デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2012公式戦 > 【カープ情報】2012.04.24 広島対阪神 公式戦第4戦 堂林プロ入り第1号ホームラン【動画】
スポンサードリンク

【カープ情報】2012.04.24 広島対阪神 公式戦第4戦 堂林プロ入り第1号ホームラン【動画】

2012年4月24日に行われた、広島対阪神の公式戦第4戦の試合結果

広島 000 000 010|1
阪神 000 000 000|0

勝 前田健 3勝1敗
負 メッセンジャー 2勝1敗
S サファテ 0勝1敗4S

【本塁打】堂林1号(プロ入り初)

【広島】前田健-サファテ
【阪神】メッセンジャー-筒井

まず試合前から驚かされたのが、4番ニック、6番栗原というスタメンだった。
とにかく初戦に勝ちたいという意欲の表れが、栗原の6番降格という形で表れたのだろうが、緊急事態という状況には違いない。

そんな状況で奮起したのは打撃陣ではなく、カープ先発の前田健太だった。
先頭打者マートンのセンター後方の飛球を丸が好捕して、完全にスイッチが入った。
6回に平野にエラーくさい内野安打を許すまではノーヒットピッチング。
7回に先頭の新井を打ち取った当たりがセンター前に落ちて、丸が後逸する間に二塁まで進まれるが、今日の前田健太は1点も与えるつもりも、マウンドを譲るつもりもないくらい気迫あふれるピッチングを見せる。

そして7回裏、ついに堂林にプロ入り第1号本塁打が生まれる。
ツーボールからの3球目の甘めのスライダーを狙い澄まして、中堅越えのライナー性のホームランだ。
打球が非常によく伸びた、素晴らしい当たりだと思う。

エース前田健太が、こんな状況で相手に点を許すわけがない。
直後の8回にエンジン再点火で3人でピシャリと抑え、前回の登板で失点しているサファテに信頼のリレーで(ピンチは招いたが)、連敗脱出、DeNA、巨人以外からの今シーズン初勝利、借金生活回避など、非常に重要な勝利を挙げた。

もっとも、ニック、栗原の打順の是非については次戦以降に持ち越しかなと思った。



ハイライト~堂林ヒーローインタビュー動画

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター