デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2012公式戦 > 【カープ情報】2012.05.03 広島対巨人 公式戦第6戦 4回に代打の切り札前田智登場
スポンサードリンク

【カープ情報】2012.05.03 広島対巨人 公式戦第6戦 4回に代打の切り札前田智登場

2012年5月3日に行われた、広島対巨人の公式戦第6戦の試合結果

広島 000 300 000|3
巨人 003 000 01×|4

勝 マシソン 1勝0敗
負 ミコライオ 1勝2敗
S 西村 0勝1敗6S

【本塁打】高橋由1号、亀井1号

【広島】大竹-今村-江草-岸本-ミコライオ
【巨人】笠原-高木康-マシソン-西村

巨人の先発は、プロ入り初先発となる笠原。
カープとしても当然初対戦になるだけに、梵、東出はじっくり見極めていた。その二人への投球内容を見て、変化球でストライクが取れないと判断し、ストレートを狙っていったのが3番の丸。レフト戦にツーベースを放ち、チャンスメイク。
続くニックにはストレートでもストライクが入らず、最後は勝負を避けフォアボール。
崩れるのかと思いきや、5番の広瀬には変化球が決まりだし、最後も変化球で三振を奪い、修正能力の高さを見せつけた。

ただし、1回だけで25球を要しており、昨日のホールトン同様、じっくり粘って攻めていけば何とかなるとカープベンチは捉えたかもしれない。

一方、カープ先発の大竹もコントロールが定まらない。低めに外れるボールが多く、カットされる球が多いため、こちらも序盤からかなり球数が多くなっている。

どちらが先に崩れるかの我慢比べとなりそうな展開だった。
笠原は勢いこそあるもののストレートはベルトの高さより上が多く、甘い球が多い印象。
大竹は1回からずっと同じような投球内容で、いつ捉えられてもおかしくない内容。

そして、大竹は3回裏には先頭打者への四球から崩れ、タイムリーとツーランで3点を先制されて、ここで負け確定。

負け確定なのだが、カープは4回に勝負手を打ってきた。
球数が3回で75球と多く、調子の上がり目の見込めない大竹を諦め、石井琢朗と前田智徳を4回表に投入。
この積極策が実り、石井琢朗が四球で満塁とし、前田智徳の2点タイムリーツーベースで1点差とし、梵の犠牲フライで同点に追いつく。
さらには、4回裏から今村を投入。この積極策のため、今村に代打を使わず、次の回から投手交代という珍しいシーンも見られた。
ただ、結果論として9回表の天谷まで代打は1人も使わなかったことを考えると、そこまで意味のあった代打温存のようには思えない。

また、大竹と白濱のバッテリーが坂本に粘られてタイムリーを打たれたのに対し、今村と倉のバッテリーは同じく坂本に粘られても三振を奪った。
ここの差は大きい。
しかし、心配なのは倉。
藤村の盗塁でセカンドに送球した際には、顔をしかめたり、ボウカーのセーフティバントを処理した際には痛そうなしぐさをしたり、打席ではファールのたびに体を伸ばしたりと、ケガの回復具合から考えるとまだスタメンは厳しそうだ。

8回には万全を期して登板したミコライオが、東出の好守備もあって簡単にツーアウトまで取った後、亀井に本塁打を浴びてしまう。

あらゆる策を施しても先行されると負け確定。この呪縛から逃れられるのはいつの日だろうか。




2012.04.29 カープ野村 OBから「あんたのせいだ」と一喝される

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター