デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2012交流戦 > 【カープ情報】2012.05.17 広島対楽天 交流戦第2戦 堂林退場【動画】
スポンサードリンク

【カープ情報】2012.05.17 広島対楽天 交流戦第2戦 堂林退場【動画】

2012年5月17日に行われた、広島対楽天の交流戦第2戦の試合結果

楽天 100 000 000|1
広島 020 010 01×|4

勝 斉藤 1勝1敗
負 ヒメネス 2勝4敗
S サファテ 0勝3敗8S

【本塁打】なし

【楽天】ヒメネス-加藤大-戸村-佐竹-小山-土屋
【広島】斉藤-岸本-今村-ミコライオ-サファテ

機動力を使ってくる楽天相手には、ランナーを出しても粘れるかという斉藤のピッチングスタイルではかなり苦戦が予想されるが、カープが点を取れないのでは、1失点でも大量失点でも同じこと。

そういう不利な条件の中で始まった試合で、斉藤が勝つための秘策、切り札を投入した。
四球を連発し、今日は大量点が取れそうだ、楽勝だ。
そう相手に思わせ油断させる投球。先頭打者を四球で歩かせ、次打者が犠打を試みるも小フライで併殺。
これでは、相手が気を引き締めてしまう。
そうなるとカープは不利となる。しっかりと3番以降には4者連続四死球で1失点を与える。
このときのマツダスタジアムは、ヤジとブーイングでかなり騒然とした雰囲気だった。
斉藤の策略とは知らず、1球投げてボールになるごとに、罵声に近い怒声が斉藤に浴びせられる。

その斉藤は2回以降はコントロールを取り戻し、楽天打線が感じが違うと思っているうちに、スイスイと打ち取っていく。終盤は、初回に使用した劇薬の影響でスタミナが切れてしまったが、終わってみれば作戦通り初回の1失点のみで勝ち投手。

とでも思わないとやってられない。

正直、1回表の押し出しの場面で、もう今日はダメだと思った。

堂林が頭部死球を受けて退場したこともあり、素直には喜べない試合だが、堂林は次の試合の出場も直訴しているようで、大事には至らないようで何よりだ。

実際には、2回表に早くもニックがヒットを放ったことが大きい。いつまでもノーヒットで回が進んでいくと、ヒットが出るかどうかに焦点が移り、得点できるとかいう以前の問題になっていたかもしれない。

ニックは5回に、今日2本目となるタイムリーヒットを放ち、堂林の打率も毛の差で抜き、チーム三冠に浮上した。

さらに一番ポイントとなるのは、相手に先制を許した試合を逆転で勝利したことと、今季初めて789回を今村-ミコライオ-サファテで1イニングずつ締める勝利の方程式が完成したことだろう。
今村、サファテは完璧に抑えたわけではないが、勝ちパターンすら見失いかけていたカープにとっては大きい勝利だ。

前回は斉藤から岸本へリレーした際に、堂林のファールフライ落球から暗転したが、今回はリベンジを果たした格好の岸本の好投も光った。






関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター