デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2018公式戦 > 【カープ情報】2018.04.08 広島対DeNA 公式戦3回戦 終盤にようやく改善されるも、序盤は流れの中での得点が出来ずに連敗
スポンサードリンク

【カープ情報】2018.04.08 広島対DeNA 公式戦3回戦 終盤にようやく改善されるも、序盤は流れの中での得点が出来ずに連敗

2018年4月8日に行われた、広島対DeNAの公式戦3回戦の試合結果

DeNA 000 002 300|5
広 島 000 000 210|3

勝 京山 2勝0敗
負 大瀬良 1勝1敗
S 山崎康 0勝0敗3S

【本塁打】筒香1号、2号、丸4号

DeNA先発の右腕京山に対し、今までであればファースト安部、サード西川、ライト野間というスタメンが考えられたが、今日はファーストメヒア、サード安部、ライト堂林という名前が並ぶ。
京山の投球スタイルは、ストレート、スライダー、カットボール、チェンジアップ、フォークなど球種の多いタイプで、右打者は苦手にしそうな印象があるが、何らかの意図があるのだろう。

さて大瀬良の立ち上がりは、ある程度データが揃いつつあるのか、神里をストレートで押して空振り三振を奪う。
大和の打席では、ライトフェンス際のファールフライに飛びついた堂林が、フェンスに激突するというシーンもあり、気迫は感じるものの心配なプレー。
そして大和には真ん中付近のストレートを捉えられレフト前ヒット。
ただ、筒香の打席で0-2のカウントから走ってきた大和は、磯村が刺した。
筒香は大瀬良に対してはファールで粘るシーンが多くなっており、状態が上がりつつあるのは感じさせる。
そしてアウトコースのスライダーを、バットの先で拾ってレフト前ヒット。
ロペスはアウトコースのスライダーを引っ掛けさせたが、三遊間を抜けていくレフト前ヒット。
これで1イニングで3安打を許したことになる。

ストレートでファールを打たせて追い込むことは出来るが、決めに行ったボールで、良い当たりではなくてもヒットにされる。
気持ちを切らさずに投げ、要所を締めていければ自分のペースにすぐ戻すことは出来る。

そういった中、宮崎も2球で追い込んで、最後は低めのフォークでショートゴロに打ち取って無失点で立ち上がった。

そしてカープの初回の攻撃は、1アウトから菊池がアウトコースのストレートを逆方向へ打ち返し、ライト前ヒット。
丸がフルカウントから空振り三振に倒れるが、菊池が二盗を決め、今日も初回から得点圏にランナーを進める。
昨日は何度もチャンスを作りながらも、なかなか点を取れなかったことで試合の流れをつかめなかった面があり、一度で得点を奪いたいところ。
松山に対しては、次打者との兼ね合いもあり、誘い球中心の投球で四球となり、2アウト1、2塁で今季初スタメンのメヒア。
しかし、変化球中心の投球で空振り三振となり、今日も得点圏のチャンスを逃すことになる。

2回の大瀬良は、嶺井に少し粘られはしたが、比較的すんなり2アウトを奪ったものの、投手の京山にストレートの四球。
しかし、続く倉本を1球でレフトフライ、太陽が目に入ったような打球の追い方にはなったものの松山が大事に捕球して3アウト。

2回のカープの攻撃は、安部、堂林、磯村が全く自分のタイミングでスイングさせてもらえず、あっさりと三者凡退。
京山の投球は、ますます乗ってきそうなリズムの良さを感じさせる。

そして3回の大瀬良の投球は、やはり神里を低めのストレートでサードフライに打ち取り、思い通りの投球が出来たことで大瀬良もリズムを取り戻しつつある。
大和をインコースのカットボールで詰まらせてショートライナー、筒香をフォークで泳がせて、ライトフライに打ち取って初の三者凡退。

カープ打線にようやく雰囲気が出てきたのが、4回裏。
先頭の丸が、それまで各打者が苦労していたチェンジアップを逆方向へ打ち返し、レフト前ヒットで出塁。
続く松山はインコースへのカットボール、松山の得意なコースだったが完全に捉え損なってセカンドゴロ併殺打。
京山のボールが甘くなり始めたタイミングではあったが、捉えきれないということは、逆転する展開ではなく、何としてでも1点先制して、逃げ切る展開が望ましい。

5回表の大瀬良のピッチングも、特に隙を見せるような内容ではなく、だからこそ先制点が欲しい。

5回裏の攻撃では、安部が甘く入ったスライダーを捉えてライトオーバーの二塁打を放ち、初回以来の得点圏のランナー。
堂林、磯村、大瀬良と続き、堂林の送りバントが決まっても、その後がどうか、という打順。
かと言ってバスターのサインを出すイメージも沸かず、特に捻ることなく送りバントを決めて1アウト3塁。
内野は前進守備を敷いており、磯村には外野まで飛ばすことを期待したい。
高めのボール球をスイングし、そんな意識があるのが伝わってくるが、無理な打ち方になっている。
何とかしようという意識でストレートを右打ちするとセカンドライナーとなり、ライナーゲッツー。

こうなってしまうと、1本のヒットから必要以上にプレッシャーを感じてしまい、ピンチが拡大するというのが野球の流れ。
6回表の大瀬良は、先頭の大和にストレートの四球を与え、自らプレッシャーを掛けてしまう。
大和の足に対して警戒しすぎて、筒香への注意が疎かになったのか、全く球威を感じないインコースのストレートを捉えられ、ライトスタンドへのツーランを浴びる。
これは大瀬良に全責任があるというものではなく、チャンスを逃し続けているチームの流れが、どうしても相手に先制を許す展開になりやすくなっている。

2アウト後に、楠本四球、二盗でピンチが広がると、嶺井を3-0のカウントから申告敬遠で2アウト1、2塁とし、投手の京山というタイミングで大瀬良から中田に交代。
これでリリーフ投手を1人余計に使うこととなり、選手起用が上手く回っていかない。

何とか京山は空振り三振に打ち取り、2点のビハインドで収まったが、6回裏の攻撃で先頭の中田に代打を出し、すぐさま同点には追い付いておかないといけない。

というのもDeNAの投手継投は、7回井納、8回パットン、9回山崎康と決まっており、パットンについては調子が悪ければ昨日と同じ様に砂田、三上あたりに交代してくるだろう。
ボールが甘くなり始めている京山を捉え、試合を振り出しに戻すためには、何としても先頭打者の出塁が必要となるが、その役割を代打庄司に求めるのは少しプレッシャーが大きいかなという印象。
フルカウントからのストレートでレフトファールフライに打ち取られ、京山はあと2人を全力で抑えに来る。

ただ、やはり甘いボールは増えているのは間違いなく、田中はレフト前ヒットを放つが、菊池の芯で捉えた打球はサードライナー。
甘いボールをしっかり捉えたとしても、こういう結果になるのは十分ある得る。
丸は四球を選んで2アウト1、2塁となり、松山の打席でDeNAは早めに動いた。
投手が京山から砂田に交代し、カープとしては先制されたことで文字通り後手に回ってしまった。

昨日は安部、野間がスライダーで打ち取られており、当然同じ攻めは頭においておく必要はあるが、少なくとも安部への初球は甘かった。
高めに来るスライダーを一振りで捉えられれば松山の勝ち、捉えきれなければ砂田の勝ち。
フルカウントからの甘く来たスライダーをしっかり捉えたが、ライトライナーに倒れ、内容的には松山の勝ちだったとは思うが、結果は砂田の勝ち。
今日はこういう流れなのか。

そしてこういう流れのときは、終盤に突き放されてしまうもの。
そうなると勝ち目はかなり薄くなり、7回からリリーフの九里の投球はかなり重要。
ところが、ストレートで押して打ち取っていた神里に低めの変化球を続け、ライト前ヒットを打たれる。
そして大和を追い込んでからランエンドヒットを決められ、1アウト1、3塁とDeNAの得点パターンを復活させた上に、筒香の打席では、あっさりと大和に二盗を決められ、1アウト2、3塁。
前進守備を敷いて筒香を打ち取ろうとするが、やはり前の打席で本塁打を打っているだけに、筒香は難しいボールを見逃す余裕がある。
3-1から低めのツーシームをすくい上げられ、バックスクリーンへ飛び込むスリーランを浴び、筒香復調を確実なものにしてしまう。

スリーランの後だけを考えると、ロペスのレフト前ヒット、宮崎の投ゴロ併殺打で、最低限の投球はできたものの、DeNAの投手リレーに余裕を持たせてしまったのも事実。

点差が開き、7回は井納ではなく三上がマウンドに上がり、これでパットンを温存する流れも出来ている。
7回裏の先頭メヒアは四球を選び、安部は初球のストレートを捉えてライト前ヒットを放ち、ノーアウト1、3塁。
ここまでは来ることができる。
要はここから一本がでるかどうか、というところで堂林がど真ん中のスライダーを右方向へ打ち返すと、ライトフェンス直撃の2点タイムリー三塁打。
正直なところ、このイニングで同点まで追い付いておかないと厳しい展開なのは変わりなく、磯村の代打西川はインコースのスライダーで空振り三振。
九里の代打エルドレッドは、インコースのストレートに見逃し三振。
そして田中の打席でエスコバーに投手交代。
三上での2~3失点というのは、DeNAとしても許容範囲には違いなく、逆に言えばこのエスコバーから1点を奪えれば、終盤の投手起用にもわずかな綻びが生じる可能性も出てくる。
代わったエスコバーから田中が四球を選んだが、菊池はストレートに詰まりレフトフライ。
エスコバーから1点を奪うことは出来なかった。

そして8回の守備からは、投手一岡、そして代打西川をサードに入れ、安部をセカンド、會澤がキャッチャーで出場し、菊池がベンチに退いた。
ようやくと言っていい、動く采配が見られた。
この試合では実を結ばないかもしれないが、停滞していた野手陣に何らかの変化をもたらしてくれるだろう。

そして8回の一岡のピッチングは正直甘いコースも多く、2者連続でいい当たりを打たれるものの、ともにレフト正面のライナーで、やや流れが変わっている。

8回裏は、作戦通り井納を起用してきたが、丸が初球のストレートを逆方向へ打ち返すと、レフトスタンドに飛び込む本塁打で1点を返す。
松山は低めのフォークを引っ掛けてセカンドゴロに倒れるが、メヒアはやや高くなったインコースのフォークを捉えて、レフト線への二塁打を放つ。
チャンスは続いたが、安部はフォークで空振り三振、そして堂林はフォークによく付いていったが、ショートゴロで1点どまり。

そして9回表は連投のアドゥワ。
ただ、昨日は2イニング投げており、タフな状況。
倉本、神里に連打を浴び、大和は送りバント失敗からのヒッティングでライト前ヒットとなり、ノーアウト満塁。
そして筒香を迎え、通常で考えれば勉強させてもらう場面。
打たれたとしても、これは連投させているベンチの責任という、ある意味開き直ることが出来る状況で、4-2-3の併殺打を打たせた。
そして無失点の目が出てきたところで、ロペスをレフトライナーに打ち取り、ノーアウト満塁を無失点。
アドゥワにとっては失うものは何もなく、得るものだけが大きかったイニングとなった。

9回裏は打順を変更していた西川、會澤という下位打線から始まる。
しかし西川はインコースのストレートで見逃し三振、今日初打席の會澤はフルカウントから四球を選ぶ。
1アウト1塁で、田中、そして2番アドゥワの打席で代打という流れ。
田中は高めのツーシームで空振り三振となり、代打下水流もツーシームを捉えきれず、最後は空振り三振でゲームセット。

ようやく打線に流れが戻りつつあったが、やはり勝負どころでの代打が1枚足りないなと思わされる敗戦ではあった。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2018年優勝決定日予想
2018年セ・リーグ
優勝決定日予想

9月13日終了時
9月22日・・・30%(↑)
9月21日・・・25%(↓)
9月23日・・・20%(↑)
9月24日・・・9%(↑)
9月25日・・・6%(↑)
9月20日・・・5%(↓)
9月16日・・・0%(↓)
9月15日・・・0%(↓)
その他・・・5%(→)

2018年9月13日更新

優勝決定日予想記事ページ
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター