デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2012交流戦 > 【カープ情報】2012.06.13 広島対ロッテ 交流戦第3戦 チーム全体で奪い取った引き分け【動画】
スポンサードリンク

【カープ情報】2012.06.13 広島対ロッテ 交流戦第3戦 チーム全体で奪い取った引き分け【動画】

2012年6月13日に行われた、広島対ロッテの交流戦第3戦の試合結果

広 島 000 000 021 0|3
ロッテ 000 300 000 0|3

勝 -
負 -
S -

【本塁打】なし

【広島】野村-今井-菊地原-中田-岸本-今村-ミコライオ
【ロッテ】グライシンガー-益田-薮田-内

前回のロッテ戦と言えば、第1戦で9回抑えのサファテが乱調で、今村が登板し同点に追いつかれベンチで涙を流したあの試合だ。
結局第1戦の試合後、サファテは2軍降格となった。

今回は、直前のオリックス戦で4番ニックが負傷し、4番不在で挑む最初の試合となる。さらには野村が背中のハリを訴えて緊急降板となって以来の登板となり、仮に先制を許すとズルズルと相手のペースになりかねない。

そういった不安は、野村が吹き飛ばした。初回を抜群の投球で立ち上がると、3回までノーヒットピッチング。
今日も安定感が光る投球を見せてくれたが、4回に暗転する。
先頭の根元に初安打を許すと、その後4本のヒットを集められて3失点。ややストライクを集め過ぎ単調になったような投球だった。

一方打撃陣は、グライシンガーの前に沈黙。ニック不在の中、大幅に打順を入れ替えてきたのが機能していなかったが、8回にようやくグライシンガーを捕まえる。
前田智の犠牲フライは若干浅かったものの丸が好走塁で1点。さらに梵がバットを折りながらタイムリーを放ちこの回2点目。

9回は石井琢の内野安打の後、代走中東が告げられると、続く堂林がセンターオーバーのツーベース。
ここで中東が一気に本塁を狙うが、好返球もあり本塁憤死で2アウト。
万事休すかと思われたが、丸が粘って四球を奪い取り、小窪も粘ってセンター前タイムリーでついに同点。

ここ最近のカープは、終盤に粘りが見られるようになってきた。

また、リリーフ陣の健闘が今日の試合のポイントだろう。野村が4回でマウンドを降りたにもかかわらず、4回以外は失点しなかった。
今村、ミコライオでしのぎ切ったこの形は、これからも機能して欲しい。

ただ、10回裏の丸のライトフライ落球だけはいただけない。
しかし、ロッテ荻野の脚はやはり脅威だ。


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター