デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2017公式戦 > 【カープ情報】2017.09.13 広島対DeNA 公式戦22回戦 2度のビッグイニングでDeNAを突き放し、マジック2
スポンサードリンク

【カープ情報】2017.09.13 広島対DeNA 公式戦22回戦 2度のビッグイニングでDeNAを突き放し、マジック2

2017年9月13日に行われた、広島対DeNAの公式戦22回戦の試合結果

DeNA 201 100 000| 4
広 島 600 006 00×|12

勝 九里 9勝5敗
負 飯塚 1勝3敗
S -

【本塁打】田中7号

カープ先発の中村祐と磯村のバッテリーは5試合連続となり、カット気味のストレートが武器になり得るというのは十分頭に入っている。
2番の柴田には、やや内寄りのストレートをライトポール際にファールを打ちこまれるが、最後ライトフライに打ち取ったのは、さらに厳しくインコースを突いたストレートだった。
ただ、これまでの投球よりは、詰まらせ方が不十分という感じで、筒香にはインコースギリギリのストレートを痛烈に弾き返された。
芯を食い過ぎて、ラインドライブとなった打球がライト岩本のグラブの僅か手前でバウンドしてヒットとなったように、今日はストレートの軌道が素直すぎるのだろう。
ロペスにも追い込んでからのアウトコースのストレートをレフト前ヒット。
宮崎にもストレートを捉えられ、右中間突破のタイムリー二塁打。
中継プレーの僅かな乱れの隙に、ロペスにも生還を許して2点を失う。
ストレートを軸に投球していきたい投手が、そのストレートを芯で捉えられるのが5者連続となっては、当然攻め方を変えるしかない。
梶谷には、低めのチェンジアップで空振り三振を奪って、何とか2点で凌いだ、という立ち上がりとなった。

そして初回のカープの攻撃は、田中の逆方向への先頭打者本塁打で1点を返すと、新井の照明ヒット、中村祐の高く弾んだタイムリー内野安打など打線が繋がって一挙6点を奪って試合をひっくり返す。

ただ、気になるのは昨日から始まった松山への高めのストレート攻め。
バッティングが崩れる、という程ではないにしても、詰まらされるケースが目立っている。

優勝を目前にした試合で、初回の2失点を、その裏の攻撃で6点奪って逆転する展開は、どんどん勢いに乗って試合を進められても良い流れ。
しかし、短期決戦ではよく見られる、先発投手を早めに諦め、継投策に移って流れを取り戻す、というDeNAの勝負手が嵌る。
2回からリリーフの三嶋に対し、チャンスは作るものの無得点に抑えられ、その間に中村祐が1点返される。

中村祐のピッチングについては、初回での投球の通り、ストレートを軸にすることが難しく、チェンジアップ、スライダーを多用することになる。
カーブも持ち球ではあるが、3回には宮崎にカーブをじっくりと溜めて打ち返されてタイムリーを浴びているように、ストレートが軸に出来ない以上、緩急という点ではあまり有効な球種ではなくなっている。

中村祐も早めに交代せざるを得ず、4回からは九里がマウンドに上がる。
三嶋のロングリリーフが試合を立て直し、2点のリードとは言っても試合展開は重苦しい。

しかし、カープもリードを保って勝ちパターンの継投に移る時点で、逃げ切り体勢。
6回表にジャクソンを起用し、DeNA打線がボールに手を出すケースもあり、少し焦りが見えてきたタイミングで三者凡退に抑えたことで、この試合で初めて守備からリズムを作った。

6回裏の攻撃で、1アウトから代打バティスタが、2ストライクまではノー感じの空振り2つをしていたが、最後のスライダーが甘く入ったところを捉えてレフト前ヒット。
田中がセーフティ気味の送りバントを狙うと、これが内野安打となりノーアウト1、2塁。
菊池は送りバントの構えから、バスターの構え、送りバント失敗などを経て、最後は右打ちを見せると、一塁線を破る2点タイムリー二塁打。

丸はセンターフライに倒れるが、松山の打席で注目のシーンがあった。
捕手は嶺井から戸柱に代わっており、追い込まれてからの勝負球はインコース低めのストレート。
この2試合の松山への攻め方はDeNAバッテリーの統一事項かと思ったが、松山の得意なコースで勝負。
インコース低めは打ち返す、松山のショート頭上を越えるセンター前ヒットで、1アウト1、3塁。

安部が代わった田中健のストレートを捉えて2点タイムリー二塁打を放つと、さらに岩本のバットの先に当たってフラフラと上がった飛球がセンター前にポトリと落ちる2点タイムリーヒットで、この試合2度目のビッグイニング。

6回を終え、12対4と一気に点差が広がった。

7回からは、一岡、中田、今村が無失点リレーで繋いでゲームセット。

勝負の分かれ目は、6回表に登板したジャクソンの三者凡退ピッチング。
ここで守備のリズムが極端に良くなり、試合運びもリズムが出てきた。
そして打線の再動へと繋げ、自らも乗せていった感もある。

最短で明日優勝が決まる可能性が出てきた。
球場で応援してきます。





関連記事
スポンサーサイト
お久しぶりです。
明日決まると最高ですね!!
[ 2017/09/13 23:52 ] [ 編集 ]
優勝間近
のうがくぶ様、ご無沙汰してます。
昨年も思ったのですが、優勝が近付くのが嬉しい反面、もうシーズンが終わりに近付いているのかと、少し寂しくもあります。
[ 2017/09/14 05:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター