デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2012交流戦 > 【カープ情報】2012.05.26 広島対オリックス 交流戦第2戦 消極的采配再発
スポンサードリンク

【カープ情報】2012.05.26 広島対オリックス 交流戦第2戦 消極的采配再発

2012年5月26日に行われた、広島対オリックスの交流戦第2戦の試合結果

広   島 000 000 000|0
オリックス 000 110 00×|2

勝 寺原 1勝3敗
負 前田健 4勝3敗
S 岸田 2勝0敗10S

【本塁打】なし

【広島】前田健
【オリックス】寺原-平野-岸田

サファテが自身の不調をはっきりと口にし、ミコライオは体調不良という状況で、終盤までリードしたところで、どうやって最後まで継投していくのか、探り探りで試合開始を迎えた。

カープは初回からチャンスを作るものの、丸のセンター前ヒットで梵が本塁憤死で得点ならず。
2回も先頭の岩本がツーベースを放つものの、後続はランナーを進めることすらできず無得点。

寺原の立ち上がりが不安定な時に点を取れず、一方でオリックスには2アウトまで漕ぎ付けた後に得点を奪われる。
カープの見所は初回の本塁憤死くらいで、後は淡々と0行進で、盛り上がりも何もなかった。

と言うのも、抑えの岸田が出てくるまでに1点でも返しておきたいはずなのだが、8回表のチャンスの場面で、東出に代打を出さなかったことが挙げられるだろう。
前田智を9回に取っておくということだろうが、1点取って最少得点差で9回を迎えるられるか、あるかどうかも分からない9回表のチャンスで2点を一気に取るために代打の切り札を温存するという、余裕のある采配をする意図は理解できなかった。

昨日の試合は、全員で勝ちに行こうという意思が感じられたが、1日たったらもう忘れてしまったかのようだ。

この消極的采配でも気落ちせず、8回裏のピンチを冷静に牽制で刺した前田健太は流石だが、9回表は結局反撃も見せられず完封負け。
そして、借金は二桁の大台に乗ってしまった。



関連記事
スポンサーサイト
また無得点試合ですね…なんか自力で勝てる雰囲気が全く無いんですけど、得点出来ない理由をフロントを含めたチーム全体で思案してもらわないと。
想えばこれって毎年ですよね、ほぼ毎年お馴染みのメンバーですもんね。昨年より得点力が上がるのを期待した私が間違いでした。
長文ですみません
[ 2012/05/26 17:53 ] [ 編集 ]
開き直り
遅くなりましたが、コメントありがとうございます。
絶望さえ感じさせるここ数試合ですが、昨シーズンもこのような時期があったように思います。
何がきっかけになるか分かりませんが、ニックの再加速とか楽観的に考えないと気が滅入ってしまいそうです。
[ 2012/05/27 19:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター