デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】 > 【カープ情報】2017 > 【カープ情報】2017年ドラフト会議
スポンサードリンク

【カープ情報】2017年ドラフト会議

約3時間のドラフト会議が終わり、カープとしては1位を公言していた、地元広陵高校の中村奨成捕手の交渉権獲得に成功した。
もちろん、即戦力という捉え方はしていないが、走攻守揃った、何よりスター性のある地元選手の入団が決まれば、ちょっとしたフィーバーも起こりそうな雰囲気すらある。

2017年のドラフトは、ある傾向が浮かび上がってくる。
1位 中村捕手(高校生) 右投右打 181cm、78kg
2位 山口投手(高校生) 右投右打 180cm、76kg
3位 ケムナ投手(大学生) 右投右打 192cm、91kg
4位 永井外野手(高校生) 右投右打 178cm、91kg
5位 遠藤投手(高校生) 右投右打 185cm、74kg
6位 平岡投手(大学生) 右投右打 185cm、92kg

育成ドラフト
1位 岡林投手(高校生) 右投右打 182cm、85kg
2位 藤井投手(高校生) 右投右打 181cm、85kg
3位 佐々木投手(高校生) 右投右打 189cm、77kg

育成ドラフトまで含めた、9選手全員、右投右打であること。
そして、9選手中8選手が、身長180cmオーバーであること。(永井外野手も名簿では178cm)

社会人からは指名をせず、大学生は2人のみ。
ケムナ・ブラッド投手も、昨年のドラフト3位床田の後輩となる平岡投手も、どちらかと言えば、完成された即戦力というよりは、素材型という印象の選手。

そう考えると、9選手全て素材型と言えるかもしれない。

2位の山口投手については、中日2位指名の石川投手と、高校生右腕で双璧をなす存在という前評判でもあり、じっくり鍛えて150キロ超の馬力型の先発投手が目指すところだろうか。

関連記事
スポンサーサイト
既に坂倉がいるとはいえ当たってホッとしています。CSでへこんだ心が癒されました
事前情報と結果を見ると中日を相手に中村か鈴木博かというドラフトでしたね
正直どの選手がどうこうというのは分からないんですがスカウトを信用して成長するのを待ちたいです
後は外れ1位で捕手が3球団競合しているのを見て清宮効果で競合減ったのかな?という印象を持ちました
[ 2017/10/26 21:53 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
今回のドラフトは、全体的にどの球団へも均等に戦力が振り分けられたなという印象が強いですね。
もちろん何年か経たないと成功ドラフトかどうかというのは分かりませんが、
素材型を多く指名したのが、カープ、ソフトバンク、日本ハム。
即戦力候補を多く指名したのが、阪神、オリックス。
即戦力候補と素材型をバランスよく指名したのが、巨人、DeNA、中日、楽天、日本ハム。
来季への戦力を整えたい意図で、上位で素材型の選手を指名した後は、即戦力中心に切り替えたのが、ヤクルト、ロッテ。

あくまでドラフトの結果のみ、来季への影響のみで判断するなら、両リーグ共にAクラスに入ったチームと、Bクラスに留まったチームの上下の差は縮まるのではないかと思える、特定のチームだけが傑出して戦力補強に成功したとは言い難い、ある意味本来のドラフトの存在意義が現れたようなドラフト会議ではなかったかと思います。


> 既に坂倉がいるとはいえ当たってホッとしています。CSでへこんだ心が癒されました
> 事前情報と結果を見ると中日を相手に中村か鈴木博かというドラフトでしたね
> 正直どの選手がどうこうというのは分からないんですがスカウトを信用して成長するのを待ちたいです
> 後は外れ1位で捕手が3球団競合しているのを見て清宮効果で競合減ったのかな?という印象を持ちました
[ 2017/10/26 22:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター