デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】 > 【カープ情報】2012 > 【カープ情報】2012.02.23 西武対広島 練習試合結果
スポンサードリンク

【カープ情報】2012.02.23 西武対広島 練習試合結果

2012年2月23日に行われた西武対広島の練習試合の結果

西武 101 000 210|5
広島 000 000 200|2

【本塁打】なし

【西武】十亀-ゴンザレス-小石-岡本-松永-野上
【広島】中村恭-斉藤-梅津-岩見-永川勝-岸本-大島

成績表は速報版です。代打からの打席からなのか、守備からの打席なのか詳細な部分が違うかもしれません。
終盤の守備からの出場選手など、漏れがあるかもしれません。
修正がある場合は翌朝以降を目途に掲載したいと思います。

修正版を掲載しました。
2012.02.23広島西武(修正版)

カープは試合の前半と後半で選手を完全に入れ替え、フル出場した選手が一人もいない状況となった。

梵が膝のケアのため1軍を離れることになったと思っていたのだが、報道では故障再発という見出しとなっており、少なくともオープン戦の中盤くらいまでは試合には出場できない可能性も考慮しておかないといけないだろう。

そんな事情もあってか、多くの選手を起用することになったのだが、ここまで打撃ではアピールできていた松山の勢いが止まった。

先日も栗原に代わって入ったファーストの守備で判断ミスもしているし、相手投手が苦しんでいる状況で相手を助けるバッティングをしてしまうなど、少しだけだがマイナスポイントが目に付いた。
栗原がサードを守っていた2010年のシーズンで、ファーストを守る機会の多かった岩本のほうが守備では若干だが勝っている印象だ。

また、天谷は捉え方は良さそうに思えたのでもう一度チャンスはあってもいいかなと思いましたが、松本、末永は打てそうな気配はなかったですね。
松本は外野まで打球が飛ばないのではないか?末永は振りすぎではないか?
そんな風に感じました。

小窪は、開き直ったのか持ち味である積極的な打撃が出来ていました。初球攻撃でヒットが出れば勢いが付く、しかし初球から簡単に凡打になると勢いを止めかねない。
ある意味諸刃の剣のようなタイプの選手ですが、起用法さえしっかり定めていけば、それなりの成績は残せる選手だと思います。

赤松はやはり今日もフライアウト。迷いが打席から溢れ出てますね。

土生は、いい意味でルーキーらしく自分の出来ることを一生懸命やっている感が出ていて好感が持てます。
打席での期待度も、同じ左打者の天谷、松本、中東に比べて力強い打球が打てているので、即レギュラーとはいかなくても、近いうちに1軍レベルには到達できそうな気がします。



投手については、収穫が少ない試合でした。
特に中村恭については、これまでの実戦登板でも無失点に抑えた試合もあったのですが、結果的に0点だったという投球内容が続いていたので、今回は捉えられたなという感想です。これだけリズムの悪い投球を繰り返しているとなると、なにか根本的な部分を変えないと通用しないでしょうね。




関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター