デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2017CS > 【カープ情報】2017.10.20 広島対DeNA CSファイナルステージ第3戦 拙攻、併殺で得点機を作れず完封負け
スポンサードリンク

【カープ情報】2017.10.20 広島対DeNA CSファイナルステージ第3戦 拙攻、併殺で得点機を作れず完封負け

2017年10月20日に行われた、広島対DeNAのクライマックスシリーズファイナルステージ第3戦の試合結果

DeNA 010 000 000|1
広 島 000 000 000|0

勝 井納 1勝0敗
負 ジョンソン 0勝1敗
S 山崎康 0勝0敗1S

【本塁打】なし

ジョンソンと石原のバッテリーを復活させて臨む第3戦、初回のジョンソンは足元を気にする仕草が多く見られた。
桑原は打ち取ったものの、梶谷には粘られた末にレフト前ヒット。
しかし、ロペスはアウトコース低めのチェンジアップでショートゴロ併殺打。
まずは順調なスタートを切ることが出来た。

そして、2戦ノーヒットの松山を5番に下げ、4番にはバティスタを起用するなど、打順を入れ替えてきた。
初回は、井納に対し、田中も菊池も積極的にファーストストライクを狙っていくものの、変化球で交わされて捉えきれない。
狙いが嵌らないなという感じで、丸もストライクゾーンのボールに手が出ない様子だったが、フルカウントから四球を選んで、4番バティスタ。
ここでも初球は変化球から入り、簡単に追い込まれてしまい、フォークで空振り三振となって無得点。

すると2回表、簡単に2アウトを取ってから、嶺井、柴田の連打でピンチを迎えると、井納に対し失投ともいえるど真ん中へのカットボールが行ってしまう。
菊池の頭上を僅かに越えていくタイムリーヒットで、先制を許してしまった。

今日のカープ打線は、1戦目、2戦目よりは振れるようになっている。
松山、丸にもクリーンヒットが出たが、ジョンソンが先発するということは、チャンスを作っても、石原、ジョンソンでアウトカウントを稼がれることを覚悟しないといけない。

どうしても今日は石原の打撃が焦点になってしまう。
1打席目は、1アウト1、2塁で、フォークにバットを合わせにいって、サードゴロ併殺打。
2打席目は、ノーアウト1塁で送りバントを狙うが、スリーバント失敗。
3打席目は、ノーアウト1塁で送りバントがキャッチャー前に転がって、2-6-3の併殺打。
シーズン中盤から、結局シーズンが終わるまで、石原の送りバントの失敗が目立っていた。

特に2打席目は、次のジョンソンに代打を送ることが決まっているのであれば、いざとなればバスターも出来る、ピンチバンターの起用、具体的には庄司あたりの起用も必要ではなかったか。
もちろん、3打席目の送りバントの場面で、球場がざわついたのは、雰囲気を感じ取った反応の表れだろう。

石原がリードしていたからこそ、7回1失点で抑えてこられたという面はもちろんある。
特に4回から7回までは、三者凡退を続けており、DeNA打線の勢いを止めることには成功していた。

8回裏のノーアウトのランナーも、またもや併殺で失ってしまい、1点を取ることに非常に苦労している。
逆に言えば、1イニングに4投手を継ぎ込んでまで無失点に抑えたDeNAベンチの読みは正しかった。

最終回の攻撃も、長打の期待できる3人が揃って打ち取られて完封負け。

今日の試合までは、それでもまだ正攻法で戦っていたように思う。
アドバンテージを含め、2勝2敗のタイとなり、明日、明後日は試合が行われるかどうか分からない状況。
2日間試合がない場合、23日の試合に、初戦雨中の先発で5回64球の薮田を、中4日で投入する可能性もあるのではないかと思う。
点が取れないのであれば、0点に抑える、少なくとも先制点を与えないピッチングを期待できる投手を、もう1度投入できるチャンスを活かすかどうか、という判断も気にはなってくる。

もちろんDeNAとしても、残り3試合で、先発投手をリリーフで起用するくらいの策は考えてくるだろう。
23日以降は、ウィーランド、今永、石田、濱口が先発可能で、先発が早めに崩れれば、井納をリリーフとして投入してくる可能性もある。
今日の試合結果を活かすためにも僅差、接戦をものにするゲームプランになるのではないだろうか。

スライドの場合も含め、大瀬良、中村祐に4戦目、5戦目を任せ、6戦目に薮田というのが、ペナントレースでのカープの戦い方に近いと思うが、今季は終盤になっても中5日未満の先発はさせなかった。

中4日で、23日から薮田、野村、ジョンソンでCS突破を狙うのも、選択肢の一つとしてあってもいいのではないだろうか。
もちろん、大瀬良、中村祐の投球に期待しているが、プロ入り後そして来日後一度もリリーフ登板のない野村、ジョンソンをぶっつけでリリーフ登板させる訳にはいかず、リリーフ経験のある両投手の適性として考えて、という意味。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター