デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2012交流戦 > 【カープ情報】2012.05.19 広島対日本ハム 交流戦第1戦 これぞ野村というピッチング【動画】
スポンサードリンク

【カープ情報】2012.05.19 広島対日本ハム 交流戦第1戦 これぞ野村というピッチング【動画】

2012年5月19日に行われた、広島対日本ハムの交流戦第1戦の試合結果

日本ハム 000 000 000|0
広   島 000 001 00×|1

勝 野村 3勝3敗
負 斉藤 4勝3敗
S サファテ 0勝3敗9S

【本塁打】梵4号

【日本ハム】斉藤-谷元-乾-榊原
【広島】野村-ミコライオ-サファテ

広島は、先日頭部に死球を受けた堂林が、元気にスタメン出場。
セカンドには東出に代わり小窪が起用された。

カープ先発の野村は、両リーグを通して打率トップの日本ハム打線相手にはさすがに苦戦した。毎回のようにランナーを許し簡単に打ち取られてもらえない。

対する日本ハムの先発斉藤も、先頭打者の梵にヒットを許したものの、次打者の小窪が犠打ファール、バスターに切り替え投ゴロ併殺と拙い攻めでピンチの芽を摘み取ると、あとはスイスイと勢いに乗る。

甘めの球は打ち損なわないと見たカープバッテリーは、2回り目からは投球ゾーンを若干低めに設定し直す。
これが功を奏し、4回表に初めて3者凡退でリズムを作ると、その裏の攻撃でチャンスが訪れる。
梵が四球を選び、今度は小窪が犠打を決める。広瀬倒れて、4番のニックに期待が集まるが、完全に勝負を避けて四球。5番の丸との勝負を選択する。
ここで丸の当たりは右中間への大きな当たり。しかしライト糸井に好捕されて無得点に終わる。

野村の粘りのピッチングは続き、5回6回と先頭打者の出塁を許し、得点圏にランナーを背負う。しかし後1本を許さない。

そしてついに6回裏に、先頭打者の梵が4号ソロを放ち、カープが先制する。
その後もチャンスを作り満塁まで攻め込むが、得点を奪えなかった。

この押せ押せのチャンスをものにできなかったカープは、7回に3イニング連続で先頭打者にヒットを打たれ、次打者の犠打をフィルダースチョイスで、ノーアウト1、2塁のピンチを背負う。
しかし、ここからが野村の真骨頂。
送りバントをしてくる村田から空振り三振を奪うと、糸井をセカンドゴロ併殺に打ち取る。

この試合、果たして野村以外だと無得点に抑えられただろうか。とにかく被安打と与四球数以上にピンチを背負っていた印象が強い。
それでも相手に主導権を握らせない野村の投球術は見事としか言いようがない。

野村の後を受けたセットアッパーミコライオも、日本ハム打線には相当苦労したが、守護神サファテはフォームの修正効果か、ストレートが155キロまでスピードが上がってきた。
先日、調子がどうかと思った試合では147キロくらいが最高だったように思う。

カープが得点をなかなか奪えないのはいつものことではあるが、ついにニックが敬遠され始めたことも大きいだろう。

後は試合後のヒーローインタビューで、ようやく「明日も勝ちます」「カープは強いです」等の発言がなかったのが良かったかなと。
これまでは、強気の発言の後は負けている印象が強かったので。







関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター