デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2018公式戦 > 【カープ情報】2018.04.03 広島対ヤクルト 公式戦1回戦 両チーム四球そしてエラーの荒れた展開も、薮田初登板初勝利
スポンサードリンク

【カープ情報】2018.04.03 広島対ヤクルト 公式戦1回戦 両チーム四球そしてエラーの荒れた展開も、薮田初登板初勝利

2018年4月3日に行われた、広島対ヤクルトの公式戦1回戦の試合結果

広  島 200 004 000|6
ヤクルト 102 000 000|3

勝 薮田 1勝0敗
負 原 0勝1敗
S 中崎 0勝0敗2S

【本塁打】バレンティン1号

カープ初回の攻撃では、ヤクルト先発の原のコントロール、それもストレートのばらつきが目立ったところを捉え、田中が逆方向へのバッティングでレフト前ヒット。
菊池の打席では、エンドラン等で揺さぶりを掛けていくが、球威は感じるために捉えきれず、ショートゴロでランナー入れ替わり。
丸の打席でもコントロールはまだ定まらず、四球を選んで1アウト1、2塁。
そして今季初めて4番に入った松山へは逆球が続き、3-0からの真ん中低めへのツーシームを捉えてセンター前タイムリーヒットを放つ。
正直なところ、甘いコースではなかったが、ボール先行でややコントロール重視というところと、松山のバットコントロールが重なってのヒットだったように思う。

続く安部にもコントロールを乱して1アウト満塁となり、今季初スタメンの西川、野間へと続く打順。
その西川は真ん中高めのストレートに詰まったものの、これもやや逆球だったことで何とか押し込んで、浅めのセンターフライが犠牲フライとなって1点追加。

野間はストレートを上手く逆方向へ打ち返したものの、ショートゴロ。
プロでは珍しく、6-5と渡って松山が三塁でフォースアウトとなり、2点どまり。

さて、初回に原がコントロールを乱したとなると、連鎖の心配が出てしまうのが、現状の薮田の調子。
山田、バレンティンと比較的早いカウントから打ってきたことで、そこまでのコントロールの乱れは感じなかったが、2番の山崎は当り損ないの打球が内野安打となり、4番の青木には肩口に抜けた死球で2アウト1、2塁。
ただ、5番の川端はインコース低めのストレートで詰まらせ、ピッチャーマウンド上空に高く上がる内野フライを打たせた。
しかし、サード西川が落球してしまい、タイムリーエラーで1点を返される。
さらには坂口に対しフルカウントとなり、最後のツーシームはど真ん中へ。
しっかり打ち返されたものの、ファースト安部がダイビングキャッチで救った。

こういう展開は、どちらの投手が先に落ち着くか、というところが重要となってくる。
まず2回表の原は、會澤、薮田に対してはストライク先行で抑え、田中もボール先行から立て直し、サードゴロに打ち取られた。

2回裏の薮田は、先頭の廣岡にフルカウントとしてしまうが、何とか崩れずに踏ん張って、同じく三者凡退。
投手交代時期も重要となりそうな試合展開になってきた。

薮田はバレンティンに逆転ツーランを浴び、その他のイニングでも四球絡みでピンチの連続。
それで5回3失点で凌げるのだから、今日の投球内容はもちろん良いとは言えないながらも、次回登板で僅かでも改善していければ、ローテを守ることも不可能ではないだろう。

さて、この試合のポイントとなるのが投手交代の時期であることは間違いないが、まず6回表のカープの攻撃で原を捉まえた。
四球2つで作ったチャンスに、西川が粘って一二塁間への打球を放つ。
ファーストの坂口が好捕したが、体勢を崩したまま一塁送球したことでボールが逸れてタイムリーエラーでまず1点返し同点。
そして逸れた送球の処理が遅れ、二塁ランナーの安部も生還し逆転。

続く1アウト三塁のチャンスで、スタメン起用の野間は粘り勝ちとも言えるタイムリーを放つ。
低めのツーシームを叩き付けると、前進守備のショートの頭上をワンバウンドで越えていった。

ただ、1アウト一塁で打席に立った會澤は、自打球を右膝付近に当ててしまい、一旦治療に下がった後に、代打庄司が起用された。
庄司は粘ったものの空振り三振となるが、野間は二盗を決め、薮田の代打メヒアがサード強襲のレフト前タイムリーヒットを放つ。
野間の盗塁が生きた形となり、得点パターンとしては申し分ない。
さらには得点には結び付かなかったが、メヒアも二盗を決め、良いリズムで攻撃を終え、3点リードを奪って継投策に入る。

カープの継投策も、リードしている展開であれば、一岡、今村、ジャクソン、中崎が1イニングずつ、というのは容易に想像できる。
まずは一岡が、山田、山崎、バレンティンと続く上位打線を三者凡退で抑える。

ただ、ヤクルト3番手の中尾にも踏ん張られた。
四球でもらったノーアウト1、2塁のチャンスで、松山が高めのストレートを捉えきれずにショートゴロ併殺打。
チャンスを潰してしまった形となり、相手に反撃ムードを与えないためには、今村に隙のない投球をしてもらいたいところ。

ところが、1アウトから川端に対し、頭部死球を与えてしまう。
与四球祭り、エラー祭りとも表現できるような試合展開で、両チームにとって動揺を与えるようなプレーとなり、最後までまったく試合の行方は分からない。
1つずつ、確実にアウトを取っていく他ない状況で、緊急登板の中田が後続を断つ。

8回裏はジャクソンがマウンドに上がり、ストレートの球威はあるものの、スライダーのコントロールは定まっているとは言い難い。
先頭の中村には真ん中高めに浮いたスライダーを捉えられるがレフトフライに打ち取り、続く上田には良い形で追い込んで空振り三振を奪う。
しかし山田には再びスライダーのコントロールが利かなくなり四球を与えると、二盗を決められピンチが広がる。
山崎にもフルカウントまでいってしまったが、インコースのスライダー、少し甘くはあったが空振り三振を奪ってピンチを脱する。

9回裏のマウンドには、3点差のまま中崎が上がる。
先頭のバレンティンには、ほぼアウトコース一辺倒の投球となったが、内にはまったく入らない絶妙のコントロールを見せ、最後もアウトコースのスライダーで空振り三振を奪う。
青木の三遊間への打球は、サード美間が良く追いついたものの、ファーストへの送球がやや逸れて、安部の足が離れてしまい、エラーによりランナー出塁。
奥村には内も外もファールで粘られたが、最後はインコース膝元へのカットボールで空振り三振を奪い2アウト。
最後は坂口をショートゴロに打ち取ってゲームセット。

徐々に中崎の調子が上がってきたと感じる最終イニングだった。

内容としては、あまり良いとは言えない試合展開ではあったが、開幕直後それも薮田にとっては半信半疑で、ある意味背水の陣くらいの気持ちで登板した初戦で、何とか試合を壊さないピッチングが出来たというのは、次回登板に向けて気持ちも乗ってくるはず。

最後に川端選手の状態が大事に至らないことを願っています。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター