デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【プロ野球】 > 2017年日本シリーズ第5戦 観戦雑感~一つのエラーが勝敗を分ける
スポンサードリンク

2017年日本シリーズ第5戦 観戦雑感~一つのエラーが勝敗を分ける

【第5戦】
打って打って打ちまくるDeNA打線対バンデンハーク。
一回り目は、ほぼストレートのみでパーフェクトピッチで、必然的に打つしかなかった。

一方のソフトバンクは、初回から今宮の盗塁でチャンスを広げ、4番の内川の技ありのタイムリーで、4度目の初回先制点。

今日のソフトバンクが、足を絡めた攻撃をしていることも関係しているが、ワイルドピッチでの進塁のケースが目立った。

打つだけに特化したDeNA打線が、筒香の左中間への逆転ツーランを放ったのが4回裏。
明日は移動日で、投手を継ぎ込みやすい展開であったが、昨日予想していたのとは違い、リードを奪っても継投策には入らなかった。
その隙を逃さず、ソフトバンクが逆転すると、直後のイニングの守備でファインプレーが続き、徐々に逃げ切り体勢に入る。

しかし、DeNAの6回裏の攻撃で、筒香、宮崎の連続タイムリーで同点に追い付くと、ようやくソフトバンクが隙を見せた。
セーフティスクイズを失敗し、強攻策に変えると併殺コースのセカンドゴロ。
ここで明石が二塁送球を焦ったか、ボールをお手玉とし、タイムリーエラーでDeNAが勝ち越し。

勝機を見つけたDeNAは、8回途中から山崎康を投入し、柳田を空振り三振に打ち取って流れを掴んだ。

1点リードで9回表のソフトバンクの攻撃となり、山崎康は当然続投。
3本のヒットで2アウト満塁となるものの、何とか粘りきってDeNAが1点差で逃げ切った。

もう1敗も出来ないDeNAにとって、中盤までの試合展開はかなり苦しいものがあった。
結果的に相手のエラーで勝ち越し出来たという面はあるが、リードを奪ってからの逃げ切り方は短期決戦ならでは。

DeNAの戦い方は、この2試合同様、打つのみになるだろう。
ソフトバンクの戦い方は、1点を確実に守り切る、という今シーズンの戦い方をもう一度思い出すことになるだろう。

仮に第7戦までもつれ込むような事があると、DeNA打線は手の付けられない勢いになる可能性が出てくる。
第6戦は、ソフトバンクは初戦先発の千賀が中6日、DeNAは中5日で今永の先発ではないかと思われる。
第7戦になると、ソフトバンクは東浜、DeNAは中4日のウィーランドを始め総動員となると思うが、打線の相性を考えると東浜ではなく、ソフトバンクも中4日で武田でいった方がいいように思う。
ここからは勢いも大事になってくるだけに、ソフトバンクとしては第6戦で決めてしまいたいだろう。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/11/02 22:24 ] 【プロ野球】 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター