デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2018公式戦 > 【カープ情報】2018.04.05 広島対ヤクルト 公式戦3回戦 岡田初勝利そしてワンバウンドスライダーを当たり前のように体の正面で止める石原がジャクソンを甦らせた
スポンサードリンク

【カープ情報】2018.04.05 広島対ヤクルト 公式戦3回戦 岡田初勝利そしてワンバウンドスライダーを当たり前のように体の正面で止める石原がジャクソンを甦らせた

2018年4月5日に行われた、広島対ヤクルトの公式戦3回戦の試合結果

広  島 000 030 101|5
ヤクルト 000 002 002|4

勝 岡田 1勝0敗
負 館山 0勝1敗
S 中崎 0勝0敗3S

【本塁打】丸3号、菊池1号、畠山1号

カープ初回の攻撃は、舘山の不用意とは言えないまでも、甘めのストレートを続けてきたところを捉え、田中がセンター前ヒットで出塁すると、何度も一塁牽制しているように、田中が脚で揺さぶる構え。
当然ストレート系が多くなってくるところで、そのストレートを掻い潜って二盗を決める。
しかし、菊池、丸ともにシンカー系の沈むボールで連続空振り三振となり、エルドレッドはアウトコースのボール気味のストレートを打ち上げてショートフライ。
チャンスは作ったものの無得点に終わる。

そしてカープ先発岡田に関しては、何といっても突発的なコントロールの乱れの不安は付きまとう。
まずは山田に対し、四球を与える立ち上がり。
すかさず山田に二盗を決められ、カープと同じような展開となった。
ここで先制点を与えるようだと、確実に試合の主導権を握られる。
大事な場面を迎え、山崎はアウトコースのストレートで見逃し三振、バレンティンはタイミングの合っていないカーブを使いながら攻めて、最後はインコース低めのストレートでセンターフライ。

そして無失点で切り抜けられるかどうか、大事な青木との勝負は、カーブで投ゴロに打ち取った。

初回のピンチを凌ぐと、岡田の投球は球速は140キロ中盤から後半に留まるものの、置きに行ったようなストレートではなく、腕を振って投げ込めている。
もちろん、逆球になったりというのもあったが、5回途中まではノーヒットピッチング。
しかも5回で66球という理想的な球数。

そしてその岡田を何とか援護していきたいカープ打線だったが、ランナーは出すものの、最後の一本が出ない展開。

そのこう着状態を打破したのも岡田のバッティング。
5回表1アウトから打席に立つと、3-0というカウントからではあったが、粘って8球目をレフト前ヒット。
田中の投手強襲の当たりが内野安打(リクエスト要求もセーフ)となり、1アウト1、2塁。
菊池はショートゴロとなるが、併殺崩れで2アウト1、3塁。
そして丸は初球の高めのストレートに力負けせず、押し込むように打ち返すと、左中間スタンドに飛び込むスリーランで先制する。
やはり岡田のピッチング、そして打席での姿が流れを呼び込んだと言えるだろう。

流れで言えば、追加点の欲しい6回表の攻撃で、1アウト1、2塁のチャンスを作ったものの、併殺打で無得点に終わった。

直後の6回裏、8番の中村悠から始まる打順で、ランナーを溜めて上位打線に回っていくと、ちょっとそわそわし始める展開。
まず中村悠はサードゴロに打ち取るが、代打大村には粘られて球数が嵩み、12球投げた末に四球を与えてしまう。
1アウト1塁で山田との対戦となり、徐々に球速を上げてきた。
すると縦のカーブで大きくタイミングを崩して、ショートゴロで2塁封殺のみ。
続く山崎には、コントロールを乱して、大きくボールがばらついての四球となり、2アウト1、2塁でバレンティンを迎える。
バレンティンにはバットの先に当たり、不規則に回転しながらセンター前に弾むタイムリーを打たれ、1点を返された。
そして青木にもバットの芯を外したものの、高いバウンドでファーストエルドレッドの頭上を越えていくライト前タイムリーヒットで2点目。
坂口の当たりも、当たり損ないの一二塁間への緩い当たりとなったが、エルドレッドが飛び出して捕球し、岡田も懸命にベースカバーに走ってファーストゴロに打ち取り、何とかリードは保った。

6回の投球だけで30球を超え、球数も100球を超えてしまった。
となると7回表の先頭だった岡田には代打が出される場面。
左腕の中尾に対し、代打メヒアを起用するが、フルカウントから低めのフォークで空振り三振。

ビハインドのチームが無失点リレーで繋いでいくと、それだけでも試合の流れを掴むきっかけになり得る。
簡単に抑えられてはいけない場面で、1アウトから田中が四球を選ぶ。
ワイルドピッチで2塁に進み、菊池のレフト前ヒットで田中は本塁を狙う。
ただ、バレンティンの前進も速く、かなり余裕を持って本塁タッチアウト。
少し嫌な流れになってきた。

丸は申告敬遠で2アウト1、2塁となり、エルドレッドの打席で近藤に投手交代。
好守備や継投策成功で無得点に抑えられるのは、避けたいところ。
ここはエルドレッドに対し、ストライクが1球も入らずに四球となり、2アウト満塁で松山。
その松山にもストレートの四球で押し出し、潰えたかと思った得点機から、再び得点を奪って見せた。
こうなると、安部に一本が出れば試合の流れを掴むことができるところだったが、インコース低めにいいスライダーが決まって空振り三振。
とりあえず、この1点はヤクルトに傾きかけていた流れを食い止めた得点という認識でいい。

そうなると、カープの継投策で、隙を見せないことがまずは必要。
先頭打者への四球とか、エラーというのは禁物の流れ。

その重要な7回裏のマウンドには今村が上がり、抑え捕手として石原も登場。
今村は先頭の奥村を3球三振で打ち取り、広岡は1球でレフトフライ、中村悠にはフルカウントまで粘られたもののサードゴロに打ち取って三者凡退。
いい形で7回を終えた。

そして8回裏はジャクソンがマウンドに上がり、先頭の大村にストレートの四球。
ストレートは高く浮き、スライダーは大きく外れる。
こうなってしまうと、ストライクを取りに行くボールでは山田には通用しない。
自信を持ってスライダーを投げ込み、コントロールを取り戻したことで、ストライクからボールになるスライダーでセカンドフライに打ち取った。
続く代打上田は、初球の高めのストレートで浅いレフトフライに打ち取り2アウト。
ただ好守備で気をよくしているバレンティンは要注意。
ジャクソンもスライダー、ストレートのコントロールを取り戻しているだけに、より細心の注意を払って勝負する必要がある。
右打者のアウトコース、それもワンバウンドするスライダーでも、当たり前のように体の正面で止める石原が、ジャクソンのスライダーを甦らせたという面がある。
最後もアウトコースのスライダーで空振り三振を奪って、無失点で切り抜けた。

ジャクソン、石原のバッテリーでチームを鼓舞するような無失点イニングを作れたことで、9回表の攻撃に繋がるのが野球の流れ。
先頭の菊池がライトスタンドに飛び込む本塁打で1点を追加すると、丸はセンター前ヒットで続く。
途中出場の堂林が送りバントの構えを見せると、スタンドからどよめきが起こるが、これは不要。
堂林は送りバントを決め、1アウト2塁のチャンスで、美間のプロ入り初ヒットを待つ展開だったが、浅いライトフライで初ヒットは持ち越し。
安部もファーストゴロに倒れ1点止まりとなった。

ただ、最終回のマウンドは守護神中崎。
青木をインコースのストレートで見逃し三振、坂口をアウトコースから入ってくるスライダーでレフトファールフライ。
奥村はアウトコースのスライダーを逆方向へ弾き返され、レフト前ヒット。
そして代打畠山には高く浮いたスライダーを完璧に捉えられ、レフトスタンドへのツーランを浴びて1点差。

ここで重要なのは、昨年の横浜スタジアムのようなことがないよう、切り替えてあとアウト1つを確実に取ること。
代打鵜久森を2球で追い込んでからは、中崎もやや力んでしまったような感じはあったが、最後はアウトコースのストレートで空振り三振を奪って逃げ切った。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2018年優勝決定日予想
2018年セ・リーグ
優勝決定日予想

9月13日終了時
9月22日・・・30%(↑)
9月21日・・・25%(↓)
9月23日・・・20%(↑)
9月24日・・・9%(↑)
9月25日・・・6%(↑)
9月20日・・・5%(↓)
9月16日・・・0%(↓)
9月15日・・・0%(↓)
その他・・・5%(→)

2018年9月13日更新

優勝決定日予想記事ページ
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター