デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2017公式戦 > 【カープ情報】2017.08.05 広島対DeNA 公式戦16回戦 薮田序盤に失点も立ち直り、全力疾走で試合の流れを掴んで10勝目
スポンサードリンク

【カープ情報】2017.08.05 広島対DeNA 公式戦16回戦 薮田序盤に失点も立ち直り、全力疾走で試合の流れを掴んで10勝目

2017年8月5日に行われた、広島対DeNAの公式戦16回戦の試合結果

広 島 100 121 200|7
DeNA 300 001 000|4

勝 薮田 10勝2敗
負 井納 4勝6敗
S 今村 1勝2敗20S

【本塁打】田中4号、バティスタ8号

久しぶりに、新井とエルドレッドが同時にスタメンを外れ、代わって起用されているのが松山とバティスタ。
走塁面、守備面にやや不安を抱えることになるが、こういった起用が出来るのも横浜スタジアムならでは。
この打線が弱点となるのは、僅差の試合で、細かなサインプレーが出来ない、具体的には送りバントもエンドランも仕掛けることが出来ずにワンパターンに陥る場合が考えられる。

そしてカープの初回の攻撃は、先頭の田中は叩き付けて高いバウンドのショート内野安打、そして菊池が送りバントを決める。
丸はストレートを逆方向へ打ち返すが、筒香正面のハーフライナー。
しかし、照明が目に入ったのか、打球を逸らしてしまい、グラブに触れることなくフェンスまで打球が抜けていった。
ミスのようなタイムリー二塁打で1点先制となる。

カープ先発の薮田は、前回登板で勝負どころの判断を誤って、そこから崩れていく展開となってしまった。
仕切り直しの登板で、いきなり先頭の桑原にセンター前ヒット、そして強攻策の柴田は、センター前に抜けようかという強い当たり。
菊池が良く追いついたが内野安打となり、筒香にはインコース高めのストレートをライト前ヒットで、3連打でノーアウト満塁。
ロペスを迎えるところで、ようやくツーシームを連続で使うが、抜け球があったりで精度は良くない。
ただ、ロペスは高めのツーシームをミスショットでファールになったことで、最後の良い高さに落ちたツーシームで空振り三振。
しかし宮崎には、フルカウントからのツーシームが真ん中に入り、センター前タイムリーヒットで2点を奪われ、逆転される。
2-2からの低めのツーシームは宮崎でなければ空振りしていたかもしれない高さには行っていたが、振らないということは宮崎の調子の良さを感じての試合運びになってしまう。

問題はここからで、コントロールが甘くなっているという自覚はあるのだろう。
戸柱のライト前ヒットで再び満塁となり、思い切ってストライクゾーンで勝負が出来なくなったという印象が強い押し出し続四球。
その後は、2者連続三振でストライクを取るコントロールは取り戻した感はあるが、計3失点で初回を終えた。

勝負の行方はともかく、試合になるか否かは、薮田が立ち直るかどうかに掛かっている。
その2回裏の守備には、松山に代わって新井がファーストに就いた。
打順は1番の桑原からで、まさに仕切り直しの大事なイニングとなり、その先頭の桑原を高めのストレートで空振り三振に打ち取った。
柴田はツーシームとカットボール、変化球主体の投球で空振り三振に打ち取る。
筒香には2-0からのアウトコースのストレートを逆方向へ打ち返され、フェンス直撃の二塁打でピンチを迎える。
ロペスも怖いが、宮崎も怖い。
どうせ怖い打者が続くのであれば、後の打者を考えずに、1人1人を集中して打ち取って行きたい。
前回登板の、1塁が空いている状態で、次が投手という打順とは訳が違う。
ロペスにはインコースへのストレートを見せ、ツーシームで誘っていくが、今日のツーシームはまだ決め球としての信頼度があまり高くない。
ただ、今日のロペスはそのツーシームに合わない。
高めに抜けたことでタイミングがはずれ、キャッチャーフライでピンチを凌いだ。

薮田が何とか2回のピンチを無失点に凌ぎ、直後のイニングでは先頭打者として、高いバウンドのセカンドゴロで、際どいタイミングでアウトになる。
ただ、ストレートをフルスイング、そして全力疾走で一塁を駆け抜ける姿を無駄にはしたくない。
カープの流れは、この薮田の全力疾走から変わり始めたと言いたい。

その後の3回の攻撃では、満塁まで攻めたものの無得点に終わり、3回裏の守りでは、安部がベンチに下がり、西川がサードの守備に就いている。
試合序盤で松山と安部の2人のスタメン野手が姿を消す非常事態となり、先頭の宮崎に左中間を破られる二塁打でピンチを背負う。
ただ、1アウト1、2塁と場面が変わり、井納の送りバントを、スリーバント失敗させたところで、流れを掴んだ。

4回表に併殺の間に1点を返し、4回裏は三者凡退。
この頃には、薮田の投球が立ち直ったと言っていいレベルまで来ており、追加点の不安は少なくなっていた。

5回表の攻撃では、1アウト1、2塁で、新井がアウトコース低めのスライダーを芯で捉え、センター前タイムリーヒットで同点。
西川はインコース低めの難しいコースのストレートを捉え、センター右寄りの犠牲フライで勝ち越し。
ただ、2塁ランナーの新井は飛び出しており、3塁ランナーの鈴木の生還と、飛び出した2塁のフォースアウトのどちらが早いかというタイミングのプレーにはなっていた。

勝ち越し直後の5回裏は、先頭のロペスに対しては、思う通りの打ち取り方ができている。
この打席ではツーシームでカウントを稼ぎ、ストレートで空振り三振を奪い、今日は攻撃の起点にも、ポイントゲッターにもさせなかった。

6回表には、代わった三嶋に対し、田中がインコースのストレートの逆球、真ん中へのストレートを逆方向へ打ち返すと、レフトスタンド最前列に飛び込む本塁打でリードを広げる。

ただ、6回裏には、2アウト2塁、バッター桑原の場面。
直前に、倉本の投ゴロが、ホームベース付近で高く弾み、グラウンドの土が目に入るというアクシデントで、試合が中断していた。
リズムの乱れも影響していたこともあり、調子のいい桑原に対し、とにかく低目を狙って、3球連続低めのツーシームの3球目がワイルドピッチ、そしてそれでも低目への変化球で勝負に行こうとしたところで、薮田の投球は高めのストレート。

これが會澤のミットを弾くパスボールとなり、バッテリーエラーで1点を返されてしまう。

薮田としては、球数的にも序盤のツケが回ってきたところで、続く柴田のレフトライナーを、バティスタが前進して掴んで1点で凌ぎ、6回を投げ終えたところが、代え時としてはいいタイミングだった。

そして7回表の攻撃では、左の田中健が、丸レフトフライ、鈴木四球、新井三振と2アウト1塁まで漕ぎ着けたタイミングで、バティスタの打席で加賀に交代。
この投手交代は、慎重に、そして確実にあと1つのアウトを取るために、サイドハンドの加賀をバティスタに対して起用したということ以外は考えられない。
ただ、バティスタは1ストライク後、アウトコースを狙ったストレートが、シュート回転で内に入ってきたところを捉え、左中間スタンドへのツーランを放って突き放す。

7回表で3点差を付けると、あとは勝ちパターンの投手リレー。
一岡が登板の7回裏、1アウトからロペスの放ったライトポール際の大飛球は、本塁打の判定。
ただリプレー検証では、ポールの右側を通過しており、ファールとして試合再開、そして今度はファーストファールフライに打ち取って、結果的には三者凡退となった。

その本塁打の判定が一番の山場で、それ以降は端折って申し訳ないが、三者凡退×3イニングのパーフェクトリレー。
一岡、中崎、今村がきっちりと締めて、逃げ切り成功ということになった。

初回に3点を失っても、ガタガタと崩れることなく、それ以降は無失点で5回までを投げ、リードを吐き出すことなく6回まで投げきった薮田の投球は投手としては最低限の仕事をしたということになる。
そして9人目の野手として考えると、内野ゴロで全力疾走を怠らず、隙を与えない攻撃を続けられたことが、試合の流れを掴むことに繋がった面はある。
薮田のプロ入り初の10勝目は、そういう姿勢が呼び込んだプレゼントとも言えるだろう。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター