デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2012交流戦 > 【カープ情報】2012.06.09 広島対ソフトバンク 交流戦第4戦 スプレー缶爆発で齊藤被弾【動画】
スポンサードリンク

【カープ情報】2012.06.09 広島対ソフトバンク 交流戦第4戦 スプレー缶爆発で齊藤被弾【動画】

2012年6月9日に行われた、広島対ソフトバンクの交流戦第4戦の試合結果

S B 022 011 010|7
広島 000 000 021|3

勝 摂津 6勝2敗
負 齊藤 2勝3敗
S -

【本塁打】カブレラ1号、ペーニャ11号、松田6号

【ソフトバンク】摂津-岩嵜-岡島
【広島】齊藤-今井-中田-河内

カープ先発の齊藤はコントロールに苦しむ場面が少なく、まずまずの立ち上がりを見せたが、摂津の投球と比べるとやはり勝負球のコントロールに差が見られた。

カブレラにアウトコースから内に入ってくるスライダーをホームランにされ、ペーニャには落差がほとんどないチェンジアップを右中間スタンドに放り込まれた。

このペーニャの打席では簡単にツーストライクを奪っていたのだが、勝負の投球をする直前に、ネクストバッターサークルの長谷川がスプレー缶を暴発させて試合を中断させていた。
長谷川はヘルメットを取って頭を下げていたが、石原も齊藤もしばらく長谷川から視線を逸らさないでいた。
そして、一呼吸置く間もなくペーニャに落ちないチェンジアップを打たれたこともあり、打席に向かう長谷川は何度もヘルメットを取り頭を下げていたが、石原は不満の顔を向けていたように見えた。

また、昨日の試合で途中交代したニックだが、大事には至らず4番で出場。エラーもあったがタイムリーも放っており、やはり貴重な得点源として簡単に休まれては困る選手だ。

もっとも、今日の試合で一番目立ったのは岩本だった。1本目のヒットはライナー性でライト線に運ぶツーベース。2本目はセンター長谷川の頭上へぐんぐん伸びていくツーベースとしっかり捉えられている。
今日の試合は3番が流れを切ってしまったが、4番5番が機能し始めれば得点能力が僅かながらでも上がるだろう。
広瀬も徐々に復調傾向にあり、打の調子だけで考えれば、ライト広瀬、センター天谷or丸、レフト岩本という布陣の可能性もある。

試合は対ソフトバンク戦では2試合連続KOとなった齊藤の出来が全て。
序盤に4失点では勝ち目がない。

東出の1回裏の牽制死で流れを呼び込めなかったという面もあると思うが、3回表の今宮のピッチャー強襲の当たりを梵がファーストへ悪送球したことも含め、相手のペースでしか試合を進められないのは、やはり相性なのかなと思う。

特にソフトバンク打線は、内川、カブレラ、松田、ペーニャと主軸、長距離打者が全員右打者ということもあり、齊藤をローテの順番をずらしてまで野村、前田健を中5日で登板させたのが、結果として裏目に出てしまったということになるのだろう。


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター