デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2012公式戦 > 【カープ情報】2012.06.23 広島対中日 公式戦第10戦 堂林3試合連続6号本塁打【動画】
スポンサードリンク

【カープ情報】2012.06.23 広島対中日 公式戦第10戦 堂林3試合連続6号本塁打【動画】

2012年6月23日に行われた、広島対中日の公式戦第10戦の試合結果

広島 001 200
中日 000 00

勝 前田健 7勝3敗
負 中田賢 3勝6敗 
S 今村  0勝0敗2S

【本塁打】堂林6号

【広島】前田健-梅津-菊地原-今村
【中日】中田賢-高橋聡-山井-小林正-朝倉-西川

交流戦明け、リーグ再開初戦の試合には前田健太が登板してきた。
対する中日は中田賢ということで、投手戦が予想される試合となった。

ただ、中田賢は初回からコントロールに苦しむ。地方球場ということでマウンドに慣れていないというものあるのかもしれない。
それは、前田健太も同様でコースはまずまずだが、球が全体的に高い。

両者ともピンチを背負う場面が多いが、先制はカープ。
岩本が粘りに粘ってレフト前にタイムリーヒットを放つ。
この際のレフト和田の守備も、やはり慣れない球場のためという感じでグラブに当てながら落球したもので、先頭打者天谷のツーベースも同じようなケースでグラブに当てながらも取ることが出来なかった。こういうプレーが1イニングに2度重なりカープが先制した。

カープは続く4回、堂林が縦の変化球に崩されそうになるところを、しっかりとタメを作って体の軸の回転でレフトスタンドに運んだ技の一撃というホームランで追加点。
さらに、天谷にも3打席目で早くも猛打賞となるタイムリーヒットで3点目。
地味な働きとして、安部が天谷の3度の出塁の後は、3度とも四球を選んでいる。これはポイントが高い。さらに4打席目はしっかりとヒットも放って、大いにアピールできている。

一方の前田健太は、初回から本来の出来ではない中、何とか粘りの投球を見せていたが、6回裏に捉まる。
ブランコのツーベースに、井端のタイムリーで1点を返される。久々にセ・リーグの中日と対戦してみて、じわじわ追いつかれて来るというプレシャーを強く感じながらの試合運びは逆に久しぶりの感覚だ。

やはり普段からよく実力を知っているだけに感じる感覚かもしれない。

その追い上げをかわすべく8回に投入されたのは、登録されたばかりの梅津だった。これはサプライズ起用だ。
おそらくは、今後も梅津がセットアッパーとして起用されるという意味ではなく、今調子がいいという判断なのだろう。
梅津と菊地原で8回をしのいで、9回は今村がストッパーとして登場。
最近の今村も調子がいいようで、3人で抑えて今季2セーブ目を挙げた。

ミコライオも体調不良が完全には良くなっていないという情報もあり、今後も調子のいい投手の日替わり登板もありそうだ。




関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター