではないかという心配だけが残る試合だった。

またエルドレッドの打撃はやはりまだ自分のスイングは出来ていなさそうな感じを受けた。合わせに行っているという印象が強い。
それでもヒット1本が出たことで、相手チームの警戒感も強まってくるだろう。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター