デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2017公式戦 > 【カープ情報】2017.05.21 広島対中日 公式戦9回戦 得点を奪ったイニングの直後に必ず失点、ナゴヤドームで三連敗
スポンサードリンク

【カープ情報】2017.05.21 広島対中日 公式戦9回戦 得点を奪ったイニングの直後に必ず失点、ナゴヤドームで三連敗

2017年5月21日に行われた、広島対中日の公式戦9回戦の試合結果

広島 001 000 120|4
中日 101 020 12×|7

勝 吉見 1勝4敗
負 福井 1勝2敗
S 田島 1勝1敗11S

【本塁打】田中2号、ゲレーロ9号

この中日三連戦で、3通り目のオーダーとなった今日のスタメン。
決してランナーが出ていない訳ではないが、あと一本が出ない状況が続いている。

初回の攻撃は、田中、スタメン復帰の菊池が打ち取られるが、丸はアウトコースのストレートを打ち返し、左中間突破の二塁打で出塁。
ここまでは、2戦目まででも持ってくることが出来ている。
要はここから、というところで鈴木は四球を選んで、安部に繋ぐ。
初球の甘いスライダーを見逃し、次はインコースのストレートを見逃して追い込まれる。
3球目の低めの誘い球は見逃し、もう1球ボールを見極められれば、打てるボールが来る可能性も高まる。
そして4球目のフォークを見逃し、あとはやや高目を狙うのみ。
しかし、残りも全てフォーク、それも低めに投げ続け、当てただけのセカンドゴロに打ち取られ、吉見のベテランの技を見せ付けられた。
やはり、あと一本が出ない形での無得点となった。

そして、吉見のピッチングの後にマウンドに上がる福井は、どうしても厳しいコースへのボールの判定が厳しくなりがち。
先頭の京田には、アウトコース高目のフォークを逆方向へ弾き返され、レフト線への二塁打を放たれる。
同じフォークを投げていても、こうも高めに浮いてしまえば、打者も付いてくる。
送りバントを狙う亀澤にも、初球こそファールにさせたが、そこから3球連続アウトコース高めに浮く、明らかなボールがいってしまう。
それでも5球目のストレートでは送りバントを決められ、1アウト2塁となる。
大島には低めのフォークが決まる場面もあるが、投げてみないと高めに浮くか、低めに決まるか分からない以上、狙って打ち取るのは難しい。
大島にはインコースのストレートを勝負球に選び、センターに打ち上げられるも、浅い当たりだったことで犠牲フライにはならず。
ビシエドは、アウトコース高目のストレートを逆方向へ打ち返され、ライトフェンス上段に直撃するタイムリー二塁打で先制される。
ピンチを何とか凌ぎながら、2アウトまで漕ぎ着けても、そこで踏ん張れずに先制点を与えてしまうのは、これで3試合連続となった。

2回のカープの攻撃は、先頭のエルドレッドのショートオーバーかというライナーを京田がジャンプしてつかみ取り1アウト。
ただ、松山はアウトコース高目へのシュートを逆方向へ打ち返し、レフト線への二塁打で、このイニングも得点圏にランナーを進める。
會澤はアウトコースのフォークに当てるのが精一杯という打球で、セカンドゴロ進塁打。
2アウト3塁となり、福井はアウトコースのストレートにどんぴしゃのタイミングでバットを出し、一塁線へのライナー性の打球を放つ。
しかしビシエドが飛び込んで捕球し、ファーストゴロで無得点となった。

2回裏の福井は、先頭のゲレーロを追い込んでからインハイにボールが抜けて、肩口への死球となってしまう。
堂上の初球にも肩口へフォークが抜けてしまうが、ここはボールとなり、次の真ん中付近のストレートでライトフライ。
木下にも高めに抜けるボールが3球続き、そこからストレートで1球ストライクを取ると、次はインコースにストレートを決める。
ゲレーロはスタートを切っており、詰まった当たりのショートゴロは一塁だけアウト。
吉見は高目のフォークでショートゴロに打ちとってピンチを脱した。

3回表の攻撃は、先頭の田中が粘って四球を選ぶ。
この三連戦の展開として、あと一本が出ないことと、1点取ることはできても複数点を奪うことが出来ていないという結果がある。
流れを変えるには、一挙2得点、3得点というのを狙っていくことも必要。
菊池は送りバントをすることなく、強攻策でライトフライに打ち取られる。
ならばと、田中が二盗を決めてチャンスを作る。
投手も警戒し、キャッチャーもストライク送球を見せた中でも、割と楽々セーフのタイミングの盗塁を決めるのは久しぶりに見た。
しかし、丸はサードファールフライを打ち上げ、堂上がカメラマン席に落ちそうになりながらも好捕して2アウトとなる。
相手のファインプレーでアウトが1つ増え、2アウト2塁となって、打席には鈴木。
追い込まれてから、アウトコースのボールになるスライダーに対し、バットを投げ出すようなスイングで、バットの先で拾った打球はレフト前へ飛び、タイムリーヒットで同点に追い付く。
ただ、これでは三連戦に共通している中日の流れのまま。

2アウトからでも続いていきたいところだったが、安部はアウトコースのチェンジアップでタイミングを外され、センターフライで1点どまり。

中日の流れを、少なくとも食い止めておくためには、すぐに勝ち越されるのは避けないといけない。
ただ、やってはいけないことをやってしまうのが、今の状態を表している。
京田、亀澤を内野ゴロ2つで打ち取ったものの、大島、ビシエドに連続二塁打を浴びて、あっさり勝ち越される。

そして5回裏、早くも京田が3度目の先頭打者として登場し、レフト前ヒットを放つ。
詰まった打球に松山がよく突っ込んでは来たが、ショートバウンドで捕球し、体勢が崩れた隙に、京田は二塁へ進む。
そして亀澤の送りバントは、キャッチャーのすぐ目の前に転がり、會澤は三塁へ送球するも、タッチプレーの分だけセーフになり、フィルダースチョイスでノーアウト1、3塁。
大島には真ん中のストレートを捉えられて、ライトライナーで京田はタッチアップを決めて1点追加される。
ビシエドの打席では亀澤が二盗を決め、會澤の二塁送球がライト側に逸れる悪送球の間に、亀澤は三塁へ。
ビシエドの強い打球のショートゴロで、田中は体勢を崩しかけ、本塁送球がセーフになるリスクを避けて、ファースト送球の間に亀澤が生還。
点差が3点に広がったが、初戦のビシエドのサヨナラツーラン以外では、初めて1イニングで複数得点が入り、最大点差である3点差がついた。
紙一重のプレーがことごとくヒット、セーフになり、点の取られ方は良いとは言えない。

ただ、無理やりではあるが、流れに変化が出てきたと前向きに捉えれば、反撃のきっかけにはなり得る、というかそこに縋りたい。

6回からは、中日は継投策に入り、リリーフ一番手は伊藤準。
その代わり端、丸が初球の低めのストレートを捉えて、センター前ヒットで出塁。
鈴木は3-1からストレートを捉えたものの、やや詰まってレフトフライ。
安部の打席では、安部が2球続けて体を捻って避けたボールがストライクとなり、最後は集中力が切れたような空振り三振。


今シーズン、ナゴヤドームでチーム唯一の本塁打を放っているエルドレッドは、フルカウントから四球を選んだが、これは相手からすれば問題ない四球。
逆に言えば、続く松山に一本出れば、流れを変えられるが、センター後方へのフライを打ち上げても、ナゴヤドーム、そしてセンター大島の守備では、打球は抜けていかない。
センターフライで無得点に終わり、あとは3点ビハインドでも、福井にもう1イニング託すしかない展開となった。

その福井は6回裏、6番からの打順三者凡退で抑える。
2回と4回も同様に6番からの打順で、ランナーを1人出して、投手の吉見で攻撃を終えさせ、次のイニングの先頭が京田となったことが失点に繋がった面もあり、こうも簡単に抑えられるなら、どちらかのイニングだけでも抑えていたら違った展開もあったかなという気にはなる。

ただ、フォローしておくと、昨日の九里と同じく、福井に求められているピッチングも、6回3失点というもの。
荒れてはいたものの、6回4失点で、自責点は3、無四球ピッチングでは、先発としての最低限の仕事は果たしている。
点の取られ方が悪いだけで、先発を外れるほどの内容かと言われると、まだ猶予はありそうに思えるが、6回2失点ピッチングをする若手がいる、それをベンチがどう判断するかということになる。

さて、7回表の攻撃は、會澤、代打のペーニャが簡単に打ち取られるが、田中は2-0からの真ん中のストレートを捉えて、右中間への本塁打で1点を返す。
ただ、菊池はスライダーで空振り三振に倒れ、やはり得点は奪えても1点だけというのは続いている。

1点だけでは、中日の流れは変わらない。
7回裏は、一岡が登板し、1アウトから京田に四球を与えたのをきっかけに、1点追加されて突き放される。

とにかく、点を奪った直後のイニングで点を奪われるケースも続いている。

8回表の攻撃は、岩瀬に対し、先頭の丸が2球で追い込まれるが、決め球のスライダーは真ん中高目。
しっかりと捉え、センターオーバーの三塁打でチャンスを迎える。
鈴木には、全くヒットゾーンに飛ばせるようなコースにはボールが来なかったが、その分厳しいコースを狙いすぎたことで四球を選んだ。
ノーアウト1、3塁となり、安部はショートゴロ併殺崩れで1点を返す。
何度も繰り返すが、1点では中日ペースは変わらない。

1アウト1塁となったところで、岩瀬に代わって三ツ間がマウンドに上がる。
エルドレッドは、初球のインハイのストレートを、無理に引っ張らずにセンター方向へ打ったことが功を奏し、詰まりながらもセンター前ヒット。
安部は三塁へ進み、1アウト1、3塁となり打席には松山。
三ツ間は際どいコースには投げているが、見極められているということはキレがいつもほどではないのだろか。
松山が四球を選んで、1アウト満塁となり、代打には西川。
きれいにセンター方向には打ち返したが、ショートの守備範囲。
ショートゴロ併殺崩れの間に1点を返し、このイニング2点目。
ようやくと言っていいいだろう、複数得点を奪って、さらには代打野間。
こちらもセンター方向へライナーを飛ばしたが、大島の守備範囲で、あと1点及ばなかった。
何とか吉見に今季初白星を、というのは中日守備陣からは良く伝わってくる。

そして、1点ビハインドの8回裏のマウンドには薮田が上がる。
真ん中へのストレートではあったが、正直ゲレーロが右方向へ大飛球を飛ばすとは思っていなかった。
高い放物線でライトスタンドへ飛び込む本塁打で、またもや点を奪った直後に、失点してしまった。
1試合で、3度も得点を奪った直後に失点してしまう展開で、気落ちしてしまうのも無理はないが、打線は9回表の反撃も期待できる状態にはなっている。
それだけに、本塁打の後、四球、送りバント、ライト前ヒットでランナーを溜めること自体避けてもらいたかった。

そして、全く意味の分からないプレーが出てしまった。
1アウト1、3塁で京田はファーストゴロ。
安部が何故か一塁を踏んでから、二塁へ送球。
一塁を踏んでいる時点で、一塁ランナーはタッチプレーでしかアウトに出来ない。
二塁送球が悪送球になってしまって三塁ランナーは生還してしまうが、一二塁間に挟んだところで三塁ランナーは生還している。

考えられる選択肢は3つある。
1つ目は、一塁ゴロを捕球し、三塁ランナーを牽制して、三塁に戻してから二塁だけフォースアウトを奪い、最低限一つアウトを取って得点を防ぐ。
2つ目は、最初から3-6-3のゲッツーを狙い、京田の脚が上回って一塁がセーフになれば仕方がない、というプレー。
3つ目は、一塁ゴロを捕球し、一塁ベースを踏んでから、二塁へは投げる構えだけして、本塁送球して三塁ランナーが飛び出していれば狭殺プレーに持ち込む。

安部が捕球した時点では、三塁ランナーはまだ三本間の真ん中にも到達しておらず、すぐに本塁送球するタイミングには見えなかった。
なので、捕球してすぐにバックホームと言うのは考えられない。
2点ビハインドという展開を考えれば、2つ目の選択肢、ゲッツーを狙うが、京田の脚が上回ってセーフになるのは仕方がないというのがベスト。
2番目が3つ目のプレーだろうか。

この辺りは、考え方の違いによって、どちらを選択するかは違ってくると思うが、少なくとも一塁を踏んで、二塁に送球するというのは、失礼を承知で書かせてもらうが、プロのプレーではない。

もちろん、安部が1点やっても構わないという気持ちで守っていたなら話は別だが、「しめた、ゲッツー取れる」とばかりに素早い動きをしているのは分かっている。
それだけに、ゲッツーを取るのであれば、3-6-3しかありえなかった。

中日の守備陣の集中力が高まっているのは間違いなく、相手の守備が上回られては仕方がないが、そこにたどり着くことが出来ないで試合の流れが決まってしまうのは残念。

9回表、田中の左中間へのライナー性の打球を、大島がランニングキャッチするのも、こういう試合の流れであれば、そういった良いプレーも出る、という見方をして試合が終わった。

終わった事では済ませられないし、反省すべき事と捉える必要のある試合だった。
状況判断というのは、長くそのポジションでの経験を積まないと身に付かないものだとすると、新井以外に誰がファーストを守ることが出来るのか、という話になる。
阪神戦での三連敗の際に、新井が守備固めに入ることが出来たら、という提案をした理由もそこにある。

現在のカープにおいて、一塁手としての経験が豊富なのは、新井、エルドレッドに次ぐのは松山ということになるが、その松山の守備は既に緊急の場合に限られるという認識になっている。
ファームも含めて考えると、岩本、小窪辺りが経験が多いものの、若手野手でファーストを主に守っているのはメヒア。
一軍のメンバーでファーストを守ることが出来るのが、安部、堂林、オープン戦レベルで上本くらい。
だからと言って、ファーストの守備固めのためだけに、岩本を一軍登録するということなどありえない。
そうは言っても、シーズン中に、安部、堂林辺りのファースト守備を鍛えなおすという時間が取れるとも思えない。

2試合の間に、サードも、セカンドも、ファーストも、そして1試合の中でも複数ポジションをこなしてくれている安部の有難さは十分伝えたい。
その上で、もう一ランク上がって、レギュラーを取るくらいの奮起を期待している。
というか、出来るでしょ!?





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター