デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2017公式戦 > 【カープ情報】2017.07.12 広島対DeNA 公式戦14回戦 ジョンソン後半戦に期待大の4勝目
スポンサードリンク

【カープ情報】2017.07.12 広島対DeNA 公式戦14回戦 ジョンソン後半戦に期待大の4勝目

2017年7月12日に行われた、広島対DeNAの公式戦14回戦の試合結果

DeNA 000 010 000|1
広 島 002 000 30×|5

勝 ジョンソン 4勝2敗
負 濱口 6勝4敗
S -

【本塁打】なし

カープ先発のジョンソンは、右打者へのインコース、そして左打者への制球が抜群で、立ち上がりの投球だけ見ると今季一番と言って良い。
球速も140キロ後半で、コースギリギリを突けており、こういうピッチングが出来ると、相手投手にすらプレッシャーを与えられるのでは、というくらい。

DeNAの攻撃を三者凡退に打ち取ると、カープの初回の攻撃では、先頭の田中が三遊間への鋭い打球を飛ばし、ショート内野安打で出塁。
菊池が送りバントを決め、攻撃開始から2分で得点圏にランナーを進める。
ただ、丸は3-0からの真ん中高めのストレートを打ち上げてレフトフライ、鈴木も同じく高めのストレートでサードフライに倒れる。
コントロールはともかく、まだ初回ということで球威に押されたということになる。
鈴木に関しては、今日もノーステップ打法ではあるが、足の幅はやや狭くしており、タイミングの取り方はノーステップと今までのスイングの中間くらい。
それで少し差し込まれた感じはあった。

3回表のジョンソンは、先頭の梶谷へのカットボールが甘く入り、左中間への二塁打で出塁を許すが、濱口の送りバントはスリーバント失敗にさせる。
倉本はアウトコースのカーブで引っ掛けかせ、進塁打にはなったがセカンドゴロに打ち取る。
桑原はインコースを突いて、決して甘いコースには投げないという意図を感じる四球を与え、2アウト1、3塁。
飛雄馬にはインコースのカットボールで詰まらせて、ショートフライに打ち取り、この試合初めてのピンチも無失点切り抜けた。

3回裏の攻撃では、先頭の田中が2打席連続で逆方向への打球、レフト前ヒットで出塁。
昨日はあれだけ野手の正面を突いていた打球が、今日は抜けていく。
再び菊池が送りバントを決め、1アウト2塁。
丸は初回の打ち損じを取り返すべく、追い込まれてからのチェンジアップにも体勢を崩されることなくセンター前タイムリーヒットを放って1点先制。
鈴木は、インコースのストレートをレフト前に運び、松山の一二塁間への打球はロペスの好捕で二塁封殺。
2アウト1、3塁に場面が変わり、エルドレッドの打席でワイルドピッチ、追加点が入る。

今日の濱口に関しては、今までに比べると荒れ方が甘い感じ。
追い込んでから甘く入ってくるボールもあり、チェンジアップにどんどんバットが空を切るというシーンも見られない。

濱口が調子を取り戻す前に追加点を奪って行きたかったが、7番から始まる4回裏にDeNAはエスコバーをマウンドに上げてきた。
日本ハムとの交流戦でもロングリリーフをしてきていたが、同じ様な起用法を考えてているのだろう。

所謂短期決戦仕様の作戦で、カープとしては近年痛い目を見てきた作戦でもある。
エスコバーに4回裏を抑えられ、直後の5回表、ジョンソンが1アウト2、3塁のピンチを招き、そしてバットを折っての内野ゴロの間に1点を失ってしまう。
ただ、失点の仕方を見ても分かる通り、大崩れしないところが今日のジョンソンであり、同点にさせなかったのも同様。

ジョンソンとDeNA第2先発のエスコバーの投手戦という試合展開となり、試合は膠着状態。
6回裏の攻撃中、エルドレッドが走塁中に足を痛めて交代というアクシデントがあった。
右ひざ辺りに手を置く場面は見られたが、明らかに足を引きずるという様子はなく、大事を取っての交代と信じたい。

そしてエスコバーの方が先にマウンドを降り、試合が動くとすればこういったタイミングから。
7回裏の攻撃は、代わった砂田に対し、先頭の田中は止めたバットに当たるサードゴロに倒れるが、菊池はアウトコースのストレートを逆方向へ打ち返し、ライトオーバーの二塁打。
続く丸はフルカウントからの、インコースへの抜け球が、右手首から右指付近に当たる死球となり、一旦治療のためにベンチに下がる。
当たる場所としては危険な死球だった。
1アウト1、2塁で打席に入った鈴木は、通常の構えで足を上げてタイミングを取っている。
やはりストレートには差し込まれ気味で、セカンドへのハーフライナーで2アウトとなり、松山に代打新井を起用。
ただ、全球アウトコースへ投げ込み、四球で2アウト満塁となり、エルドレッドに代わって出場している岩本に今季初打席が回る。

岩本らしい、低めのワンバウンドしそうなボールを2球連続で振って追い込まれるが、アウトコースへシュート回転のストレート。
横回転のボールで、縦に落ちなかったことでバットが届いた。
左中間突破の3点タイムリー二塁打となり、本塁への送球の間に岩本は三塁を狙う。
その三塁への送球が、岩本に当たって逸れる間に本塁を狙うが、完全にアウトのタイミングでタッチアウト。
何とかセーフになろうと、高城の頭上を飛び越えようとしたが、ジャンピングニーにような形で高城と交錯、両者共に倒れこむ危ないシーンもあった。

ともあれ、今季初打席の岩本が大仕事をやってのけたことで、試合の流れを大きく引き寄せることが出来た。

ジョンソンは前回登板でエラー絡みでの失点でリズムの悪い投球をしてしまっていたが、今日はしっかり投ゴロ併殺打も取り、守備も盛り立て、8回1失点という結果はもちろん、内容的にも完全復調が近いと言える。

4点差の9回表は、今村で万全を期す体制。
先頭の宮崎がフォークを狙っている雰囲気を出していることで、石原は追い込んでからのストレートで3球勝負、見事にアウトローに決めて見逃し三振を奪う。
代打乙坂には、逆に3球勝負でフォークを選択し空振り三振。
梶谷をストレートで見逃し三振、何とボール球が1球もない3者連続三振という、これ以上ないパーフェクトピッチで締めた。
試合終了後の整列に、エルドレッドの姿がないのは気になるが、重症ではないことを祈りたい。

今日のジョンソンのピッチングは、後半戦に向けてチームに勇気を与える1勝だった。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター