デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2018公式戦 > 【カープ情報】2018.04.07 広島対DeNA 公式戦2回戦 ジョンソン突然の乱調で連勝ストップも、アドゥワの好投が救い
スポンサードリンク

【カープ情報】2018.04.07 広島対DeNA 公式戦2回戦 ジョンソン突然の乱調で連勝ストップも、アドゥワの好投が救い

2018年4月7日に行われた、広島対DeNAの公式戦2回戦の試合結果

DeNA 000 031 000|4
広 島 000 000 110|2

勝 バリオス 1勝1敗
負 ジョンソン 1勝1敗
S 山崎康 0勝0敗2S

【本塁打】嶺井2号

昨日は、ルーキーの神里に攻撃の起点としての役割を果たされ、得点に繋げられた。
ジョンソンと石原のバッテリーで、どう抑えていけるかという点にも注目したい。

そのジョンソンの立ち上がりは、神里に対し緩い変化球でカウントを稼ぎ、ストレートは見せ球にして、最後も緩いカーブでファーストゴロに打ち取った。
粘られて球数も嵩むことなく、三者凡退。
これですんなりと試合に入っていけた。

また初回のカープの攻撃は、バリオスに対し、田中、菊池共に高めの甘いストレートを打ち返していったものの、同じくセンターへのハーフライナーに倒れ、ややハードラック。
丸は低めのチェンジアップを引っ掛けてショートゴロに倒れ、こちらも三者凡退というスタートとなる。

2回裏の攻撃では、1アウトから松山が高めのストレートに詰まったような打球を放つが、思いの外打球は伸びてライトフェンス直撃の二塁打でチャンスメイク。
しかし安部には低めに決まり見逃し三振、そしてここのところ良い当たりは出ているがヒットゾーンに飛んでくれない野間の打席。
ここも低めのスライダーに付いて行ったがセカンドゴロに倒れ無得点。

3回裏の攻撃では、先頭の石原のショートゴロを大和が弾いて、エラーにより出塁。
守備の良い大和のエラーが失点に繋がると、相手に与えるダメージも大きい。
ジョンソンが送りバントを決め、1アウト2塁というチャンスを作って上位打線に回す。
田中は初球のインコースのストレートを打っていくが、ライトポールの僅か右に切れるファール。
そして追い込まれてからは真ん中低めのカーブを捉えきれず、進塁打となるセカンドゴロで2アウト3塁。
菊池はサードゴロに倒れ、ここも無得点に終わる。

3回までは文句なしの投球をしているジョンソンであっても、2イニング連続で得点圏のランナーを返すことが出来なかったのは、少し流れが変わるきっかけにはなる。

そうさせないためには、やはり4回表の先頭打者神里をしっかり抑える必要がある。
2打席目は一転してストレートで攻め続け、逆球の高めのストレートで空振り三振を奪う。
すると、桑原をインコースのストレートで見逃し三振、筒香をアウトコースのスライダーで空振り三振で、何ら不安のない投球が続く。

4回裏も、先頭の丸のセンター前ヒットを足掛かりに、2アウト2塁と3イニング連続得点圏にランナーを進めている。
ただ、安部は高めに抜けたスライダーを捉えきれず、ライトフライに倒れ無得点。

5回表は、先頭のロペスがファールで粘り、少し試合のペースが変わる予感がある。
ロペスはサードゴロに打ち取ったものの、宮崎には初球のカットボールを狙い打たれ、レフト前ヒットでこの試合初めてランナーを許す。
すると嶺井にインコース低めのストレートをすくい上げられ、レフトスタンドに飛び込むツーランを浴びてしまった。

さらに大和のファーストゴロを、エルドレッドがトンネル。
これも逆球でややコントロールミスと言える。
バリオスに送りバントを決められ、2アウト2塁で倉本との対戦では、インコースのストレートで詰まらせながらセンター前に落ちるタイムリーヒットで3点目。 2打席はしっかり抑えていた神里に対しても、真ん中付近でしかストライクが取れなくなっており、DeNAとしても攻め時と判断したのだろう。
一塁ランナーの倉本が先の塁を狙う意識が高くなりすぎ、牽制で誘い出して二塁タッチアウト。
ただ、エルドレッドがボールを握りなおしてから送球しており、タイミングは際どかった。

3点のビハインドとなり、直後のイニングで1点でも取り返しておきたいところ。
しかし、7番野間からの打順で、イニング数を考えるとジョンソンに代打は出しにくい。
そういった中、先頭の野間は良い当たりのショートゴロに倒れ1アウト。
石原も詰まってショートゴロ、ジョンソンはセンターフライに打ち取られ、反撃叶わず。
めぐりの悪さが、一度に出てきてしまったと感じる5回の攻防だった。

試合を立て直すには、先頭の神里をしっかりと抑えておきたい所だったが、ボールが先行してしまい、ストレートを続ける投球となってしまった。
フルスイングはさせなかったが、軽く合わされてサード安部の好捕も及ばず内野安打となり、すぐさま二盗を決められる。
桑原のショートゴロが進塁打となり、1アウト3塁で筒香に真ん中付近のスライダーを打ち上げられ、レフト犠牲フライで4点差。

当然とは言え、続投する場面の6回表に追加点を奪われ、試合の流れは良くない。
この展開であれば、7回はアドゥワか九里が登板してくるところ。

勝利を目指すのであれば、6回裏に1点返すのでは足りず、少なくとも1点差までには迫っておきたい。
その6回裏の先頭、田中はライト前ヒットで出塁。
菊池は三振に倒れるが、田中が二盗を決め1アウト2塁。
丸は初球の高めのストレートを打ち上げてしまいセンターフライ、エルドレッドの三遊間への打球は宮崎の好守に阻まれサードゴロ。
1点どころか無得点に終わり、DeNAの勝ちパターンの継投策に対し、4点を追いかける展開となった。

7回表は九里が登板。
嶺井、大和の連打でピンチを迎えるが、ボールが全般的に高い。
バリオスがそのまま打席に立ち、送りバントの構えを見せるが、2球バントを失敗、そしてヒッティングに切り替えると、空振り三振となり、ランナーを進めさせなかった。
しかし、倉本へのカットボールはアウトコース高めに抜け、レフト前に運ばれて1アウト満塁で神里。
昨日のバッティングを見ていれば、低めの変化球というのは選択しにくい。
しっかりとデータを生かし、アウトコース低めのストレートで空振り三振を奪う。
桑原には3-0から立て直し、何とかショートゴロに打ち取って、満塁のピンチを無失点で切り抜けた。

7回裏の攻撃は、先頭の松山がインコースのカットボールをライト前ヒット、安部がど真ん中のストレートをセンター前ヒット。
野間は今度は体勢を崩されセンターフライ。
松山がタッチアップで3塁に進み、1アウト1、3塁で代打西川を起用すると、DeNAはエスコバーに交代。
その西川には全球ストレート勝負を挑んできたが、フルカウントまで行けばタイミングが合わせられた。
アウトコースのストレートを軽く逆方向へ合わせて行くと、レフト前タイムリーヒットで1点を返す。

さらに代打メヒアを起用すると、エスコバーから井納に交代。
この投手交代は嵌り、メヒアはフォークでショートゴロ併殺打に倒れ、1点どまり。
これで8回パットン、9回山崎康との対戦が待っている。

そして8回表のマウンドにはアドゥワが上がり、筒香、ロペス、宮崎のクリーンアップと対峙する。
筒香には低めの動くストレートでバットの下面に当たるショートゴロに打ち取るが、ロペスにはフルカウントから四球を与える。
今日のアドゥワはストレートもカーブもコントロールが定まっていない。
宮崎には逆球のストレートをライト前に運ばれ、1アウト1、2塁。
嶺井の打席では、ファールフライをエルドレッドが落球する場面もあったが、直後の投球でサードゴロ併殺打に打ち取り、見事無失点で切り抜けた。
悪いなりに、併殺で切り抜ける投球が出来るというのは、十分に評価できる。

そして8回裏はパットンとの対戦。
ややボールが荒れ気味で、先頭の田中は四球を選ぶ。
菊池は右方向を狙ってライトフライに倒れるものの、丸が四球を選び1アウト1、2塁でエルドレッド。
全球ストレート勝負で挑んできたが、フルカウントから四球を選んで、1アウト満塁とチャンスが広がる。
そして松山はストレートの四球で押し出し、2対4となったところでパットンから砂田に交代。

安部は初球の高めのスライダーを打ち上げてしまいサードフライ、野間も同じくスライダーを打ち上げてレフトフライで3アウト。

そして9回は回跨ぎのアドゥワが4回以来の三者凡退に打ち取り、攻撃陣にバトンを渡す役目も果たす、リリーフとして最高の結果で投げ終えた。

ただ9回裏は下位打線で山崎康との対戦。
代打庄司、磯村は自分のバッティングをさせてもらえず2アウトとなり、田中は粘りを見せたもののストレートで空振り三振。
追い上げ不発という敗戦となった。



関連記事
スポンサーサイト
あと1歩
昨日の試合は再三のチャンスから得点できず悔しい試合でした。

デタスポさんも触れているように、なかなか結果が出せない野間がこの試合のキーマンだったように思いました。
昨日も打ち損じはありましたが、クリーンヒットが出そうで出なかったですね。
監督としてはこのままで終わらず、結果をつかんでほしい思いで使われていると思いますが、
試合後のSNSなどのファンのコメントでは8回の2死満塁の場面で「野間に代打」というコメントが多かったです。
一刻も早く結果につなげてほしいですね。
[ 2018/04/08 09:48 ] [ 編集 ]
Re: あと1歩
8回野間の打席時点で、右打ちの野手は下水流、美間、會澤の3人が残っていました。
次のアドゥワの打席では、おそらく下水流が代打を予定されていたのではないかと思います。
會澤はすでに捕手2人が出場済みで、少なくとも延長に入るタイミングからでないと出番はなかったでしょう。

美間には期待をかけていますが、現状は一軍ではノーヒットの打者で、代打の切り札という起用ができる実績ではないです。
7番野間→下水流、繋げば8番アドゥワ→美間という右の連続代打を考えるならば、砂田をワンポイントで交代し、三上あたりの投入の可能性もあったでしょう。
右打者を代打起用して右投手が出てくる可能性を考えると、野間への代打が絶対的に必要な策とは言い難いように思います。

やはりそれまでのチャンス、得点圏にランナーを置いた場面で、1点でも多く返せていれば、状況は変わっていたでしょう。
メヒアの併殺打然り、安部の初球ショートフライ然り。
それまでの試合展開で、野間への代打が出せない、出し難い状況にさせられていた、ということになるのかなと思います。
[ 2018/04/08 10:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター