デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2017交流戦 > 【カープ情報】2017.06.03 広島対ロッテ 交流戦2回戦 バティスタ、プロ入り初打席で逆転本塁打を放ち、初ヒーローインタビュー
スポンサードリンク

【カープ情報】2017.06.03 広島対ロッテ 交流戦2回戦 バティスタ、プロ入り初打席で逆転本塁打を放ち、初ヒーローインタビュー

2017年6月3日に行われた、広島対西武の交流戦2回戦の試合結果

ロッテ 003 100 000|5
広 島 003 002 10×|6

勝 一岡 2勝2敗1S
負 松永 1勝1敗
S 今村 1勝1敗9S

【本塁打】鈴木11号、バティスタ1号、松山3号、清田3号

今日から一軍復帰の野村が先発し、初回は内野安打一本を打たれたが、ストレート、チェンジアップはまずまずキレを感じ、体調面の不安は、とりあえず考えなくてもよさそう。

またカープの攻撃は、菊池が休養日となり、安部が2番、西川が7番で起用された。
その安部がストレートをきれいに捉え、ライト前ヒットで出塁し、丸も二塁打で続いた。
1アウト2、3塁のチャンスで鈴木、松山が連続三振となって無得点となったが、攻撃の起点として左打者の起用が嵌りそうではあった。

野村は低目への制球が良く、2回も丁寧に、そして比較的良いテンポで投球できている。

ロッテ先発の二木についても、各打者がストレートを狙ってスイングしていく。
しかしエルドレッド、西川は比較的捉えた当たりを飛ばしても、平凡な外野フライとなっているということは、球速以上の球威とキレがあるのだろう。
石原は右打ちでセンター前ヒットを放つが、野村はアウトコースのストレートで空振り三振で、2回裏も無得点。

3回表の野村のピッチングは、テンポの良い投球を止められてしまう。
先頭の田村が、シュートを何度もカットし、粘った末にチェンジアップをセンター前ヒット。
二木は送りバント空振りで三振となり、大嶺翔もレフトフライに打ち取ったが、サントスにはチェンジアップが高く入ってしまいライト前ヒット。
清田の打席では、アウトコースのスライダーがワンバウンドしてワイルドピッチとなり、2アウト2、3塁とピンチが広がり、清田にはインコース低目へのツーシームを上手く逆方向へ打たれた。
セカンド頭上を越えていくハーフライナーがライト前に弾み、2点タイムリーヒットで先制を許す。
角中の打席では、エルボーガードに当たる死球かというシーンがあったが、当たりに来たという判定でボール。
角中のバッティングが続くことになると、インコースへのシュートを打ち返され、ライト線へのタイムリー二塁打で3点目。
鈴木大はストレートの四球を出したが、後続は何とか抑えて3失点。
内容が悪いと言うわけではなく、流れの中で失点が重なってしまったという状況だろう。

3失点直後の3回裏、先頭の田中はどうも二木のストレートにタイミングが合わずに空振り三振となるが、安部、丸はストレートにもカーブにもタイミングが合っている。
二者連続でレフト線への二塁打を放ち1点を返すと、鈴木は1打席目に振り遅れたストレートを完全に捉え、レフトスタンド上段への同点ツーランを放った。
まあ、昨日からの流れがあるために、怒りをかみ殺したようにベースを一周しているように見えてしまう。
少なくとも、満足する様子は微塵も感じられない。

野村の投球内容を見る限り、3回の3点ずつというのは、なかったものと考え、3回を終わって同点で試合が続くという捉え方になろうかと思う。
そして、その仕切り直しの4回表、1アウト1塁から、投手の二木に、今度は送りバントを決められ、大嶺翔にはチェンジアップが抜けたところを捉えられ、レフト前タイムリーヒットで、再び勝ち越されてしまう。
失投を捉えられての失点で、これは、流れが良くない。

5回表も、先頭の角中に四球を与え、1アウトから根元に対し、0-2というカウントから死球を与えてしまう。
1アウト1、2塁となって、ようやく三木へのインコースのシュートが、寸分の狂いもなくベースをかすめて見逃し三振を奪った。
田村には3-0から、フルカウントまでカウントを戻したが、最後のスライダーは大きく外れて、このイニングのランナーは全て四死球で出塁させ、2アウト満塁となり、二木に代打パラデスを起用してきた。
カーブ、チェンジアップ、ストレートと投げていくが2-1とボールが先行し、パラデスが振ってくるところでインコースへのカットボールでファールを打たせた。
インコースのカットボールの残像を利用して、アウトコースのカーブかチェンジアップで打ち取りたかったが、インコースを攻めてボールとなり、フルカウント。
最後は、インコース高目へのカットボールで見逃し三振を奪って、何とか無失点で切り抜けた。

さて、代打が出されたことで、二木は4回でマウンドを降りることになり、昨日延長戦で投手を多く使っているために、ほとんどの投手が連投となる。
無失点リレーを決められたとはいえ、2日連続での対戦となれば捉えるチャンスも出てくるはず。

代わった有吉から、先頭の鈴木が四球を選ぶが、低めの変化球にまったくバットが動かなかったということは、コントロールに加え、あまりキレもないということなのだろか。
松山はストレートを打っていったが、やや上がり過ぎでライトフライ。
エルドレッドは、インコースのストレートを、コンパクトに打ち返して、レフト前ヒットで、1アウト1、2塁。
しかし、西川はアウトコースのツーシームで打たされてのショートゴロ併殺打。
右投手に対し、右打者2人が出塁して、左打者で3つのアウトを奪われるということは、ロッテの継投策がまずは嵌ったことになる。

野村も5回を投げ終えて、球数が122球となっており、昨日に続き6回から継投策。
これでは、カープのリリーフ陣もほとんどの投手が連投になってしまう。
6回表のマウンドには一岡が上がり、ストレートをアウトコースの際どいところに決め、昨日に続いて三者凡退に打ち取った。

昨日との違いと言えば、今日はリードを許している状況で、ロッテが継投策に入っているという点。

6回裏のマウンドには松永が上がり、先頭の石原は真ん中のストレートを捉え、右中間突破の二塁打を放ってチャンスを作る。
そして、一軍登録されたばかりのバティスタが代打で登場。
バティスタと言えばハイボールヒッター、そしてアウトコースに強い打者で、松永のように低めのコントロールが優れている投手には相性は良くないかと思いきや、低めのボールを見極め、アウトコースのストレートをセンター返し。
ライナーのままバックスクリーン右へ飛び込んでいく逆転ツーランとなり、ムードが一変した。

連投にはなるものの、7回から勝ちパターンの投手リレーが可能となり、カープとしては何も考えずに、3イニング無失点で抑えきり、隙あらば追加点を奪っていくことに集中。

7回表のマウンドには中崎が上がり、鈴木大には粘られたものの、逆転した直後のイニングを三者凡退に打ち取って、試合の流れを掴んだ。

7回裏には、昨日セーブを挙げられた益田に対し、松山が真ん中低めのシンカーに対し、左膝を地面に付こうかというくらいに体を沈めてすくい上げ、ライトポール際に本塁打を放って追加点を奪う。
このイニングは、鈴木、エルドレッドもフェンス際まで打球を飛ばしており、益田に対ししっかりスイングできていた。

8回表のマウンドに上がったジャクソンは、先頭の三木にスライダーを弾き返され、左中間への大飛球を飛ばされる。
ここで、松山に代わってレフトの守備に就いていた野間が、ランニングキャッチで掴み取るファインプレーを見せる。
これで乗らない訳には行かない。
ジャクソンも三者凡退に抑える。

そして9回表のマウンドに今村が上がる。
先頭の大嶺翔には、真ん中高目のストレートを捉えられ、センターオーバーの打球を飛ばされるが、フェンス手前で丸が追い付いて1アウト。
サントスをフォークでセカンドゴロに打ち取って2アウト。
しかし、清田にはど真ん中にフォークが行ってしまい、しっかり捉えられてレフトスタンドへの本塁打で1点差に迫られる。
4番角中にはフォークを打ち返され、ファーストエルドレッド強襲の打球となったが、上手く体で止めて、ベースカバーの今村に送ってスリーアウト。
1点差で逃げ切った。

今日は何と言ってもバティスタ。
今村、堂林と同学年のニューヒーローの誕生を見届けた試合となり、ヒーローインタビューでも初々しい姿を見せてくれた。
見ていてニヤけてしまうのも、ご容赦願いたいと思う。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター