デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2012交流戦 > 【カープ情報】2012.06.17 広島対西武 交流戦第4戦 堂林2試合連続の5号本塁打【動画】
スポンサードリンク

【カープ情報】2012.06.17 広島対西武 交流戦第4戦 堂林2試合連続の5号本塁打【動画】

2012年6月17日に行われた、広島対西武の交流戦第4戦の試合結果

広島 100 004 240|11
西武 000 004 000| 4

勝 大竹 6勝2敗
負 岸  6勝6敗
S 今井 0勝0敗1S

【本塁打】天谷3号、堂林5号

【広島】大竹-岸本-中田-今井
【西武】岸-武隈-十亀-岡本篤-大石-山本

カープ先発の大竹は、中5日の影響か今日はコントロールに苦しんだ。
初回は1番から5番打者まで、ベルトよりも高いストレートが多く、ほとんど芯で捉えられた。
結果的に岩本が2ついいプレーを見せて無失点だったが、非常に不安が残る立ち上がり。

2回以降も低めのコントロールが悪く、3回には1アウト満塁、4回には1アウト三塁というピンチを背負う。
どうにか無失点に抑えたのの、いつ捉えられてもおかしくない、大量失点の可能性すらある出来だった。

それでも大竹が5回まで無失点で切り抜けたのは、初回の天谷の先頭打者本塁打による先制点が大きかったのだと思う。
相手に追いつけそうで追いつけないというプレッシャーを与え、普段の力を出させないようにするという点では、先制点の重要性をまざまざと見せつけられた1戦だったように思う。

後は、先発全員安打も達成するなど、打線が西武投手陣を攻め込み、大量得点で逃げ切り。

堂林も、16日の試合と同じような打ち方で右中間スタンドへ2試合連続の5号本塁打を放った。




関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター