デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2018公式戦 > 【カープ情報】2018.04.15 広島対巨人 公式戦3回戦 大瀬良と磯村共に変化球に課題は残すもストレートには威力、最終回にピンチを迎えるも何とか逃げ切り
スポンサードリンク

【カープ情報】2018.04.15 広島対巨人 公式戦3回戦 大瀬良と磯村共に変化球に課題は残すもストレートには威力、最終回にピンチを迎えるも何とか逃げ切り

2018年4月15日に行われた、広島対巨人の公式戦3回戦の試合結果

広島 100 010 300|5
巨人 110 000 002|4

勝 大瀬良 2勝1敗
負 上原 0勝2敗
S 中崎 0勝0敗5S

【本塁打】亀井1号、菊池2号、3号

カープ初回の攻撃では、先頭の田中がアウトコース高めのストレートを、コースに逆らわず逆方向へ打ち返すと、レフトオーバーの二塁打となり、いきなりチャンス。
菊池はバスターエンドランなどもチラつかせながら、最終的には送りバントを決めて1アウト3塁。
巨人は前進守備を敷かず、1点は仕方がないというシフトを敷いたが、低めの際どいコースでも丸は手を出さずに四球を選ぶ。
1アウト1、塁と場面が変わり、開幕から悪くはないが良くもない、という松山だったが、追い込まれたからのストレートが高く浮いた。
田中と同じ様な高さのボールを、同じ様にコースに逆らわないバッティングを見せると、左中間突破のタイムリー二塁打となる。
1塁ランナーの丸も本塁を狙っていったが、まったく無駄のない中継プレーに阻まれて本塁憤死。

複数得点のチャンスを逃し、さらにエルドレッドが四球を選んでチャンスが残ったものの安部が空振り三振に倒れ、試合が始まったばかりということもあり、この1点は試合展開に影響は与えない。

そしてカープ先発の大瀬良の立ち上がりは、先頭の坂本は初球のど真ん中のストレートでセンターフライに打ち取るものの、当たりは悪くなかった。
これで慎重になったのか、吉川尚にはボール先行から四球を与えてしまう。
雨でノーゲームになったオープン戦で、大瀬良から本塁打を放っているゲレーロに対し、1塁ランナー吉川尚の足も気になるところ。
そのゲレーロにはストレート2球で追い込んだが、決めに行ったスライダーがワンバウンドとなり、磯村が僅かに弾く間に吉川尚は2塁へ進み、さらにワンバウンドのカーブも弾く間に3塁に進まれた。
磯村はワンバウンドを弾くケースが多いというのは、当然情報として伝わっているのだろう。
ゲレーロにはどうも集中力を欠いたような四球を与えることになってしまい、1アウト1、3塁でマギーを迎える。
変化球のコントロールが定まっていない状態ではあったが、マギーは1-0から高めに浮いたカットボールを捉えきれずにライトへ犠牲フライ。
これは昨日同様助かった。
続く岡本はアウトコースのストレートで見逃し三振に打ち取り、1点ずつを取り合って初回を終えた。

文字通り振り出しに戻ったという展開で、ここからまた試合が始まるという捉え方でいいと思う。

ただ、初回の投球を引きずった方が、不利になる試合展開には違いない。
2回の攻撃では、1アウトから磯村がレフト前ヒットを放ち、大瀬良は送りバントを狙う場面。
ここで大瀬良は1球で送りバントを決めたが、田中は今度は高めのストレートを打ち上げてしまってショートフライ。
1打席目では打ち返していたボールを、2打席目では捉えられなかったというのは、あまり良い傾向ではない。

そして2回の大瀬良は、先頭の亀井に対し真ん中低めのストレートを左中間スタンドへ放り込まれて、1点ビハインドに変わる。
ボール気味の低さのボールで、スタンドに届くとは思わなかった。

さらに2アウトから野上に対し四球。
まったくバットを振ってこない打者に対し、全球ストレートを投げても制球できていないのは、傷口を広げることに繋がる。
続く坂本は低めのボール気味のストレートでショートゴロに打ち取って1点で留めはしたが、試合の流れが変わりかねない四球は早めにケアしておいてもらいたい。

3回の攻撃は丸がヒットを打って出塁するが、松山、エルドレッドが倒れて無得点。

野上については、初球に高めのボールが多く、そのボールを初球からしっかり捉えていこうとしているのは伝わってくるが、その1球目のスイングで捉えることが出来ないために、淡白な攻撃に映ってしまう。
4回は安部が初球の高めのスライダーを打ち上げて、力のないセンターフライ。
下水流は1ストライク後のアウトコースのストレートをライト前に運んでいったが、磯村は1-0からファーストストライクの高めのストレートでショートゴロ併殺打。
ストライク先行だが甘い、しかし甘いボールを捉えられない、というパターンは終盤までズルズルいってしまう可能性を秘めている。
さらに相手に追加点を奪われればその可能性は高まる。

そして4回裏の大瀬良は、先頭の亀井に対し大きく外れるボールが続いて四球を与える。
とてもスタートを切るようなランナーではない亀井を気にしてしまい、中井に対しても投げにくそう。
中井にはアウトコースのストレートを捉えられ、セカンド右へ鋭い打球を飛ばされるが、菊池の好守備で併殺打。
これはムードを一変させるようなプレーで、続く小林をスライダーで当たり損ないの投ゴロに打ち取って無失点。

5回表の先頭大瀬良が、喰らい付いて粘って四球を選ぶような姿勢が見られれば、さらに反撃ムードも高まってくるが、コントロールに関しては野上の信頼度は高い。
失投はなく大瀬良は空振り三振。
田中は一転ボールを見ていく姿勢だったが、巨人バッテリーも3巡目で配球を変えてきた。
初球からチェンジアップを使い、ストレートをアウトコース低めに見せておいて、最後はインコースへのカットボールで空振り三振。

ただ、2アウトから菊池がアウトコースのストレートをライトスタンドへ放り込んだ。
先程の好守備の流れを、自身の一発で生かした。

同点に追いついた直後の5回裏、大瀬良のピッチングは、野上、坂本に対し逆球、抜け球が多いまま。
野上には逆球の変化球がストライクゾーンに決まって見逃し三振、坂本には抜けたカットボールを高々と打ち上げられフェンスギリギリのレフトフライ。
吉川尚には狙い通りのコントロールで、最後はインコースへのカットボールで空振り三振を奪ったが、内容が良いとは言えず、大瀬良の交代のタイミングは悩ましいところ。

さらに拙い攻撃が6回表にあった。
先頭のエルドレッドがセンターにライナー性の打球を放つと、前進してきた中井が打球の伸びを見誤ってバンザイ後逸。
これが二塁打となり、安部もライト前ヒットで続いてノーアウト1、3塁。
カープとしてはもらったチャンスは絶対にものにしておかなくてはいけない。
しかし、下水流はアウトコースに大きく外れていくスライダーに手を出して空振り三振、磯村の代打岩本はセカンドゴロ併殺打に倒れ無得点。

相手のエラーに近いプレー、ボール球を振って三振、チャンスで併殺打、そして大瀬良続投でも捕手交代。
流れが大きく変わってもおかしくないプレーが続き、6回裏の大瀬良は1アウトからマギーに四球を与える。

続く岡本の初球は、石原が飛び上がって捕球する大きく抜けたボールとなり、前のイニングからのコントロールの乱れが修正できていない。
岡本へはインコースにやや甘く入ったが、詰まってサードハーフライナーに打ち取る。
亀井にも抜け球がいってしまい、ストレート以外の球種で打ち取るのは難しくなりつつある。
信頼できるのはストレートということで、石原の選択通りインコースのストレートで詰まらせてセカンドゴロに打ち取って、後はリリーフ勝負に持ち込んだ。

7回表は日本復帰後初となる上原との対戦。
大瀬良の代打メヒアはフルカウントの末に空振り三振、田中は1球で投ゴロに倒れ、動かしてくるボールを捉えきれないのかと思いきや、菊池は高めに抜けたフォークを捉えるとレフトへ高々と舞い上がり、2打席連続の本塁打で勝ち越し成功。

丸が四球を選び、松山は4打席全てランナーを置いた状況で打席が回ってきた。
そしてここでも高めのストレートを逆方向へ打ち返し、レフトフェンス直撃のタイムリー二塁打で追加点。
松山に代走野間を起用すると、エルドレッドはアウトコースのボール気味のストレートをバットの先で拾うと、左中間突破のタイムリー二塁打でさらにもう1点。
上原はここで降板となったが、甘いボールが多かったなという印象。

3点リードを奪って、7回裏からは勝ちパターンの投手リレーが叶った。
まずは今村がマウンドに上がり、先頭の中井に対しては追い込んでからのフォークが甘くなったがセカンドライナー。
失投はこれだけで、立岡はインコースのストレートでセカンドゴロ、代打大城には低めにフォークが決まり、目付けを下にしたところで高めのストレートで空振り三振を奪って三者凡退。

8回裏はジャクソンが登板。
来日1年目は東京ドームを苦手としているかのように失点を重ねてしまったこともあったが、今日のジャクソンは坂本、吉川尚まではストレートの球威、コントロールは文句なし。
スライダーの制球がアバウトで、2アウトからゲレーロにスライダーをレフト前に運ばれてしまうと、マギーにはストレートもスライダーもストライクが入らなくなり、四球で2アウト1、2塁。
ここで岡本はボールになるスライダーを振ってくれたことで、石原は攻めやすくなった。
全球スライダーで勝負し、バットに一度も当たることなく空振り三振に打ち取り無失点。

9回表は得点には至らなかったが、じっくりと攻め続け、巨人にリズム良く9回裏の攻撃に向かわせない。

そして9回裏は中崎が登板。
先頭の亀井は、追い込みながら、曲打ちのようなインコース低めのストレートをすくい上げた打球がセンターの前で弾む。
中井にも追い込みながら、決め球のストレートが逆球でアウトコースにいってしまい、ライト前ヒットでノーアウト1、2塁。
ここで代打阿部を迎えることになる。
ボールが先行し、なかなか投手有利のカウントにすることが出来ず、フルカウントから粘られ四球を与えてノーアウト満塁。
大城に対しては、ようやくストライク先行で0-2と追い込み、最後は得意のアウトコースのボールゾーンから曲げてくるスライダーで見逃し三振。
1アウトを奪ったがここから上位打線に向かい、坂本との対戦。
アウトコースのストレートを軽打でライト前に運ばれ、2点タイムリーヒットで1点差に迫られる。
なお、1アウト1、3塁で吉川尚の代打長野との対戦となる。
ここでカープの内野陣は、前進守備を敷かない。
長野に対してもやはりボール先行のピッチングとなり、フルカウントとなってから前進守備に切り替えた。
しかし四球で1アウト満塁で、ゲレーロを迎えることになる。

中崎の投球数は30球に迫っており、一旦間を空けたいところだが、最後の踏ん張りどころで中崎の集中力も高まっている。
アウトコースギリギリを狙い続け、間違っても長打にならないような投球をしているが、最後の最後にインコースへシュートを投げ切って投ゴロで本塁のみフォースアウト。
2アウト満塁でマギーの打席に変わり、今度は打つと同時にランナーはスタートを切る。
出来ればバットに当てさせたくない場面ではあったが、最後まで石原が中崎のコントロールを信頼し、アウトコースギリギリを攻め続け、バットに当てるのが精一杯のファーストライナーに打ち取って、なんとか1点差で逃げ切った。

右打者のアウトコース、それもまず長打にはなりにくいというコースを攻め続け、満塁となってから迎えた坂本、長野、ゲレーロ、マギーの4人の右打者に対し、長野には最悪塁を埋めてもという攻め方で四球。
その他の3人の打者には、コントロールミスが1球もなく、3打数1安打での2失点は、1点でも上回っていれば勝ちと、石原が腹を括ったリードに、中崎が応えた結果。

亀井のヒット、坂本のタイムリーは流石の技術だったなとは実感させられたが。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター