デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【プロ野球】 > 2017年日本シリーズ第6戦 観戦雑感~サファテ3イニング無失点投球でサヨナラ勝ちを演出、ソフトバンクが日本一
スポンサードリンク

2017年日本シリーズ第6戦 観戦雑感~サファテ3イニング無失点投球でサヨナラ勝ちを演出、ソフトバンクが日本一

【第6戦】
ソフトバンクの先発は、予想とは違って中5日で東浜。
対するDeNAのスタメンには、指名打者で白崎が起用される。

その他の選手起用は目立った動きはなかったものの、両チームともに変化をつけてきた。

東浜が4回まで粘りのピッチングで無失点で抑え、先発起用に応えると、打線も松田の本塁打で先制点。
5回表のDeNAの攻撃ではスタメンの白崎の同点本塁打が生まれ、選手起用にそれぞれ結果で応える展開。

どちらかと言えば、東浜を中5日で前倒し起用したソフトバンクの方が勝負手を使ってきたという印象が強く、勝たないといけないという雰囲気を出している。
その白崎の本塁打に続き、1アウト1、2塁のピンチを背負ったところで、早くも継投策。
梶谷の打順で嘉弥真を起用し、送りバントが決まって2アウト2、3塁。
ロペスの打順で石川を起用し、大暴投かというワンバウンドを甲斐が身を呈して捕球した投球が示すように、プレッシャーが大きい。
そしてフルカウントから高めに浮いたスライダーをレフト前に運ばれ、2点タイムリーヒットでDeNAが勝ち越し。
1点もやらないつもりの投手起用が失敗し、ビハインドとなったことで、第2先発として待機していた武田の起用のタイミングを逸した。

逆にDeNAとしては、濱口、井納をリリーフ待機させており、明日の第7戦のことを考えても、1人1イニングずつ起用しても、抑えるには十分の余力がある。
今永が5回裏を抑えてしまえば、あとは逃げ切り態勢に入ることができるし、ランナーを1人出したところで、1イニング4人継投も可能。
ソフトバンク打線も、濱口の7回1/3までノーヒットピッチングで調子を狂わされた感があり、当たりが止まってしまっており、結局今永の前に、5回で1安打のみに抑えられた。

それでも6回裏のソフトバンクの攻撃で、2アウト2、3塁で3番のデスパイネの打順を迎える。
先ほどロペスの2点タイムリーが出たのと全く同じ状況だったが、カーブにタイミングが合わずにライトフライに倒れ無得点。

DeNA打線の弱点ともなっていた小技についても、この試合では梶谷、柴田が送りバントを決めており、徐々に隙がなくなってきている。

8回には得意の1イニング4投手継投も見せた。
しかし、1アウト3塁の場面で柳田は投ゴロに倒れるが、飛び出した3塁ランナーを三本間に挟むことなく、一塁に送球するという判断ミスがあって3塁ランナーが生還。

この1点が非常に大きな意味を持った。
完全に上り調子となっているDeNAが、1点リードの9回裏に、当然山崎康をマウンドに送ると、1アウトから内川が、低めに決まったツーシームをすくい上げ、レフトスタンドへ同点本塁打を放つ。

8回に1点、そして9回に山崎康から1点を奪い、点の取られ方はDeNAの勢いの終焉を予感させる。

延長に入り、10回表にチャンスを作るも、回跨ぎのサファテが粘って無失点に抑えると、DeNAは山崎康の回跨ぎを回避してエスコバーがマウンドに上がる。
先頭の城所がストレートを捉えていくが、良い当たりのライトフライ。
続く高谷もストレートを捉えると、今度はセンター前ヒット。 左打者2人にストレートを芯で捉えられており、柳田に対しストレートを勝負球にすることはできず、スライダーを勝負球に選択すると、アウトコースギリギリに決まって見逃し三振。
2アウトとなると、サファテが3イニング目の準備を始め、例えパフォーマンスだとしても、チームを鼓舞する役割も同時に果たすことになる。

10回裏のソフトバンクの攻撃が無得点に終わると、そのままサファテが3イニング目のマウンドへ。
3イニング目でも150キロ超のストレートで押し、無失点で投げ終えた。

そして10回裏はエスコバーが回跨ぎでマウンドに上がり、1アウトから内川、中村晃に連続四球。
松田の打順で、三上に交代するが、ここにきて投手が足りなくなってきた。
1イニング4投手継投での1失点というのが効いている。

1アウト1、2塁で、外野は前進守備を敷いて、1点を防ぎに行っているが、松田のサードゴロで併殺が取れなかったことで、守備側は追い込まれた。

続く川島がアウトコースのストレートを逆方向へ弾き返すと、打球は一二塁間を抜けていく。
前進守備のライト梶谷がチャージし、完全にアウトのタイミングで本塁へ返球するも、ホームベース手前でバウンドした送球が、捕手嶺井の頭上を越えていき、中村晃が生還。
サヨナラ勝ちでソフトバンクが日本一となった。

ミスが減り、小技も決まり始め、良い形で調子を上げてきたDeNAだったが、この第6戦の終盤になるに連れ、守備の乱れ、判断ミスも再び顔を覗かせてきた。
継投策もソフトバンク打線が攻略し、じわじわとソフトバンクがDeNAを追い詰めていく様子が手に取るように分かった。

そのサヨナラ劇を演出したのが、ソフトバンクのリリーフ陣。
セットアッパーの岩崎は3試合無失点、そしてサファテも3試合無失点となったが、1勝0敗2Sと投げた試合全てを勝利に導いた。
MVPの決定打は、今日の試合の3イニング無失点ピッチングだと思う。
やはり凄い投手だと思い知らされた。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/11/04 23:19 ] 【プロ野球】 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター