デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2012公式戦 > 【カープ情報】2012.05.13 広島対中日 公式戦第9戦 一塁手ニックデビュー【動画】
スポンサードリンク

【カープ情報】2012.05.13 広島対中日 公式戦第9戦 一塁手ニックデビュー【動画】

2012年5月13日に行われた、広島対中日の公式戦第9戦の試合結果

中日 200 022 000|6
広島 140 000 010|6

勝 -
負 -
S -

【本塁打】大島1号、梵3号、平田5号

【中日】山本昌-山井-田島-浅尾-岩瀬
【広島】前田健-岸本-ミコライオ-サファテ

公式戦で初めて、ニックがファーストの守備に就き、スタメンとなった。
どんな守備を見せるかが見所だったが、どうにもならないというレベルではなく、まずは一安心だ。
ただし、荒木にプッシュバントで狙われた際には、ベースカバーの東出ではなく、投手に送球するという珍プレーも見せた。
実際には、岸本がベースカバーに入らないのなら、岸本がファーストへ送球する指示を出さないといけないので、ニックが悪いという訳ではないのだが。

また中日の先発が山本昌ということで、左打ちの松山を外し、会沢、迎を先発起用してきた。

しかし、カープ先発の前田健はいつもの調子に程遠い。
先頭の大島に本塁打を許したことに始まり、なかなかアウトが取れない。

打線の方は、山本昌から3人で1点を奪い返したり、2回には前田健の犠牲フライに続き梵のスリーランで突き放すものの、前田健は立ち直れない。
試合後には、広島の投手全員がマウンドに違和感を持っていたというコメントをしている。マウンドが滑るということで思い切り投げられなかったらしいが、プレー以前の問題はしっかり解決してもらいたい。
もし、これで投手が故障でもしたら目も当てられない。

結局、山本昌も前田健太も、前半でマウンドを降りてしまい乱打戦となってしまう。
前田健太の場合は少し早い交代のような気もするが、5回裏の攻撃で打席が回ってきたことによる交代という、タイミングの問題もあっただろうが、5回で107球を費やしていたことも交代の理由になっているように思う。

岸本が逆転を許し、負けパターンに入るものの、8回裏には浅尾からニックがタイムリーを放ち同点に追いつく。
これで今季浅尾から点を取ったのは3試合目だ。それも3試合とも3連戦の最後の試合で、全て同点に追い付いている。

前田健太の先発した試合で、負けなかったのが救いだ。
最終回、天谷がスリーバントを失敗したのは、ちょっと責められる可能性がある。



関連記事
スポンサーサイト
いい加減に左右起用やめてくれ~。
それとマエケンは何か不運でしたね中断とか
あとニックの一塁手は支持します、迎の一軍はヨク判らん?
[ 2012/05/14 06:09 ] [ 編集 ]
ファーストニック
ニックのファースト守備は、通常レベルくらいはありそうで安心しました。
ニックは外せない戦力になったので、終盤に外野の守備固めで下がるよりも一塁に回るという選択肢も増えると思うので、これは良かったですね。
[ 2012/05/14 09:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター