デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】 > 【カープ情報】2012 > 【カープ情報】2012.03.23 広島対ソフトバンク オープン戦 松山首位打者キープ【動画】
スポンサードリンク

【カープ情報】2012.03.23 広島対ソフトバンク オープン戦 松山首位打者キープ【動画】

2012年3月23日に行われた、広島対ソフトバンクのオープン戦の結果

広    島 000 100 200|3
ソフトバンク 010 000 000|1

【本塁打】なし

【広島】前田健-岸本-大島-江草-今村
【ソフトバンク】新垣-金-吉川-金沢

カープ先発の前田健が、6回で90球を投げて3安打1失点、奪三振は10個を記録した。
2回まではコントロールに苦しむ場面もあったが、登板前のコメント通り、エンジンがかかってからは本番仕様の投球で危なげなく投げ切り、100球を超えない段階で降板した。

岸本も連続奪三振の後のフォアボールと、ある意味いつも通りの投球で、大島は左のワンポイントできっちりと仕事をした。
江草もスイスイと3者凡退に打ち取り、最終回は今村が先頭打者にフォアボールを与えるも、後続をビシッと締める。
終わってみれば、前田健が被安打3本のあと、リリーフ陣はノーヒットピッチングだった。

残りの2試合のうち、25日はバリントンと野村の2人のリレーで試合に臨むだろうから、中継ぎでも今日の試合が最後の登板となる投手もいるだろう。

24日は、篠田-(中崎)-ミコライオ-サファテあたりの登板が予想される。(ミコライオ体調不良)
24日の中継予定:ニコニコプロ野球チャンネルで中継
23日の試合をWi-Fi環境のスマホで視聴した結果、来場者数6万人以上で退室はありませんでした。



打者では、新垣から堂林がタイムリーを放つ。ライトオーバーの2ベースの打球はきれいに打ち返していた。
松山も、フォアボールで出塁も出来るし、1試合に1本はヒットが出る。初回のセンターライナーも2ストライク後の変化球にしっかりついて行けていた。
打率も.407でオープン戦の首位打者をキープした。残り2試合だ。

ニックは、オープン戦を通じて初めてと言っていいくらい徹底的に変化球攻めをされていた。今までにない配球という感じで、1、2打席は手を出さなかった。4打席目には慣れてきたのかアウトコースにも対応できて犠牲フライを打ち上げた。
この試合の攻め方は、いい経験ができたと思う。

また、オープン戦の序盤では、8回盗塁を試みられて4回成功を許すといったように、ソフトバンクのいいように走られていたが、今日の試合では石原が盗塁を刺したり、失敗なしで4盗塁を成功させてお返しをしている。
(参考:【カープ情報】2012.02.25 広島対ソフトバンク 試合結果

【ニコニコプロ野球チャンネル】とりあえず録画しておいて後から試合を見る方法




関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター