デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2018公式戦 > 【カープ情報】2018.04.06 広島対DeNA 公式戦1回戦 野村8回3失点の好投で2連勝
スポンサードリンク

【カープ情報】2018.04.06 広島対DeNA 公式戦1回戦 野村8回3失点の好投で2連勝

2018年4月6日に行われた、広島対DeNAの公式戦1回戦の試合結果

DeNA 100 001 010|3
広 島 300 011 20×|7

勝 野村 2勝0敗
負 石田 0勝2敗
S -

【本塁打】

野村の立ち上がりは、ルーキーの神里に低めのチェンジアップを捉えられ、ライト前ヒット。
早速、ランナーを警戒する状況になり、長い1回表の守備になりそうな予感が漂う。
大和が送りバントの構えを見せる中で二盗を決められ、そこから送りバントを決められ1アウト3塁。
当然、内野は前進守備を敷かず、1点は仕方ないという守備体系。
ここで筒香のインコースを攻め、詰まらせて三邪飛に打ち取り、無失点で切り抜ける目が出てきた。
そしてロペスにはアウトコースのスライダーを三遊間に運ばれ、田中のダイビングキャッチからの一塁送球も及ばず、タイムリー内野安打で1点先制されてしまう。
際どいタイミングだったことでリクエスト要求をしたものの、判定通り内野安打。
せっかく2アウトまで漕ぎ着けながらの失点というのは勿体なかった気もするが、ともかく追加点は防がないといけない。

続く宮崎には注意し過ぎというほどに警戒し、四球を与えてしまうが、戸柱を打ち取って1失点に留めた。

そしてカープの初回の攻撃は、田中のいつも通りの逆方向へのファールでタイミングを計り、最後はストレートを素直に打ち返しセンター前ヒット。
まずは同点に追い付くという考えもある中で、菊池は強攻してレフト前ヒットで繋ぐ。
石田のコントロールがストレートのみ定まっているという状態もあり、丸はじっくり見極めて四球を選ぶと、エルドレッドも見極めて押し出し四球を選ぶ。
松山は犠牲フライでもいいという考えもあったためか、高めのボール球に手が出て三振となり、1アウト満塁。

堂林はアウトコースのスライダーを引っ掛けてサードゴロとなるが、宮崎がバウンドを合わせ損なってタイムリーエラー。
内野ゴロの間の1点に加え、エラーにより2塁ランナーも生還し、計3点を奪った。

初回で逆転し、2回以降の野村のピッチングに注目が集まるところで、野村は完全に立ち直った。
2回から5回まで4イニング連続で三者凡退という投球で、特に内野ゴロを6個奪っていることで、安定感がある。

守備のリズムも良くなり、そろそろ追加点が欲しい展開というところで、5回裏の攻撃。
1アウトから菊池が四球を選び、二盗を決め、丸がライト前タイムリーヒットを放ち、流れるように追加点を奪った。

3点リードに変わった直後の6回表、先頭の神里に一塁線を破る二塁打を打たれる。
初回のヒットは低めのチェンジアップ、そして3打席目は低めのスライダーを捉えており、低めの変化球で体勢を崩されないのは、今後の攻め方の参考にする必要はあるだろう。
続く大和の投ゴロ進塁打で1アウト3塁となり、初回同様、筒香に対し前進守備を敷かない。
その筒香のショートゴロの間に1点を失うが、ここはイニングが進んできていることもあり想定内の失点。

この失点の仕方であれば、相手の反撃ムードの高まりに直結させないことも出来る。

2点差に迫られた直後の6回裏、代わった国吉に対し、1アウトから安部がセンター前ヒットを放つと、會澤の打席でランエンドヒット。
會澤の打球は投手強襲となり、ボールが野手のいない一二塁間に転がる間に、安部は三塁へ進み、1アウト1、3塁。
打球が当たった国吉に代わりエスコバーがマウンドに上がり、野村は送りバントの構えを見せる。
これは当然セーフティスクイズという面もあり、DeNAバッテリーの警戒心を最大限生かし、バスターを狙うなど揺さぶりも掛ける。
バスターもあるぞと見せておいて、追い込まれてからストレートで抑えに来たところで、当初の作戦に戻しセーフティスクイズを敢行。
一塁線のいいところに転がしたことで、三塁ランナーの安部が生還し、技で1点を追加して見せた。

7回表の野村は、先頭の宮崎にセンター前ヒットを打たれるが、戸柱をセカンドゴロ併殺打に仕留め、終わってみればあっさりと3人でDeNAの攻撃を退け、7回で81球ということで完投も目指すことの出来る球数に収まってきた。

7回裏の攻撃では丸のライト前ヒット、エルドレッド四球で作ったチャンスで、堂林がセンター前タイムリーヒット。
さらに2アウト、それも0-2というカウントから會澤がレフト前タイムリーヒットを放ち、野村の完投が現実味を帯びてきた。

8回表の野村は、先頭の乙坂を初球で投ゴロに打ち取る。
ただ、倉本に対し2球で追い込んだ辺りから、スパイクの裏に付いた土を気にするような仕草が増え、急に制球がばらつき始めた。
追い込んでから勝負を急ぐような感じで、チェンジアップをライト前に運ばれ、今日は相性が良くない神里との対戦ではボール先行。
そしてやはり追い込んでからのチェンジアップを左中間に運ばれ、やはり神里に対し低めの変化球を決め球に使うのは、今日の時点では悪手だった。
1アウト2、3塁となり、得点の有無は問わず、ほぼ完投という可能性はなくなった。
そして代打佐野にはアウトコース高めに浮いたチェンジアップをセンターに打ち上げられ、犠牲フライで1点を返される。
筒香に対しては、フルカウントそしてコースも内外、高低全てを使って全神経を集中して投球し、最後は低めのチェンジアップで空振り三振を奪った。

8回102球で3失点は十分な内容だった。

そして9回表は、野村に代わって一岡がマウンドに上がり、見事三者凡退で締めくくった。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター