デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】 > 【カープ情報】2017 > 【カープ情報】ファーム日本選手権、高橋昂の好投に、坂倉が勝ち越しスリーランで応え、ファーム日本一
スポンサードリンク

【カープ情報】ファーム日本選手権、高橋昂の好投に、坂倉が勝ち越しスリーランで応え、ファーム日本一

2017年のファーム日本選手権に先発するのは、ルーキーの高橋昴。
そして坂倉がマスクを被り、高卒ルーキー同士のバッテリーで、日本一に挑む。

高橋昴が先発するのを見るのは初めてとなるが、ストレートは伸びがあるし、コントロールも程よくまとまっている。
当たり前のように球速は140キロ中盤が出ているし、スライダー、カーブも勝負球として使える。

70球を越えた辺りで、コントロールがやや定まりにくくなったり、球速が130キロ中盤に下がることもあった。
5回裏、岡本にはスリーボールからの真ん中高めのストレートを捉えられ、左中間への本塁打を浴びてしまったが、この頃が疲れのピーク。
一年間先発ローテに入ったり、100球を越えても投球内容を維持するには、まだ体力的に厳しいかなという印象は受けたが、投手としての全体的なレベルの高さは感じた。

また、2番手で登板の辻も、150キロ超のストレートを低めに集めることができ、スライダー、フォークを活かせる投球を見せてくれた。
辻に関しては、リリーフとして来春のキャンプで一軍抜擢も期待できる内容に見えた。

さて、攻撃については、巨人先発の今村に対しては、インコースのストレートに詰まる打者が多く、チャンスらしいチャンスが作れなかった。
ただ、7回からリリーフの高木勇を攻め、堂林が真ん中のスライダーをレフト前クリーンヒット、メヒアが四球でノーアウト1、2塁のチャンスを作ると、小窪も真ん中付近のスライダーをレフト前タイムリーヒット。
さらに美間のボテボテの内野ゴロで、三塁ランナーのメヒアが本塁を陥れて同点に追い付く。
そして、森福に投手交代すると、坂倉が初球の肩口から曲がってくるスライダーを捉えて、勝ち越しスリーランをライトスタンドに放り込んだ。

左打者対策で登板してくる森福から、本塁打を放つことで、相手の策を打ち砕いた。
もちろん、こういう点の取り方が出来ると、試合の流れを掴むことができる。

3番手で登板の戸田は、同じ左腕と言うこともあり、どうしても比較の目で見てしまうが、高橋昂に比べるとボールの抑えが利かない場面が目立った。

3点リードの9回裏、マウンドには一軍デビューを果たした藤井が上がる。
一軍での投球をそのまま再現したかのような、低めに伸びのあるストレートを投げ込み、先頭の岡本を空振り三振。
宇佐見にも140キロ後半のストレートで押し、フォークで空振りを奪い、最後は再びストレートで空振り三振。
代打北を低めのフォークでセカンドゴロに打ち取ってゲームセット。

チーム初のファーム日本一を勝ち取った。
優秀選手賞は、先発の両投手、高橋昂と今村信。
そしてMVPは、予想通り勝ち越しスリーランの坂倉が獲得。

試合の進め方も、とにかく次の塁を狙う姿勢が見られたし、堅い守りも見られた。
日本一にふさわしい、良い内容の試合だったと思う。

最後に、優秀選手、最優秀選手への副賞が清酒だったのは、未成年の2人にはどうかなと思ったのはここだけの話。

関連記事
スポンサーサイト
すげー今更ですが、貰ってたのは清酒じゃなくて焼酎でっせ。
アルコールには変わりないけどもw
[ 2018/02/21 13:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2018年優勝決定日予想
2018年セ・リーグ
優勝決定日予想

9月13日終了時
9月22日・・・30%(↑)
9月21日・・・25%(↓)
9月23日・・・20%(↑)
9月24日・・・9%(↑)
9月25日・・・6%(↑)
9月20日・・・5%(↓)
9月16日・・・0%(↓)
9月15日・・・0%(↓)
その他・・・5%(→)

2018年9月13日更新

優勝決定日予想記事ページ
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター