デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2018公式戦 > 【カープ情報】2018.04.14 広島対巨人 公式戦2回戦 ジョンソン無四球投球で2勝目、美間を始めとした好守を引き出す
スポンサードリンク

【カープ情報】2018.04.14 広島対巨人 公式戦2回戦 ジョンソン無四球投球で2勝目、美間を始めとした好守を引き出す

2018年4月14日に行われた、広島対巨人の公式戦2回戦の試合結果

広島 003 000 000|3
巨人 000 100 100|2

勝 ジョンソン 2勝1敗
負 田口 0勝1敗
S 中崎 0勝0敗4S

【本塁打】丸5号、ゲレーロ1号

巨人先発の田口に対しては、昨日の菅野同様、そうそう打てるボールは来ないということで決め打ち、早打ちの傾向があるのがカープ打線。
過去の対戦では田中とエルドレッドが比較的相性が良いが、最も相性の良いのが鈴木誠也。
不在の影響を感じさせることない、各打者のバッティングに期待したいところで、ここのところ良い働きが続いている堂林に代わって下水流がスタメン、そして安部に代わって昨日プロ初ヒットを放った美間がスタメン起用された。

そして田口の姿を一目見て、胸板の厚さが増しているのが分かる。
従来のスライダーのキレに加え、これでストレートの球速も上がっているのであれば、非常に厄介。

先頭の田中は初球を打ち上げて遊邪飛に倒れる。
菊池はインコース低めのストレートで見逃し三振に倒れ、丸はアウトコースへのカーブで空振り三振。
三者凡退に倒れたが、ストレートの最速は140キロに満たず、あまり腕が振れていない様に見えた。

そしてカープ先発ジョンソンのピッチングは、坂本、吉川尚、ゲレーロを全て内野ゴロに打ち取って三者凡退。
坂本に対してはボールが高めに浮くケースもあったが、吉川尚、ゲレーロにはストレートもカットボールも低めに決まった。
少なくとも、突然崩れた前回登板を引きずる様な立ち上がりではなかった。

2回の攻撃では、松山がインコース高めのストレートに詰まってライトフライ、エルドレッドは真ん中低めのストレートを捉え、良い角度で打球は上がったがややバットの先で、フェンス手前で失速しセンターフライ。
もうボール1個高くなってくると、捉えられそうな球威。
2アウトから、下水流は高めに浮いたスライダーを捉えてレフト前ヒットを放つが、美間はインコースへのストレートでショートゴロ、無得点に終わる。

3回の攻撃は、石原倒れて1アウト後、ジョンソンが真ん中付近のスライダーを捉えてセンター前ヒット。
やはり今日の田口のスライダーは、左打者のバットが届かないほどアウトコースに逃げていくほどのキレはない。

1打席目は初球で打ち取られてしまった田中は、2打席目はじっくり構えて、ボール先行からのストレートをセンター前に運んで1アウト1、2塁。
菊池は倒れてしまうが、丸はスライダーの制球が乱れてボール先行となり、仕方なく投じたようなストレートを捉えた。
インコースを狙ったが真ん中付近へ甘く入り、やはり140キロに満たない、置きに来たようなストレートを、タイミングばっちりで強振すると、打った瞬間に分かる、ライトスタンドへのスリーランを放って3点先制。

昨年までであればボールゾーンからストライクゾーンに曲がってくるはずのスライダーが、そのままボールゾーンに外れてくれることで、有利なカウントで勝負することが出来る。
さらにストレートの球速が上がらないことで、多めに使ってくるチェンジアップにも対応しやすくなっている。

ただ、4回表の攻撃で、先頭エルドレッドのライト前ヒット、下水流の四球でノーアウト1、2塁のチャンスを作ると、そこから田口の投球フォームに躍動感が出てきた。
球速こそ140キロには届いていないが、腕が触れるようになった事で、ボールになる変化球にも手が出てしまった。
美間が低めのスライダーで空振り三振、石原も追い込まれてからの低めのスライダーでショートゴロ併殺打。

少し流れが変わりそうな田口の投球になった。

すると4回裏、先頭の吉川尚がカーブを引き付けて逆方向へ弾き返す上手いバッティング。
レフト前ヒットでノーアウトのランナーを許すと、ゲレーロはインコースのカットボールが高めに入ったところを引っ張り、サード強襲のレフト前ヒット。
吉川尚が一気に三塁を陥れて、ノーアウト1、3塁。
マギーには3-0というカウントから、真ん中高めのカットボールを狙われたが、良い当たりのセンターへの犠牲フライで1点を返される。
ただ、甘いボールだったこともあり、犠飛による1点ならば、助かったとも言える。
そして続く岡本を、低めのカーブで引っ掛けさせてサードゴロ併殺打、今度は美間もきっちり抑えた。

1点を返されたが、後続を打ち取っていることで、まだ試合の主導権は渡してはいない。
よく言われることだが、次の1点をカープが奪えれば、試合の流れを掴むことができる。

5回表の攻撃では、1アウトから田中がスライダーの抜け球で死球となり、菊池の打席で二盗を決める。
前のイニングで躍動感が出てきたと思えた田口のピッチングは、再び元の姿に戻ったように見える。

菊池は空振り三振に倒れるが、丸は四球を選んで2アウト1、2塁。
このイニングの田口は、ストレートの球速がほとんど130キロ前半で、捉える好機ではあった。
しかし、松山は高めに浮いたスライダーを捉えたものの、良い当たりのセカンドゴロに倒れ無得点。

ジョンソンの投球が重要さを増してきたところで、5回裏のピッチングは冷静にコーナーを突き、下位打線ではあったが緩い当たりの内野ゴロ3つで三者凡退。

しかし、7回裏にはゲレーロにインコースのストレート、決して甘いコースではなかったが上手く捉えられてレフトスタンドへの本塁打を打たれて1点差に迫られる。
次の1点は巨人に入った。
さらにマギーには、低めのカーブをこれまた上手くセンター前に運ばれてノーアウト1塁。
代走吉川大には、1アウト後に二盗を決められ、一打同点のピンチを迎える。
ただ、この二盗が逆に幸いすることになった。
1アウト2塁で、中井の打球はライト前のライナー。
ヒットを確信した吉川大がスタートを切るが、野間が前進してダイレクトキャッチ、そして2塁送球でライナーゲッツー。

この野間のプレーもそうだし、美間もゲレーロ打球が強襲ヒットとなった後は、非常に良いプレー、それも安定した送球で堅い守りを演出している。

カープとしては田口から追加点を奪うことは出来ず、リリーフの宮国に試合を立て直された感はあるだけに、これは何とか逃げ切るしかない流れ。

1点差のままで9回裏のマウンドには中崎が上がり、打順は1番の坂本から。
ここから中崎は坂本、吉川尚、ゲレーロに対し、コントロールミスがない。
坂本にはアウトコースギリギリのストレートで見逃し三振、吉川尚はアウトコースのシュートで流すしかないというコースに投げ込み、レフトに回っていた下水流がフェンス際で追いついてレフトファールフライ。
そしてゲレーロにはアウトコースのボール気味のストレート。
捉えられはしたが、バットの先で失速気味のセンターフライに打ち取ってゲームセット。

今日はジョンソンのピッチングに尽きる。
8回2失点とう結果はもちろん素晴らしいが、無四球ピッチングが好守を引き出した面はある。
2時間半足らずで試合が終わり、守護神中崎以外のリリーフ陣も休養できた。

1点差勝利は今季2度目だが、1度目は3点差の9回に中崎がツーランを浴びて1点差に迫られてのもの。
1点差を守りきったのは今季初となり、こういう展開できっちり逃げ切ると、調子に左右されない組み立てやすい試合運びが出来始める。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター