デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】 > 【カープ情報】2017 > 【カープ情報】2017年の交流戦の予想結果と総括、交流戦後の展望
スポンサードリンク

【カープ情報】2017年の交流戦の予想結果と総括、交流戦後の展望

2017年の交流戦の予想結果と総括、交流戦後の展望

【予想結果】

2017年の交流戦は、12勝6敗で、勝敗はソフトバンクと並び1位でしたが、直接対決に負け越したためにタイトルは逃しました。 昨年は、セ・リーグの中ではカープだけが貯金を作っていましたが、今年はカープと阪神が貯金を作り、DeNAと中日が5割の数字を残しています。
昨年はセ・リーグで、カープだけが勝率5割を上回っているという時期があったことを考えると、今年は混戦が続くと考えておく方がよいかと思えます。

交流戦が始まる前の予想では、10勝8敗~8勝10敗という5割を挟んだ予想をしていましたので、大きく外してしまいました。
(予想記事:【カープ情報】2016年の結果から見る2017年交流戦予想

まず対戦相手別に見ていきたいと思います。

最初のカードの西武戦では、初戦に薮田を抜擢します。
ロングリリーフでの好投で先発のチャンスをつかむと、6回0封、そして中崎、ジャクソン、今村の完封リレーと繋ぎ、チームに勢いをもたらします。
2戦目は打線の援護もあり連勝しますが、3戦目は岡田の突発的なコントロールの乱れで敗れてしまいます。
ただ、敗れはしたものの、岡田は完投しており、これは後々にいい影響を与えたと思えます。

2カード目はロッテとの対戦でしたが、相性の悪い九里が初回に4失点というピッチングとなってしまいます。
ただ2回以降はランナーを出しながらでも、何とか粘って試合を立て直し、打線もワンチャンスをものにして同点に追い付きます。
延長戦の末に敗れてしまいましたが、もし12回表にダフィーに勝ち越し打を許していなければ、というのが今年の交流戦の心残りでしょうか。
そして2戦目は、故障から復帰登板の野村が、故障の影響を感じさせるような失点をしてしまいますが、代打バティスタの逆転ツーランで接戦をものにし、3戦目も代打バティスタのダメ押しのツーランで連勝します。

3カード目は日本ハム戦でしたが、初戦で薮田が6回3失点した直後にイニングに相手のエラーに突け込んで逆転勝利すると、2戦目はバティスタが2打席連続本塁打を放ち、3戦目は序盤のリードを守って、同一カード三連勝。
ただ、3戦目でジャクソンが2失点してしまいますが、この時点ではまだそこまで不調というピッチングには感じませんでした。

4カード目は楽天戦でしたが、初戦に復帰登板を迎えたジョンソンは、球速は140キロ中盤が多く本調子という訳にはいきませんでしたが、打線の援護で勝利。
2戦目の野村は、復帰2度目の登板で内容は良くなっていますが、楽天美馬の前に打線が1点どまり。
この頃にはバティスタの打撃の勢いがなくなりつつありました。
そして3戦目は、初回からエラーによる失点でリズムに乗れず、中村祐も粘りのピッチングをしていたものの、競り負けて、4カード目にして初の負け越しとなりました。

5カード目は、オリックス戦で、初戦は薮田と金子の投手戦となり、8回に相手のエラーで貰ったチャンスで、田中がライト線へタイムリーを放って、1対0で勝利します。
2戦目は終盤までリードしていながら、大瀬良がロメロに反撃の本塁打を打たれると、ジャクソンも同じくロメロに同点スリーランを打たれて、延長12回までもつれ込みます。
ただ、12回裏に鈴木がサヨナラ本塁打を放って勝利しますが、この頃のジャクソンはストレートが抜けるケースが多くなり、甘いストレートを痛打され、スライダーもキレがなくなっていました。
3戦目は初回に5点を奪い、優勢に試合を進めていく中で、先発岡田が中盤に不安定さを露呈し、6回で早めの交代となってしまいました。
それでも中盤、終盤に加点し、逃げ切って同一カード三連勝となりました。

6カード目はソフトバンク戦。
交流戦の最高勝率のタイトルが視界に入っていましたが、初戦は本調子ではないジョンソンが、さらにコントロールも乱して初回から失点を重ね、丸が三打席連続本塁打を放っても追い付けず、敗れてしまいます。
2戦目も、野村が序盤から失点を重ねてしまいますが、決して大量点を与えず、最少失点で切り抜けながら味方の反撃を待ち、そして終盤に丸の勝ち越し本塁打による1点を守り切って勝利。
3戦目は、勝つか引き分けるかで最高勝率のタイトルを手に入れるところまで来ましたが、初回の不運な当りでの失点をきっかけに、徐々に点差を広げられて、反撃も及ばず敗れてしまいます。

予想10勝8敗~8勝10敗、結果12勝6敗ということになりました。
予想と結果に差が付いてしまったのは、薮田のピッチングによるところが大きいと思います。
交流戦前の予想では、先発投手で3勝0敗、貯金3を作ることが出来る可能性は低いとしていました。
投手としての実力という部分ではなく、短期決戦の要素もある交流戦で、3戦全勝というのは、ある程度運が必要になってくると思っています。
事実、薮田以外には3勝0敗を達成した投手はいませんし、薮田は交流戦直前までは先発投手ではありませんでした。
他意はないのですが、交流戦に先発した投手で負け越したのは、0勝1敗の野村だけです。
その他の投手は、もちろん巡り合わせもあるのですが、五分か勝ち越せています。
チーム全体での底上げは感じられる交流戦だったと思います。

ロッテ戦の、12回表2アウトからの勝ち越し打がなければ、という思いはありますが、2年連続でセ・リーグの中では1位というのは十分誇っていい数字です。
1ゲーム差の首位で交流戦に突入し、3ゲーム差に広げて交流戦を終える。
ゲーム差の違いこそあれ、昨年と同じ流れでは来ています。

【交流戦後の展望】
さて、チーム全体としての底上げは感じる状態だとして、交流戦後はジョンソン、野村がさらに調子を上げてくることが出来れば、先発投手は安心できそうです。
ただ、中村祐に関しては、交流戦後に登録抹消されているように、ソフトバンク戦で露呈した不安材料を解消することに専念することになりそうです。
右打者は抑えているが、左打者には良く打たれている。
それが左打者へは勝負に行けていないような四球を与え、ランナーを溜めて、それまで抑えていた右打者にも打たれ始めた、というのはじっくりと課題点に取り組み、解決していく必要があるように思えます。
岡田と大瀬良については、突如中盤に乱れることがあり、それが勝ち星の伸びに繋がっていかないという心配はありますが、それでもここまで結果は残せていますし、あまりに完全を求め過ぎると深みに嵌る恐れもあるので、まずは現状維持で行ってもらえればと思います。

リリーフ陣に関しては、ジャクソンの不調が気になります。
縦横2種類のスライダーを決め球にしている投手ではありますが、ストレートが決め球にならない投手ではありません。
今は150キロ超のストレートが大きく外れ、ストライクゾーンに来る時は真ん中高め付近の甘いコースが多く、常にカウントが不利な状況で投球しているので、ストレート2球でファールを打たせる、くらいの状態まで上がってくることが求められると思います。
技術的な部分ではないと思えるので、首脳陣の考えているように楽な場面での登板で自信を取り戻してもらうことになりそうです。

先発投手では、ジョンソン、野村、薮田、岡田、大瀬良の5人に、ファームから中村祐を筆頭に6番手に食い込む投手が出てくればという状態。
リリーフ陣は、今村、中崎の7回8回を任せられる2人に、調子を取り戻してきた中田、一岡、6回あたりをジャクソン、ロングリリーフ枠で九里、ツーシームピッチャーとしてファームで結果を出して一軍に上がってきた今井も、ロングリリーフが不可能ではない。
そして、リリーフに配置転換となっている加藤は、先発時とはフォークの使い方を変えている。

福井にしてもそうだったように、カウントを取りに行くフォーク、スプリットは甘いコースに行くことが多く、狙って打ち取る投球が出来ないボールを投げ続けるデメリットは大きい。
追い込んでから、低めへフォークを投げ切ることで、ソフトバンク戦では1イニングを抑えている。
何故長いプロ野球の歴史で、追い込んでからのボールになるフォークが決め球として有効であり続けるのか、分かっていても打ち取れるボールを操れるメリットを活かしてもらいたい。

打撃陣では、菊池の下半身の状態は今後もケアをする必要があるし、丸も一時期脚を痛めかけた。
エルドレッド、新井に関しても、フル出場をさせない方針というのはシーズン当初から一貫している。
それらを踏まえても、開幕時から大きくメンバーを入れ替えないといけない状態にはなっていない。
田中、菊池、丸、鈴木は、好不調の波があっても、ここまで上手く乗り切ってきている。

エルドレッドは、一時期の好調の状態からは、徐々に下降気味にはあるが、それでもセンター方向へのバッティングで、状態をキープしている。
新井は、5月頃の状態よりは上がってきているし、松山も同様。
安部はやや引っ張りの意識が強くなっている感じなので、毎試合出場するというよりは、修正の時間を上手く作ることが出来れば状態も上がってくるだろう。
西川は状況に応じたバッティングは出来ているが、相手守備に阻まれてのアウトというのも多かった。
打順にかかわらず、繋ぎの役割を求められる状況で今までの様なバッティングが出来れば、また結果も付いてくる。

野間については、足は速くともなかなか盗塁のスタートが切れない、という状態ではなく、思い切ってスタートが切れるようになってきている。
今は、一人で得点圏に進めるという期待を持って、代走のコールを聞くことが出来る。

バティスタは、デビューが鮮烈過ぎて、極端にマークされる状況となっていたが、セ・リーグとの対戦に戻り、バティスタ1人だけにマークが集中することも減ってくるだろうから、ここから再度踏ん張れるかで、一軍に残れるかどうかの分かれ目となりそう。

會澤と石原の2人体制の正捕手争いは、良い形で進んでいる。
石原は近年は大きな故障はなく、會澤は今季クロスプレーで早めに交代したことはあったが、以前のように脚を痛めて登録抹消になったり、不可抗力の死球のように長期離脱ということがないことがないからこそ、2人の争いは高いレベルをキープできている。

昨年、貯金37を作り、2位に17.5ゲームを離して優勝したが、勝率は.631だった。
今年は、ここまで勝率.621で来ている。

もちろんここからチーム状態が悪くなり、この勝率をキープできなければ苦しくなっていく。
ただチーム状態が悪くならないよう、不調、故障持ちの選手を休ませながら起用しているはずで、それはここからこそ活きてくると思いたい。
同一カード3連敗すれば不安にもなるし、中軸が打てなくて負ければ不安にもなる。
先発投手が早い回で降板しても不安になるし、勝ちパターンの投手リレーが崩れても不安になる。
しかし、開幕から67試合を終え、その不安は全て経験してきているし、その上で現状を見れば、その不安を乗り越えてきていることにも気付ける。

決して安心は出来る状況ではないが、不安を乗り越えられる状況にはある。
チーム一丸の戦いを、ファン一丸で応援するスタイルを貫いていけたらと思う。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター