デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2012交流戦 > 【カープ情報】2012.05.28 広島対ロッテ 交流戦第2戦 バリントン2試合連続大量失点【ハイライト動画】
スポンサードリンク

【カープ情報】2012.05.28 広島対ロッテ 交流戦第2戦 バリントン2試合連続大量失点【ハイライト動画】

2012年5月28日に行われた、広島対ロッテの交流戦第2戦の試合結果

ロッテ 000 070 000|7
広 島 000 000 300|3

勝 香月 1勝0敗
負 バリントン 2勝5敗
S -

【本塁打】井口6号

【ロッテ】香月-中後-内-益田
【広島】バリントン-菊地原-河内-中田-今井

サファテが登録抹消となり、リリーフ補充で菊地原が1軍登録されてきた。
試合の展望としては、とにかく良い時のバリントンが出るかどうか、最近は調子に左右される試合が多いように思う。

特に前回登板時は、久しぶりに1軍に合流した石原の試合勘が全く戻っていない中、初回KOという試合だっただけに、同じ過ちは犯したくないところ。

バリントンは、とりあえずいいテンポで立ち上がった。

その裏のカープは、先頭打者の梵がヒットで出塁するものの、東出の送りバント失敗でランナーが入れ替わり、続いて東出が盗塁失敗。
今季1軍初登板初先発となる香月が苦しんでいるところを見事にアシストする。
3回も、丸のセカンドライナーで2塁ランナー東出が飛び出して併殺と、とにかくやる事なす事、勝つために必要なことの逆が出ている。

こうなると、いつもの展開が頭を過るが、その不安が的中する。
5回に今江のタイムリーで先制を許すと、万全を期すためにピッチャー香月との勝負を選択し、ライト前にタイムリーを浴びる。
後は、歯止めが利かなくなったバリントンがつるべ打ちにあい、とどめは井口に第6号の通算200号本塁打を献上。
一気に7失点で試合が決まった。

5月23日の対ソフトバンク戦でも5回6失点の斉藤の後を受けて河内が登板したが、同じように今夜は菊地原の出番が訪れた。
その菊地原は、復帰のマウンドで抜群の投球を見せる。何試合か結果を残すことが出来れば、勝ちパターンでの登板もあり得そうな内容だった。

その菊地原に続き河内が登板。ややコントロールに苦しむ面も見られたが、敗戦処理での登板でしっかりと試合を締め直したのは評価できる内容だと思う。

その後は、今江のサードゴロトンネルをきっかけに3点を返した。
今江はエラー直後に香月に謝っていたが、笑顔を見せていた。先日のカープではないが、やはり勝ったと思って油断していると言えなくもない。
さすがに7点差あったので追いつくことはなかったが、結果的に香月が降板してしまったことを考えると、油断大敵といったところだろう。

こうなると、井口のスリーランが余計だった。バリントンの交代のタイミングを誤ったことが悔やまれる。

明るい材料を何とか探してみると、菊地原、河内、中田、今井が試合を締め直した。
不振だった堂林がプロ入り初の猛打賞、梵と広瀬に少しずつ当たりが戻ってきた。
という点が挙げられる。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター