デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2018公式戦 > 【カープ情報】2018.04.13 広島対巨人 公式戦1回戦 野村真ん中付近にボールが集まり初回5失点で今季初黒星、美間カミネロからプロ初ヒット
スポンサードリンク

【カープ情報】2018.04.13 広島対巨人 公式戦1回戦 野村真ん中付近にボールが集まり初回5失点で今季初黒星、美間カミネロからプロ初ヒット

2018年4月13日に行われた、広島対巨人の公式戦1回戦の試合結果

広島 100 000 001| 2
巨人 500 030 20×|10

勝 菅野 1勝2敗
負 野村 2勝1敗
S -

【本塁打】岡本3号、中井1号、マギー2号

カープの初回の攻撃は、菅野に対し、昨年まではあまり見られないような、じっくりボールを見極める攻撃を見せる。
追い込まれると打つことが難しいと、とにかく初球攻撃を繰り返していたが、今日の試合では先頭の田中がじっくり選んで四球。

菊池が送りバントを決め、丸がセンター前タイムリーヒットを放って1点先制。
これだけボール球が多い菅野も珍しく、特にスライダーの曲がりが早く、見極めもしやすくなっている。
ならばこそ、1アウト1塁の場面からでも、もう1点でも多く追加点を奪いたい。
しかし、松山は得意なコースからさらに内に食い込んでくるカットボールを打たされて、ファーストゴロ併殺打。

昨年までの戦い方であれば、この1点を最後まで守りきるのが勝利への道筋となる。

ところが、カープ先発の野村は、先頭の坂本にど真ん中のスライダーを捉えられ、フェンス直撃の三塁打でいきなり同点のピンチ。
ここで2番の吉川尚に粘られ、何とかフルカウントからファーストゴロに打ち取り、1点は仕方ないが、これで仕切り直し、と思いきや今日はファーストでスタメンの安部がボールを弾いてタイムリーエラーで、同点かつランナーも残ってしまった。
ゲレーロはインコースのシュートを強引に引っ張ってレフトライナーに打ち取るが、マギーの打席で吉川尚に二盗を決められ、會澤の悪送球でまたもランナー3塁のピンチになってしまう。

ここからの野村は、というよりも立ち上がりからずっとだが、スライダーもシュートも甘く入ってしまっている。
内外を使い分ける投手が、生命線とも言えるスライダーとシュートで真ん中付近にしかボールが行かないとなると、打ち取るのは難しい。
マギーがシュートを捉えセンター前タイムリーで1点、岡本がスライダーを捉えて左中間へのツーラン、2アウト後に中井がシュートを捉えレフトスタンドへの本塁打で、初回計5失点。

エラーが複数重なって、失点に繋がっているとあっては、もちろん試合の主導権を握られたと受け取っていい。

菅野の調子は、2回以降も万全という感じではなかったが、4点リードを奪ったなら、それなりの投球が出来る投手。
反撃も叶わぬままにイニングが進んで行き、逆に5回裏に菅野の二塁打をきっかけに突き放される。
マギーには、やはりど真ん中に入ってしまったシュートを捉えられ、レフトスタンドへのツーランを浴びて試合の体勢は決まった。

直後の6回表の攻撃では、先頭の菊池、そして丸の連打でノーアウト1、3塁のチャンスを作るものの、そこから松山、安部、西川が三者連続三振で反撃ムードも盛り上がらない。
特に、3人共にボール球を振るケースが多く、これは菅野のボールのキレが戻ってきた、菅野を復調させたというおまけ付き。

6回裏には敗戦処理の役割ももちろんあるが、とにかくイニングを重ねて復調のきっかけにしてもらいたい薮田がリリーフ登板。
前回の先発時には体が静止しないまま、流れで投球し、全くと言っていいほどストライクが入っていなかった。
ただ、今日はゆったりとした投球フォームで、ストライクゾーンに投げ込めていた。
こういう投球を5試合なら5試合と設定して、全て合格点の投球が続けられれば先発復帰など、条件が定められていれば、本人にとっても目標を持ちやすい。
そもそも、昨シーズンの序盤はこういう場面で投げ続けていた。

1イニング目は下位打線ということもあって三者凡退に抑えたが、2イニング目は坂本から始まる上位打線。
先頭の坂本に、アウトコースのストレートを合わされてライト前ヒット。
課題のセットポジションでの投球が見られるのは、こういう試合展開ならばこそではあるが有難い。
さっそく、続く吉川尚の打席でストレートを叩き付けてワイルドピッチとなり、吉川尚には真ん中付近のストレートを捉えられてライト前ヒット。
ノーアウト1、3塁でゲレーロにはインコースのストレートを投げ込んでも、詰まらせることが出来ずにレフト線へ運ばれ、2点タイムリー二塁打。

薮田を起用し、坂倉を代打から捕手としても出場させ、試合の大勢は決している。
そんな中でも、何かきっかけを掴んでもらいたかったという、初のリリーフ登板でも、不安を解消できるような投球は出来なかった。

そして薮田の後は、アドゥワが登板。
ああそうですか、ここで投げさせますか、という印象しかない。
もちろん、イケイケ状態の巨人打線にランナーを溜められても、たとえ1イニングであっても坂倉とのバッテリーできっちり抑えたことで、明日に繋がると思うことも出来る。
9回表には、カミネロに対し美間がプロ入り初となるセンター前ヒットを放ち、下位打線でノーアウト満塁のチャンスを作って見せた。
反撃は1点に留まったが、若手選手にとってはいい経験ができたという試合にはなった。
野村は、今日はボールが真ん中に集まって大量失点してしまったが、今回悪くて、次回も悪いという投手ではなく、シーズンの中で何回かあるどうにもならない調子の日だったと割り切ろう。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター