デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2012公式戦 > 【カープ情報】2012.07.01 広島対DeNA 公式戦第9戦 菊池プロ入り初ヒット【動画】
スポンサードリンク

【カープ情報】2012.07.01 広島対DeNA 公式戦第9戦 菊池プロ入り初ヒット【動画】

2012年7月1日に行われた、広島対横浜DeNAの公式戦第9戦の試合結果

横浜 000 010 000|1
広島 000 010 10×|2

勝 野村 5勝3敗
負 篠原 1勝1敗 
S ミコライオ 1勝3敗7S 

【本塁打】なし

【横浜DeNA】山本-篠原-菊地-林
【広島】野村-今村-ミコライオ

背中の張りを訴えてから暫く調整中だった野村が先発してきたが、やはり久々の登板の影響を感じされる投球内容だった。
その最たる部分は、野村の持ち味であるコントロールの精度だ。

四球の数こそ少ないものの、勝負球が明らかなボール球となったりで相手が三振をしてくれない。
三振を取るタイプではないのも確かなのだが、もっと良い時の野村を見ているだけに、やはり試合勘が戻るまでは苦しい投球に映った。

それでもリズムの良い投球で、堂林のタイムリーエラーによる1失点に抑える。

堂林のエラーの後は、一変してインコース攻めの強引な投球に変え、狙って三振を奪うあたりは、野村の意地なのだろう。

その裏には、プロ入り初スタメンとなったドラフト2位ルーキー菊池の、あわや本塁打となるライトオーバーのスリーベースでチャンスを作ると、石原のスクイズで生還し同点に追いつく。
菊池は、初スタメン、初ヒット、初長打、初得点と上々のスタメンデビューを果たした。

7回裏には、岩本が19試合連続となるセンター前ヒットで出塁すると、5番堂林は送りバントを決める。
丸がフォアボールで、代打の切り札前田智がセンター前タイムリーヒットでついに勝ち越し。
前田智のインタビューの言葉を借りると、岩本がユサユサしながら走って、良い蹴りでホームインしたというタイムリーだ。

丸と前田智の連続代打で、丸フォアボール、前田智ヒットというのは、今季のカープのテンプレートのようだ。

しかし、8回表にはセットアッパー今村が登板するのだが、先頭打者のサードゴロを堂林が一塁悪送球でこの日2個目のエラー。
今村も同期の堂林のエラーとあっては、後続を抑えない訳にはいなかい。
次打者をセカンドゴロ併殺に打ち取って、いとも簡単に8回を抑える。

今村は6月は防御率0.00と抜群のセットアッパーぶりを発揮していた。救援陣の中でも安定感は一番と言える。

9回は1点差のままで、守護神ミコライオが登場。ただ先頭打者の石川に10球以上粘られる。ミコライオの制球を考えて何とか出塁しようという意図は感じられたが、ミコライオが粘り勝ち。ボール臭い球すら投げることなくサードゴロに打ち取った。
続く金城にもボールスリーから、3球連続ストライクでライトフライに打ち取るなど、DeNA打線の思い通りにはいかないというミコライオの意思を感じ取ることが出来たように思う。
最後は粘られた鬱憤を晴らすかのように、ラミレスからは3球三振で見事に逃げ切り勝利。

野村に復活の、しかも久々の白星が付いたことは大きい。これから再加速してくれることを願っている。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター