デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2012交流戦 > 【カープ情報】2012.05.25 広島対オリックス 交流戦第1戦
スポンサードリンク

【カープ情報】2012.05.25 広島対オリックス 交流戦第1戦

2012年5月25日に行われた、広島対オリックスの交流戦第1戦の試合結果

広   島 000 021 000 0|3
オリックス 100 100 001 1|4

勝 岸田 2勝0敗9S
負 岸本 0勝1敗
S -

【本塁打】ニック9号、日高1号

【広島】野村-今村-サファテ-岸本
【オリックス】木佐貫-平野-岸田

両チームとも打線に課題を抱えているが、オリックスはこの試合からスケールズを起用し、打線のテコ入れを図ってきた。
それだけに、スケールズをしっかり抑えることができるかどうかが、まずはポイントとなりそう。

そういった意味では、カープの先発の野村はコントロールミスが少ないだけに、失投さえなければ相手打線の不調を突いていく投球ができる投手。

なのだが、今夜ばかりは勝手が違った。1番のスケールズこそ打ち取ったものの、2番の野中にヒットを打たれ、盗塁を決められると、完全にリズムが狂った。3番のバルディリス、4番の李と連続フォアボールを与え、1アウト満塁のピンチを招くと、後藤のファーストゴロの間に1失点。

後続は何とか抑えたのはさすがだが、痛すぎる先制点を与えてしまった。
野村はその後も、際どいコースに投げたボールがストライクを取って貰えず苦労したが、粘りの投球でビッグイニングになりそうなピンチでも、傷口は最小限に抑える。

打線が不調のカープだけに、先制されると苦しい戦いを強いられていたが、内野ゴロの間に1点を返したことがきっかけになったのか、梵のタイムリーで同点に追いつく。
やはり、形はどうであれ点を取ることが重要で、打者がアウトになっても点を取ったのは久しぶりだ。

さらには、交流戦に入って若干当たりが止まりつつあったニックに、久しぶりの9号本塁打が飛び出し、ついに勝ち越し。

野村の素晴らしいところは、味方打線が点を取った後のイニングは、しっかり抑えるということだろう。
投球数も多いこともあり、完投はない状況で6回7回と再点火したように簡単に3人ずつで抑えたのは、試合の流れ的に大きかった。

8回裏のマウンドは、ミコライオではなく今村。今季は好不調の波は激しいものの、セットアッパーの役割を与えられた今村は8回をしっかり抑え切る。

ソフトバンク戦で連敗した後に行われた緊急ミーティングで、具体的にどのような話し合いが行われたのかは分からないが、今日の選手起用にはちゃんとした意図を感じ取ることが出来たように思う。
ミコライオを頼ってもいいのだが、結局のところ、今村が勝ちゲームで1イニングをしっかり抑え切っていかないと、今後の投手起用は苦しくなるのだから、この起用に応えたことには価値がある。

9回表には、追加点を狙いに行ったが、倉の犠打が小フライになり、堂林が飛び出し併殺。
走塁ミスと言っていいプレーだし、反省もしなければいけないプレーだが、何と比較してとは言わないが気の緩みであるとか勝ちゲームだと思って油断していたとか言うプレーとは違った。

誰も勝ったと思って油断せず、目の前にぶら下がっている勝利をチーム全体で取りに行く姿勢が見られた。

それだけに、9回裏守護神サファテが日高に同点ホームランを打たれたのは非常に堪えた。
最後は岸本が全くいいところなくサヨナラヒットを打たれて、逆転負け。
単なる1勝が逃げた、野村の勝利が消えたというのとは違い、この試合に臨む全選手が全力で戦ったにも拘わらず勝つことが出来なかった。

9回表の堂林の走塁ミスに始まり、9回裏はサファテが同点ホームラン献上、10回表は犠打のために代打で出てきた木村がバントシフトに気後れして打つしかなくなったが、それでも進塁打を打ったかと思えば、梵のギャンブル走塁でチャンスの芽がしぼむ。エンドランでなければ、おそらく1アウト1,3塁のケースは作れていただろう。

勝ちを目前にしてミスが出てしまうのは、萎縮していると言うのもあるのだろうが、パニック状態なんだろうと思う。

それでも、チーム全体がまとまって試合に臨めば好試合が出来ると思えたのか、それでもやっぱり勝てないのかと思ったのかは選手にしか分からない。

しかし、カープは王者でも強者でもないのだから、1試合1試合を全力で戦っていく姿勢が大切だということだけは再認識できたのではないだろか。

気になる点とすれば、サファテはストレートのスピード、キレとも全盛期に比べると物足りないのは疑いようもなく、ひょっとしたら調整時期が訪れつつあるのかもしれない。
今夜に関してはミコライオは体調不良と言うことだが、今後の対応が気になるところだ。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター