デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2012交流戦 > 【カープ情報】2012.05.30 広島対西武 交流戦第1戦 今村3者連続奪三振 ミコライオ初セーブ【動画】
スポンサードリンク

【カープ情報】2012.05.30 広島対西武 交流戦第1戦 今村3者連続奪三振 ミコライオ初セーブ【動画】

2012年5月30日に行われた、広島対西武の交流戦第1戦の試合結果

西武 010 000 000|1
広島 000 201 10×|4

勝 斉藤 2勝2敗
負 岸 4勝5敗
S ミコライオ 1勝3敗1S

【本塁打】天谷2号

【西武】岸-ゴンザレス-松永-十亀
【広島】斎藤-今村-ミコライオ

体調不良により一時はファーム降格も検討されていたミコライオが、体調回復ということで正式に守護神としてスタンバイできることになった。

そのミコライオの出番があるかどうかは、先発の斎藤のピッチングにかかっている。

斉藤は初回いきなり先頭打者へ四球を与える不安を感じさせる立ち上がり。
1回は無失点に抑えたものの、2回も先頭打者に四球を与え、次打者の犠打を悪送球してピンチを広げると8番炭谷にタイムリーを打たれ、先制を許す。

だが、今日は前半で打線が逆転を見せる。広瀬のライナー性のレフト前ヒットをダイレクトで取りに行った栗山が後逸する間に1点を返すと、不振の石原も詰まりながらセンター前に運んで逆転。

徐々に投球内容が安定してきた斉藤は、逆転後も反撃を許さない。
そうしているうちに、7回に天谷のソロホームランで突き放しにかかると、2アウトからヒット、盗塁、タイムリーと効率のよい攻めでたたみかけて、4対1と差を広げる。

8回からは今村がセットアッパーとして登板。先日の悪夢を振り払うかのように150キロ超のストレートを連発し、西武の中軸を3者連続三振で圧倒する。

最後は、新守護神ミコライオが登板。5月20日の日本ハム戦で9回に4点差を逆転されてから始まった負の連鎖を断ち切るべく送り出した新守護神は、いい当たりは打たれたものの、こうもあっさり抑えるのかというくらい簡単に3アウトを奪い、ようやく連敗脱出。
やっと重苦しい雰囲気から解放される。






関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター