デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】 > 【カープ情報】2012 > 【カープ情報】2012.02.25 広島対ソフトバンク 試合結果
スポンサードリンク

【カープ情報】2012.02.25 広島対ソフトバンク 試合結果

2012年2月25日に行われた広島対ソフトバンクのオープン戦の結果

ソフトバンク 100 100 001|3 
広島     000 000 000|1

【本塁打】会沢1号

【ソフトバンク】川原-嘉弥真-大隣-カストロ-金-吉川
【広島】篠田-今村-中村恭-中崎-大島-池ノ内

2012.02.25広島ソフトバンク

ソフトバンクの勝ちとなったゲームですが、何を目標に試合に臨んでいるのかまったく分かりませんでした。
実際には、若手の成長と1軍切符の争いという目標があることは分かっています。
ただ、何も響いてこないというのが正直な感想です。

相手のソフトバンクは、出塁すれば盗塁など積極的な走塁を行おうとしてるのが分かります。
8回盗塁を試みて4回成功しています。その他にも1回牽制死があったので、とにかく次の塁を狙う姿勢を見せていました。1試合で8回盗塁が試みられるなんてのは、なかなかないことだと思います。

先発の川原が先頭打者の東出への頭部への死球で退場となっても、緊急登板となった嘉弥真投手は、きっちりと後続を抑えました。

カープのスタメン捕手は上村でした。6回中3回盗塁を許したのはきつい洗礼となりましたが、急遽呼ばれてマスクを被って盗塁を簡単に許すようでは、やはりスタメンで出番を増やして見てみたいとは思われないでしょう。

それと、やはり眠っている子を起こすのが得意なカープの体質は変わっていないようです。
ここまで対外試合では不振だったペーニャに2安打されています。

あえて収穫を上げるとすると、ソフトバンクが終始圧倒して、カープは全く得点できる気配が感じられないという状況でも、終わってみると3失点しかしていないということでしょうか。

篠田は1失点ですが、まずまずの内容。今村はキャンプを通じてストレートのキレが不足している気もしますが、若いだけに何度も登板してガンガン押していく調子を取り戻してほしいです。
中崎は長谷川の盗塁失敗に救われた面もありますが、2三振を奪っており短期間なら1軍でも通用しそうな雰囲気があります。
大島も何年か前と比べるとペースは遅いですが、良くなってきてます。余計な四球を出さない試合では、ちょっとずつ抑える確率が高まってます。

池ノ内はちょっとバタバタしていました。9回一イニングは池ノ内と、初出場の磯村とのバッテリーでしたが、磯村も盗塁を許してしまいました。
まあ、走られるのは分かり切っていたのですが盗塁をされることにバッテリーとも経験の浅さが出てしまった格好です。
これだけ、相手の思うように攻撃されれば失点するのは当然ですね。
磯村はそれでも今宮の盗塁を刺しましたから、自信を持って練習を積んでいってもらえばいいと思います。

課題の四球は篠田、中村恭、池ノ内が1個ずつ。
最初にも言いましたが、これだけ一方的な相手のペースで3失点なので、むだな四球が少なければ大量失点はしないものだと思って、投手陣はもっと自信を持ってもらいたいですね。

カープの5安打は、東出、迎、岩本の3選手が1本ずつ。
会沢が4打数2安打1本塁打と、1軍昇格したばかりの上村がスタメン、磯村も1イニングマスクを被るという状況で、レフトでの出場となった訳ですが、心に期するものはあったでしょう。これまでの試合でも打撃は好調なこともあり、意地の一発が見れましたから、会沢の1軍は近付いたのではないでしょうか。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター