デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2017CS > 【カープ情報】2017.10.18 広島対DeNA CSファイナルステージ第1戦 中断直前に挙げた先制点が効き、コールドゲームで勝利で初戦スタート
スポンサードリンク

【カープ情報】2017.10.18 広島対DeNA CSファイナルステージ第1戦 中断直前に挙げた先制点が効き、コールドゲームで勝利で初戦スタート

2017年10月18日に行われた、広島対DeNAのクライマックスシリーズファイナルステージ第1戦の試合結果

DeNA 000 00|0
広 島 000 03|3

勝 薮田 1勝0敗
負 石田 0勝1敗
S -

【本塁打】なし

試合中は、ほぼ雨が降り続く予想となっており、ナイターという特性上、一旦試合が中断してしまうと、再開の可能性は低くなる。
9回まで強行するという前例が出来たばかりだが、やはり先制点を与えず、常にリードを保って試合を進めたい。

重要な初回、薮田の立ち上がりは、先頭の桑原をストレートで詰まらせてライトフライ。
梶谷もストレートに振り遅れているとみて、ストレートで勝負に行くも、コントロールが乱れて四球。
この辺りは、ちょっと薮田と會澤の呼吸が合わなかった感はある。

続くロペスもアウトコースのストレートで押し込んでライトフライに打ち取り、ようやくこれでストレートを軸にしていくことが出来る手応えをバッテリーが共有。
余裕が出来た途端に、梶谷の二盗を悠々と刺し、無失点で立ち上がった。

そしてカープの初回の攻撃は、先頭の田中がシーズン同様の粘りのバッティングで四球を選ぶ。
この田中のバッティングを見るだけで、シーズンの感覚が甦ってくる。
先制点には結び付かなかったが、雰囲気は作れた初回の攻撃だった。

両投手ともに無失点で切り抜けると、そこからは投手戦。
雨脚が徐々に強まってきたこともあり、時折コントロールを乱すシーンもあった。
ただ、ストライク先行、それもストレートであればまずファールか詰まらせることが出来る薮田のピッチングは、テンポよく試合を進める大きな要素となっている。

石田、倉本の下位打線に連打を浴びて迎えたピンチは、桑原をショートゴロ併殺打で切り抜け、投球間隔が伸びることなく無失点投球を継続。

この良い流れに乗り、5回裏には先頭のバティスタが四球を選び、新井は追い込まれながら、アウトコース低めのチェンジアップを上手くバットの先に引っ掛けてレフト前ヒット。
先制点が大きな意味を持つこの試合、プレッシャーのかかる場面で西川が1球で送りバントを決めて、1アウト2、3塁となると、會澤は敬遠で満塁策。

2アウト後、田中は追い込まれてからの高めのストレートをファールチップ。
戸柱のミットを弾き、僅かにボールがこぼれて命拾いしたというシーンだったが、この1つのプレーが勝負の分かれ目となった。
続くインコースへのスライダーが高めに浮いたところを捉え、逆方向に弾き返すと、センター前に弾むタイムリーヒット。

前進守備の桑原がさらに前へチャージしてきていたが、2塁ランナーの新井も本塁生還するという積極的な走塁も功を奏し、2点を先制。
さらに菊池もチェンジアップに体勢を崩され、弱い当たりのショートゴロとなったが、やはり休養十分の菊池の脚は非常に速い。
タイムリー内野安打でもう1点追加。

いつ中断となってもおかしくない雨脚の中、リードを奪って試合を成立させた。

すると、5回終了時のグラウンド整備中に試合が中断、そして約30分の中断を経て、コールドゲームで勝利が決まった。

薮田の決して先制点を与えないピッチング、この試合初ヒットの出たイニングで得点を奪い、シーズン通りの走塁も出た。
クライマックスシリーズファイナルステージの初戦として、内容としても悪くない勝ち方ができ、良いスタートが切れた。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター