デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2012ウエスタンリーグ > 【カープ情報】ウエスタンリーグ首位キープ、調子の良い打者は?
スポンサードリンク

【カープ情報】ウエスタンリーグ首位キープ、調子の良い打者は?

2012年4月8日のウエスタンリーグで阪神に敗れはしたものの、現在カープはウエスタンリーグで首位をキープしています。
ほとんどゲーム差がないので、1試合ごとに順位が変動しそうですが、昨年も春先は調子が良かったです。

2012年のシーズンは、リリーフも一人1イニングとかではなく、無失点に抑えるためワンポイントを多用している印象です。
先発投手の起用も、1軍ローテーション投手の開幕までの調整による先発登板が何試合かあったものの、中村恭平以外の投手は完投が出来ていません。
梅津、武内、中田、斎藤が先発する試合が多いものの、5回か6回で降板するケースが多く、先発投手の育成という面よりは、リリーフ投手の底上げという側面が強いかもしれません。

というもの、1軍のローテーション投手が現在6人揃っており、よほどの不調かアクシデントがない限りは、ファームから先発要員として1軍に登録される機会は少ないと見ているのでしょう。

そんな中、打線では天谷が打率.344と好調を維持しています。
安部も一時期の好調からは少し打率が下がってきましたが、それでも.286とまずまずの成績です。

その他では、規定打席には不足していますが、
菊池が18打数7安打、打率.389
バーデンが21打数6安打、打率.286
中谷が16打数5安打、打率.313

一方でキャンプ、オープン戦序盤では1軍帯同していた選手の中でも精彩に欠けている選手がいます。
土生が14打数3安打、打率.214
松本が22打数5安打、打率.227
赤松が33打数7安打、打率.212
岩本が12打数2安打、打率.167(開幕1軍)
迎が17打数4安打、打率.235

ルーキー菊池は、ドラフトで指名された頃の評価は、守備だけなら即戦力という話でしたが、キャンプでは苦戦していたように思います。
ファームではチーム事情もあるのでしょうが、本職のショート以外にサードとセカンドも守っています。
この機会に、3ポジションで1軍レベルの守備力を身につけることが出来れば、1軍登録が近付いてくると思います。









関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター