デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2018公式戦 > 【カープ情報】2018.04.01 広島対中日 公式戦3回戦 大瀬良アクシデントで降板も、課題クリアの今季初勝利
スポンサードリンク

【カープ情報】2018.04.01 広島対中日 公式戦3回戦 大瀬良アクシデントで降板も、課題クリアの今季初勝利

2018年4月1日に行われた、広島対中日の公式戦3回戦の試合結果

中日 000 200 010|3
広島 010 120 40×|8

勝 大瀬良 1勝0敗
負 笠原 0勝1敗
S -

【本塁打】下水流1号、ビシエド1号、2号、平田1号、丸2号、エルドレッド2号

カープ先発の大瀬良は、オープン戦の最終登板で結果を残した磯村とバッテリーを組む。
さらには、鈴木は休養日扱いのスタメン落ち、そして4番にはエルドレッドが入り、右左の並びを維持するため下水流が6番で起用された。

その磯村はリードで一定の成果を残し、下水流は先制本塁打、エルドレッドは試合を決定付けるスリーランを放つ。
選手起用がピタリと嵌り、現状に関しては選手はもちろん、ベンチとしても良い滑り出しが出来たということになる。

さてアクシデントがあったのが6回表の投球中。
大瀬良は先頭のアルモンテを打ち取ったところで、歩いてベンチに下がっていくが、若干右足を引きずる様子が見られた。
歩いて帰る事が出来ているので大きな怪我という訳ではなさそうで、つったような感じだろうか。

それでも5回1/3を投げての交代で、開幕直後、それも日曜日の試合ということで投手起用にはまだ余裕があったのが救い。
中田、九里がシーズン初登板を無失点で抑え、2投手も無事開幕を迎えた。

敢えて言えば、開幕3試合で2つの悪送球をしてしまっている安部の守備に関しては、大事に至らないうちに感覚を取り戻して欲しい。





関連記事
スポンサーサイト
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2018/04/01 18:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター