デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】 > 【カープ情報】2017 > 【カープ情報】2016年の結果から見る2017年交流戦予想
スポンサードリンク

【カープ情報】2016年の結果から見る2017年交流戦予想

広島カープの2016年の交流戦は、11勝6敗1分で3位という好成績、それもセ・リーグのチームの中では1位という成績でした。
【昨年度予想】2015年の結果から見る2016年交流戦予想

2017年は、2シーズン制の前半戦という位置付けで、6チームと3試合ずつ、計18試合となります。
ただ、昨年度とは違い、現時点では交流戦で先発が6人揃っていません。

先発ローテを維持してもらいたいのが、大瀬良、岡田、九里で、3人×3試合=9試合。
交流戦中に復帰予定のジョンソンと野村が、2週目から復帰と考えると、ジョンソンと野村が2試合ずつで、2人×2試合=4試合。
中村祐と福井が2試合ずつで、2人×2試合=4試合。
そして1カード目の西武戦で、谷間の先発として薮田またはファームからの昇格が1試合で、計18試合となるのではないかと思います。

2015年は9勝9敗、2016年は11勝6敗1分け。
5割以上の勝率を残すことが出来た要因の一つに、交流戦で3試合の登板で3勝0敗という先発投手が出てきています。
2015年は黒田、2016年は野村がその成績を残していますが、今季の交流戦で3試合に先発できるのは、上記の3人のみとなります。(野村が最短10日間で復帰できるとしても4人)
3試合に先発し、3勝0敗というのは、2015年が5人中1人達成、2016年も5人中1人達成となっており、単純に確率から考えても分母が3人に減る今季は可能性が低くなります。

では、3勝0敗投手が出る可能性が低いとして、先発陣で大きな貯金が作れないと仮定すると、次に重要になってくるのはリリーフ投手の負け数となります。
2015年、2016年ともにリリーフ投手の負け数は2つで、これは文字通りリリーフ投手が踏ん張って、打線の援護を待つという展開に持って行けたと捉えられます。
では、今季のリリーフ陣はどうかというと、中崎が故障明けでまだ本調子とは言い難く、今村は球場によってフォークの落ち具合が変わることも多く、決め球の精度が安定しないという不安要素もあります。
ジャクソンに関しては、昨年以上の状態を保っており、一番不安要素はありませんが、札幌ドームでの日本ハム戦が控えているというのは気掛かりです。
少しでもリリーフ陣の層を厚くしておきたいところで、谷間での先発予想もある薮田を、リリーフとして残しておきたい思いが強いです。

打線については、昨年度のメンバーと顔触れはほとんど代わっておらず、ある程度の上積みも見込めるかと思います。
それでも、そこそこ打ててはいたものの、得点力が極端に高かった訳ではなく、12球団の中でも中位の打撃力だったように思えます。
となると、今季もセ・リーグの中では高い数字を残してきていますが、交流戦ではそこまで打撃力がメリットにならないと見ておいた方が良さそうです。

打撃は昨年並み、そして投手は昨年ほどのスタッフが揃っていないことを考えると、2017年の交流戦は10勝8敗~8勝10敗といった、5割を挟んだ成績を予想します。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター