デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2018公式戦 > 【カープ情報】2018.04.04 広島対ヤクルト 公式戦2回戦 高橋昂プロ初先発、アドゥワプロ初登板を果たすも終盤に突き放され今季初黒星
スポンサードリンク

【カープ情報】2018.04.04 広島対ヤクルト 公式戦2回戦 高橋昂プロ初先発、アドゥワプロ初登板を果たすも終盤に突き放され今季初黒星

2018年4月4日に行われた、広島対ヤクルトの公式戦2回戦の試合結果

広  島 000 005 000|5
ヤクルト 000 501 02×|8

勝 秋吉 1勝0敗
負 九里 0勝1敗
S カラシティー 0勝0敗2S

【本塁打】バレンティン2号、磯村1号、エルドレッド3号、松山1号

試合前には鈴木が登録抹消となり、初対戦となる左腕ハフに対し、4番はエルドレッド、そして美間が7番で初スタメンとなった。

まず初回のカープの攻撃では、田中が三球三振、菊池はスライダーでタイミングがずれてレフトフライ。
丸に対しては、ほとんどがインコースのストレートという配球で、最後は腰付近に当たる死球となる。
当りはしたものの、それまではインコースに140キロ後半のストレートを投げ込み、しかもストライクが入っていることで、相当苦労しそうな印象を持たざるを得ない。
エルドレッドに対しても、インコースに140キロ後半のストレートを投げ込んできたものの、フルカウントから四球を選んで2アウト1、2塁。
今後、チャンスが多く作れるとは限らないので、もらったチャンスは生かしていきたいところ。

松山はアウトコースのストレートを逆方向へ打ち返したものの、今日も6-5というフォースプレーで無得点に終わる。

そしてカープの先発はプロ入り初登板初先発となる高橋昂。
先頭の山田は当り損ないのサードゴロとなり、美間が素手で捕って間一髪アウトにするファインプレーで始まった。
続く西浦には三塁線へのセーフティバントを決められるが、バレンティンは一球でライトフライに打ち取る。
青木には緩急を使って攻めていくが、高めのストレートを芯で捉えられ、センター前ヒットで2アウト1、3塁のピンチを迎える。
坂口に対してはインコースへのスライダーを見せ球として、勝負はアウトコースのストレート。
ここでは低めに決まり、セカンドゴロに打ち取ってピンチを脱した。

両投手ともに無失点投球を続けていたが、先制を許したのは高橋昂の方だった。
4回裏に、鵜久森と中村悠の2本の長打で1点を失い、さらに西浦のレフト前タイムリーでもう1点。
ただ、完全な失投なのは中村悠へ投じた浮いたスライダーくらい。
西浦にはインコースのストレートで詰まらせていたが、レフト前にポトリと落とされてしまった。
ビッグイニングにさえならなければ、まだ試合の流れは分からないところだったが、バレンティンには追い込んでから選択した勝負球はインコースのストレート。
これが真ん中に入ってしまい、左中間にスリーランを浴びてしまった。

もちろん試合展開上、この5点差は大きいが、高橋昂の球数はまだ余裕がある。
残りのイニングで立ち直り、6回5失点くらいであれば、決して悲観するような内容でもない。

ただ、残念ながら5回裏のマウンドには九里が上がり、キャッチャーも磯村に交代。
攻めた結果の失点という部分もあり、今後に期待を抱かせる投球を随所に見せてくれた初先発のマウンドだったように思う。

さて、カープ打線はハフに対し、初回のチャンスを逃して以降は、4イニング連続で三者凡退に抑えられ、しかも5回までノーヒット。
反撃の機会を伺っていこうというところで、6回表の攻撃。
途中出場の磯村が、初球のど真ん中のカット系のボールを捉えるとレフトスタンドに飛び込む本塁打で1点を返す。
すると、ハフのチェンジアップの精度はやはり絶対的なものではなく、ランナーを溜めて、エルドレッドがストレートをファールで粘り、逆球となったアウトコース高めのストレートを逆方向へ打ち返すと、ライトポール直撃のスリーラン。
そして松山は高めのカットボールを捉え、ライトスタンドへの本塁打を放って、1イニング3本塁打で同点に追い付いた。

本来であれば、同点に追い付いたことで、勝ち越すか打順が回ってくるまでは九里に投げ続けてもらいたいと言うのが本音。
しかし、そうは上手くいかない。
同点に追い付いた直後の6回裏、先頭の投手秋吉の代打山崎がライト線へ三塁打を打たれると、山田には四球を与えてランナーを溜めてしまう。
そして西浦には、またもや詰まらせながらもセンター前タイムリーヒットを打たれて勝ち越される。

カープが打順の巡りで先頭打者となった磯村が本塁打を放てば、ヤクルトもリリーフ登板した秋吉の代打山崎がチャンスメイクするという、どちらも試合を動かす流れを生んでいる。

ある意味、神宮でのヤクルト戦らしい試合展開と言える。

7回表は無得点に終わり、7回裏は一岡がマウンドに上がる。
カープとしては、最低限無失点リレーをしていく他に、勝利は望めない。
その一岡は、際どいコースがボールとなり、カウントを悪くして先頭の鵜久森に四球を与える。
続く広岡に送りバントを決められ、中村悠、9番には途中出場の山崎という打順は、得点が入るか否かはともかく、巡りは良くなっている。
ということは、1点のビハインドという状況同様、苦しい試合展開を強いられていることの証明でもある。

まずは中村悠はフォークで空振り三振を奪い、山崎は3-1から高めのボール気味のストレートでセカンドフライに打ち取り、最低限の無失点投球というのは達成。

そして8回表の攻撃も、回跨ぎの石山に菊池、丸、エルドレッドが三者凡退に抑えられる。
最終回に逆転を目指すには、松山以降は、代打としてメヒア、安部、會澤も控えており、もちろん最後まで諦めるような展開ではない。

そのためにも8回裏に登板の中田には、無失点投球を期待したいところだった。
ただ先頭の山田は、追い込んでからのスライダーが甘くなり、レフト前ヒット。
これで1回から8回まで毎回ランナーが出塁しており、これだけでも不利な試合運びをしているのがよく分かる。
そして西浦に送りバントを決められ、1アウト2塁。
これも8イニング中6イニングで得点圏にランナーを背負ったことになり、バレンティンを申告敬遠。
青木との勝負で初球の真ん中のスライダーを捉えられ、ライト線へのタイムリー二塁打を浴び、点差が広がる。
そして代打畠山の初球でワイルドピッチ、点差が3点に広がる。

今日の中田は、山田へのスライダーが甘かったように、どの打者に対してもスライダーが甘く入り、ちょっと打者と勝負できていなかった。

中田はその後もランナーを溜め、イニング途中でアドゥワがプロ初登板のマウンドに上がった。
アドゥワはストレートはまずまず決まっているが、カーブは大きく外れ、四球を与えて2アウト満塁となり中村悠を迎える。
ようやく中村悠には、持ち味の動くストレートが威力を発揮し、芯を外したショートゴロに打ち取って、プロ初登板を飾った。

3点差で9回表の攻撃を迎えることになり、対するは新守護神カラシティー。
先頭の松山がタイミングを外されてライトフライ。
下水流もショートゴロに打ち取られるが、広岡がボールをこぼし、一塁に悪送球でランナーが出たが、代打安部、メヒアが打ち取られてゲームセット。

高橋昂、アドゥワの2人が一軍デビューを果たしたこの試合。
敗れはしたものの、今後に繋がっていく試合と考えれば、意味はある。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2018年優勝決定日予想
2018年セ・リーグ
優勝決定日予想

9月13日終了時
9月22日・・・30%(↑)
9月21日・・・25%(↓)
9月23日・・・20%(↑)
9月24日・・・9%(↑)
9月25日・・・6%(↑)
9月20日・・・5%(↓)
9月16日・・・0%(↓)
9月15日・・・0%(↓)
その他・・・5%(→)

2018年9月13日更新

優勝決定日予想記事ページ
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター