デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【全球団新外国人選手】 > 【2017年全球団新外国人】 > 2017年新外国人選手の結果と期待度についての考察
スポンサードリンク

2017年新外国人選手の結果と期待度についての考察

2017年のペナントレースが終了したことを受け、2017年の新外国人選手(移籍・再入団・残留選手は除く)について期待度を掲載していましたので、2017年の成績を踏まえて考察をしてみたいと思います。
参考記事:
2011年新外国人選手の結果と期待度についての考察
2012年新外国人選手の結果と期待度についての考察
2013年新外国人選手の結果と期待度についての考察
2014年新外国人選手の結果と期待度についての考察
2015年新外国人選手の結果と期待度についての考察
2016年新外国人選手の結果と期待度についての考察

2017年 全12球団 新外国人獲得リストと数値で見る期待度

★★★★★・・・<0選手>

今季は星5つを付けた選手はいませんでした。

★★★★☆・・・<4選手>
ライアン・ブレイシア、アルキメデス・カミネロ、スペンサー・パットン、カイル・ジェンセンの4選手です。

カミネロは、クローザーとしてリーグ3位のセーブを記録、パットンは2年連続Aクラス入りに大きく貢献するセットアッパー(一時期はクローザー)として機能しました。
ブレイシアについては、外国人枠の関係もあり、一軍での出番が限られましたが、150キロ超のストレートがあるものの、決め球と思われていたスライダーの精度が良くありませんでした。
落ちるボールが決め球として使えれば、というところで何球かはフォークも投げていましたが、新たな決め球として使えるようにはなりませんでした。
そしてジェンセンについては、外国人枠の関係で、一軍での出番はなかったに等しいです。
ファームでは12本塁打を放っており、以前在籍したカニザレスのように2年目以降でのチャンスを待つかどうか、というところでしょうか。

【スポンサードリンク】


★★★☆☆・・・<15選手>
フィル・クライン、ジョー・ウィーランド、ロマン・メンデス、プレストン・ギルメット、ロス・オーレンドルフ、デービッド・ブキャナン、ディーン・グリーン、カルロス・リベロ、アレックス・ゲレーロ、ジミー・パラデス、ブライアン・シュリッター、ジョシュ・コラレス、フィル・コーク、ゴンザレス・ヘルメン、ステフェン・ロメロの15選手。

この星3つの中からは、例年タイトル級の選手が出てきますが、今年度はゲレーロが本塁打王のタイトルを獲得、またタイトル獲得には至りませんでしたが、シュリッターはリーグ4位の32ホールドでセットアッパーとしてシーズンを通して起用され、ウィーランドは投打に活躍し10勝を達成。
野手ではロメロが一時期負傷で離脱するも、スタメン出場の際は全て4番を任され、26本塁打を放っています。

その他では、6勝に終わったものの1年間先発ローテを守ったブキャナンは、チーム状態が成績に影響を与えた面があり、個人の数字としてはまずまずといったところ。
ヘルメンは高い奪三振率が示す通り、徐々にリリーフとして重要な局面を任されるようになってきており合格点。
ここまでの6選手が星3つとして十分な成績を残せた選手でしょうか。

それ以外の9名の選手については、残念ながら最大のパフォーマンスを発揮するには至らなかったと言えるのではないでしょうか。

★★☆☆☆・・・<16選手>
ラミロ・ペーニャ、アウディ・シリアコ、エドウィン・エスコバー、エリック・キャンベル、ジェイソン・ロジャース、エルビス・アラウホ、ホルヘ・ロンドン、ヤディル・ドレイク、マット・ダフィー、ロエル・サントス、フランク・ガルセス、アレクシス・キャンデラリオ、スティーブン・ファイフ、フランク・ハーマン、マット・ウエスト、クリス・マレーロの16選手。

文句なしの成績を残したのは、リーグ2位のホールドを記録したハーマン。
続いては途中加入ながら20本塁打のマレーロ。
マレーロについては、幻の本塁打やプロ野球通算10万号本塁打など記憶にも記録にも残る打撃を見せてくれました。
シーズン途中での移籍があるため判断が難しいが、成績上はもちろん合格点のエスコバーは、トレードでの移籍後、Aクラス入りに大いに貢献する投球を見せました。

ただシーズン途中での来日にもかかわらず良いスタートが切れたロジャース、走り打ちが話題となったサントスなどは、一時的な活躍はあったものの本領発揮とはいかず、その他の選手に関しては、ほぼ実力を発揮する時期がないままシーズンを終えたのではないかと思います。

★☆☆☆☆・・・<0選手>

あくまで星付けは当ブログの主観で、活躍したと思われる選手の選別も主観で行っています。
あの選手は、数字には表れない部分でもっとチームに貢献していた、ということもあろうかと思いますが、ご容赦ください。
活躍度合いは、
★★★★★は0/0。
★★★★☆は2/4
★★★☆☆は6/15
★★☆☆☆は3/16
★☆☆☆☆は0/0

今季は星5つの期待度の選手がいないという予想をしていましたが、方向性は間違いではなかったように思います。
星4つを付けた打者についての確度は、どうも当ブログの弱点のようです。 星3つを付けた選手の中からタイトルホルダーが現れるというのは例年通りで、合格レベルの選手割合についても例年通りかと思います。
星2つを付けた選手に対しては、今季もかなりの確度が保てたのではないかと思います。

反省としては、本来であれば星1つを付けようとしていた、星2つ評価の選手3名(公表はしません)を、弱気にならずに星1つを付けておきたかったです。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター