デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【プロ野球】 > 2017年日本シリーズ第4戦 観戦雑感~
スポンサードリンク

2017年日本シリーズ第4戦 観戦雑感~

【第4戦】
4試合目にして、初めてソフトバンクの初回先制点が防がれた。
一方のDeNAはようやく桑原が日本シリーズ初安打を放ったものの、序盤は送りバント失敗や牽制死が出てしまい、やはり細かなプレーではミスが続いていた。

ただ、ソフトバンクへ傾いていた流れを一人で食い止めたのが濱口。
ランナーは出しても、ストレートとチェンジアップ、フォークの3種類のボールでもソフトバンク打線を翻弄した。
シーズンでは突発的にコントロールを乱し、そこが付け入る隙となっていたが、今日はコントロールの乱れはなかった。

DeNA打線が得点を奪うとしたら、長打攻勢だろうと予想できていたが、やはり得点は本塁打で生まれた。
宮崎と高城のソロホームランなどで3点を奪い、4戦目で初めて先制し、リードを保って試合を進める。

その3点を、濱口が7回1/3までノーヒットピッチングという快投で守り、初ヒットをきっかけに迎えたピンチで、ようやくパットンを本来の位置、セットアッパーとして起用できた。
8回裏の攻撃でダメ押しの3点を追加して、満を持して9回に山崎康を投入し、シリーズ初勝利。

動かずに、個々の技量に任せた、打たせるだけの攻撃が上手くいった。
ソフトバンクとしては、流石に勝ちパターンの投手起用をしておらず、ある程度割り切っての敗戦。
打線についても、明日のDeNAの先発が石田だろうということで、同じ左腕の濱口のピッチングをじっくり見極めた感はある。

打の形を取り戻したDeNAと、初黒星となった今日の試合でもバタバタすることなく淡々と試合を進めたソフトバンク。
DeNAの打の勢いがあと3試合持つか、ソフトバンクが調子付かせず抑えきるか、というところが明日以降の見所だろう。

DeNAについては、初戦先発の井納を、第3戦にリリーフとして継ぎ込んでおり、第6戦は中5日で今永が先発するとして、第7戦は先発投手がおらず、総動員という形になり、すでに先発ローテは崩している。
明日の第5戦は石田が先発するとしても、早めの継投策は当然頭に入れているだろうし、三嶋あたりが第2先発として準備をするだろう。
DeNAの投手リレーにも注目の第5戦となりそう。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/11/01 21:35 ] 【プロ野球】 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2018年優勝決定日予想
2018年セ・リーグ
優勝決定日予想

9月13日終了時
9月22日・・・30%(↑)
9月21日・・・25%(↓)
9月23日・・・20%(↑)
9月24日・・・9%(↑)
9月25日・・・6%(↑)
9月20日・・・5%(↓)
9月16日・・・0%(↓)
9月15日・・・0%(↓)
その他・・・5%(→)

2018年9月13日更新

優勝決定日予想記事ページ
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター