デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【全球団新外国人選手】 > 【2012年全球団新外国人】 > 【横浜DeNA】ボビー・クレイマー投手の成績
スポンサードリンク

【横浜DeNA】ボビー・クレイマー投手の成績

横浜DeNAが、2012年の新外国人選手としてシーズン途中での獲得を目指すと報じられたボビー・クレーマー投手の成績
(7月4日契約合意、名称はボビー・クレイマー)

プロ入り後2シーズンを経過したのち、2005~2006年の2シーズンは登板なしとなっており、2007年に復帰している。

3Aでの成績は特筆する数字はないものの、2010年のメキシコリーグでは先発として13勝3敗と、高い勝率を残している。

この活躍もあってか同2010年に、30歳という年齢でメジャー昇格を果たしており、そこでも先発として4試合に登板し2勝1敗、防御率3.04と言う十分合格点の成績を残した。

この成績の要因としては、マイナー通算の与四球率2.28が示す通り、コントロールで自滅するタイプではないということが挙げられる。

もっとも、狙った所にボールが行くという感じではなく、適度に散らばると言った方が適切だ。これが良い具合に真ん中やベルトの高さ付近の球だけは行かないという状態で大きく崩れないという特徴がありそうだ。

翌年のメジャーで先発の機会が与えられなかったのは、年齢的な上がり目が見られそうもないという点と、上記のような点もあるのではないだろうか。

球種は、ストレート、カーブ、スライダー、チェンジアップくらい。
ストレートの球速は概ね140キロ前後で、特別速い訳ではない。
ただ、スライダーについてはやや落差があり、低めに制球されると右打者にでも通用しそう。

個人的には、左腕投手で脚を大きく上げる投球スタイルは、あまり日本向けという印象はない。

ハミルトンをシーズン途中で解雇したことも含め、先発投手の頭数が揃わないことでの獲得に思える。コントロールを乱さず、6回を3,4失点で抑えていければと言うタイプで、それなりの投球は出来ても、チーム状態を変えていけるほどの力は発揮できないのではないだろうか。



 試合先発防御率セーブイニング自責点被本塁打与四球奪三振WHIP与四球率奪三振率
2009(AAA)61116.43 014.0 1008142.29 5.14 9.00
2010(AAA)77221.94 041.2 9011351.25 2.38 7.56
2010(MEX-AAA)22201332.95 0128.0 426271231.12 1.90 8.65
2011(AAA)66004.03 022.1 10312261.52 4.84 10.48
2012(MEX-AAA)139422.22 065.0 16410521.05 1.38 7.20
マイナー通算1215935173.04 5438.0 148211113981.20 2.28 8.18
3A通算41341663.10 0206.0 719581981.27 2.53 8.65
 試合先発防御率セーブイニング自責点被本塁打与四球奪三振WHIP与四球率奪三振率
201044213.04 023.2 856131.10 2.28 4.94
201150011.08 08.1 11160.84 1.08 6.48
メジャー通算94222.53 032.0 967191.03 1.97 5.34


【動画】ボビー・クレーマー対イチロー(youtube)

【動画】ボビー・クレーマー対エンゼルス打線(youtube)
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター