デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2012交流戦 > 【カープ情報】2012.05.23 広島対ソフトバンク 交流戦第2戦 河内5年ぶりの1軍登板【動画】
スポンサードリンク

【カープ情報】2012.05.23 広島対ソフトバンク 交流戦第2戦 河内5年ぶりの1軍登板【動画】

2012年5月23日に行われた、広島対ソフトバンクの交流戦第2戦の試合結果

広島 000 001 200|3
S B 101 400 00×|6

勝 新垣 4勝1敗
負 斉藤 1勝2敗
S 森福 0勝1敗3S

【本塁打】天谷1号

【広島】斉藤-河内-岸本-今村
【ソフトバンク】新垣-岡島-金-森福

河内と岩本が1軍に合流し、江草と会沢が2軍降格となった。
江草は前日3失点、会沢も5番起用で4打数ノーヒットと最後のチャンスを活かすことが出来なかった。

カープ先発の斉藤は、前回登板と同様に先頭打者に四球を与える。やはり2試合続けて同じことをしていては、勝ち運が転がり込んでくるはずはない。
初回に1点を失うと、徐々に点数を失っていく。随所に良いボールは見られるものの、ソフトバンク打線を抑え切るには至らなかった。

昨日の試合でバリントンが1イニングでマウンドを降りたことも影響し、リリーフを早めに継ぎ込めないことも追加点を与えた要因の一つだろう。

もっとも、その副産物として登録即1軍登板の機会が訪れた投手がいる。
先日支配下登録されたばかりの、背番号24河内貴哉だ。

変化球の割合が非常に多い印象はあったが、それなりにまとまった投球で1イニングを無失点で切り抜けた。
ピンチになっても動じる風もなく、緊張はしていたはずなのに安心して見ていられた。

打線の方は、天谷の今季1号本塁打に広瀬のタイムリー、そして今日から1軍復帰の岩本のタイムリーも出た。
序盤の失点のため、追いつける可能性は低かったものの、一応の粘りを見せてはくれた。

とは言え、今日の打線では左投手が先発だと、天谷と岩本はスタメンではない可能性が高く、丸も調子自体ではスタメンが危うい。
その場合は迎、赤松、小窪あたりのスタメンが予想される。
外野手が飽和状態のカープでは、右左関係なくスタメンで出られる外野手が1人固定できると、登録野手の関係で幅が広がると思うのだが。

次の対戦相手はオリックス。カープと同じく打線に苦しんでいるチームだが、スケールズが合流する可能性もあるということだ。
不振の相手打線に火をつけるのがお家芸のカープだが、対オリックス戦の先発は大竹と野村が有力だろう。
特に野村は抜群の安定感を誇るだけに、オリックス打線を眠ったままにしてもらいたい。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター