デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2018公式戦 > 【カープ情報】2018.04.11 広島対阪神 公式戦2回戦 中村恭現状では精一杯の初先発4回1/3降板、4連敗
スポンサードリンク

【カープ情報】2018.04.11 広島対阪神 公式戦2回戦 中村恭現状では精一杯の初先発4回1/3降板、4連敗

2018年4月11日に行われた、広島対阪神の公式戦2回戦の試合結果

広島 000 000 010|1
阪神 100 030 00×|4

勝 高橋遥 1勝0敗
負 中村恭 0勝1敗
S ドリス 0勝0敗5S

【本塁打】なし

昨日はクリーンアップに丸、松山、安部の左3人を並べ、6番から8番の下位打線はエルドレッド、堂林、會澤を並べた。
そして8回は左の高橋聡に左3人を抑えられた。
その反省もあるのか、無理やりジグザグ打線でスタメンを組み、4番メヒア、5番松山、6番堂林、7番安部、8番會澤というように、1番から9番まで左右交互に並べてみました、というスタメン。

現在の調子で考えれば、四球は選べるものの11打席ノーヒットのエルドレッドを右打者の4番に据えるのはリスクもあり、かなり思い切ったメヒアの4番抜擢となった。
もっとも逆に言えば、苦しいチーム事情を表していることになるが。

そして苦しいと言えば今日の先発投手は中村恭。
大卒プロ入り7年間で、23試合に先発し、通算2勝という勝ち星もさることながら、試合を作ることが出来たのはほんの数試合という結果。
勝ちパターンでのリリーフ投手3人は昨日登板していないために継ぎ込みやすいとは言え、最低でも5回まで僅差でリードを奪って試合を進めないことには、勝ち目が薄い。

阪神先発はルーキーの高橋遥で、もちろん初対戦。
初回の攻撃では、右打者のアウトコースへのストレートが決まっているが、あまりに決まり過ぎで、出来すぎにも受け取れる。
2アウトから丸がセカンド左への内野安打を放つものの、メヒアはアウトコースのボールゾーンのストレートに全くアジャストできず、大振りで空振り三振。
完全なボール球をあれだけバットをボールが離れているスイングをしていては、2打席目以降はよほど狙い球を絞っていかないと打ち返すのは難しい。

そして中村恭の立ち上がりは、先頭の高山に対し、内外に投げ分け、所謂「ピッチング」になっている。
ややスライダーが抜け気味な以外は、左打者のインコースにストレートも投げ込めているし、アウトコースのカーブ、フォークでタイミングも外せている。
このピッチングであれば、會澤もリードが可能。

1アウトから上本に四球を与えてしまい、糸井に左中間突破のタイムリー二塁打を浴びるものの、内容が悪いという立ち上がりではなかった。

2回以降の中村恭のピッチングは、初回と内容は変わらず、大崩れしていく雰囲気はない。
ランナーは出しても、決して逃げのピッチングにはなっておらず、140キロそこそこのストレートでも空振りが取れるということは、キレもいいのだろう。

残念だったのは5回裏のピッチング。
1アウトから上本にヒットを打たれ、クリーンアップを迎えるところで、どうしても甘くなってはいけないという意識が強くなってしまった。
打線が高橋遥を捉えられず、1点のビハインドのままだったことで、追加点は許したくない場面。
ここでの制球の乱れからの連続四球は、一軍で修羅場を経験してきていないと起こり得る。
糸井、ロサリオへの連続四球で満塁となり、大山へも四球で押し出し。
ここで中村恭は降板となった。

打線の援護があれば、もう少し余裕を持って投球することも出来ただろうし、ランナーを溜める投球にはなっていなかったという、次回登板への希望は残った。

リリーフの中田は、コントロールミスなのか、俊介にアウトコース高めのストレートをライト方向へ弾き返されるが、ライナー性の打球を堂林がダイビングキャッチ。
せっかく好守で追加点を防ぐ流れが出来たのもつかの間、糸原を追い込みながら、抜けたフォークをレフト前に運ばれ2点タイムリーヒット。
インコースに1球も投げられていないことで、アウトコースでも簡単に付いて来られる。

これで4点差に広がり、打線も高橋遥に対し、7回で無得点。
ヒットも丸の内野安打と、會澤の三遊間を破るコースヒットの2本だけで、ほぼ完璧に抑えられた。

阪神の小刻みな継投策に対し、代打エルドレッドの左中間へのタイムリー二塁打で1点を返すが、(會澤の脚力では本塁を狙うのは難しいのは分かっているが)ワンチャンスで各駅停車による1点どまりというのは盛り上がりに欠ける。

最後もドリスに抑えられて、これで4連敗となった。

カープも中田の後は、九里、アドゥワと継投していくが、アドゥワがマウンドに向かうシーンでは目を疑った。
これで移動日を挟んで4試合連続登板で、2度目の連投ということにもなる。
本人はどんどん投げて実績を積み重ねて、一軍に残ることをモチベーションとしているとは思うが、高卒2年目の投手の起用法とは思えない。
リリーフの7番手、敗戦処理、ロングリリーフ要員、連投、僅差のビハインドでの登板、順を追って信頼されるポジションでの登板が増えて行っているが、この流れは昨年の薮田と似ている。
今季のアドゥワが11試合で5登板、昨季の薮田は11試合で7登板。

そして11試合を終え、先発投手が6回以上投げたケースは、中日戦の野村、ジョンソン、ヤクルト戦の岡田、DeNA戦の野村、ジョンソンの計5試合。
昨季は11試合中8試合で、先発投手が6回以上投げている。
開幕直後に10連勝を記録していたが、勝てていた要因として当然結び付いてくる。

それでも、大崩れせずに終盤までは勝負の行方が分からない、という試合運びにはなっている。
打線は状態が上がってくる時期が訪れるし、投手陣もこれだけ先発投手が早めにマウンドを降りるケースが続いていても、リリーフ陣が試合が決まるほど打ち崩されるケースは少ない。
3点差以上開いての敗戦は、5敗のうち2敗で、最大点差は3点まで。

今日の敗戦も、打てなかったという結果であって、悪い部分は5回裏の連続四球くらい。
投打が噛み合う時期は、そう遠くない。

<補足>
昨シーズンの11試合終了時点の与四球は56、今季は50。
延長戦の有無でイニング数は違っても、昨年よりも悪化しているということはなく、せいぜい同程度。
ここから巻き返してくれることを期待したい。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2018年優勝決定日予想
2018年セ・リーグ
優勝決定日予想

9月13日終了時
9月22日・・・30%(↑)
9月21日・・・25%(↓)
9月23日・・・20%(↑)
9月24日・・・9%(↑)
9月25日・・・6%(↑)
9月20日・・・5%(↓)
9月16日・・・0%(↓)
9月15日・・・0%(↓)
その他・・・5%(→)

2018年9月13日更新

優勝決定日予想記事ページ
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター