デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2017公式戦 > 【カープ情報】2017.05.20 広島対中日 公式戦8回戦 2試合続けて惜敗、若手中心の打線はあと一本が出ず
スポンサードリンク

【カープ情報】2017.05.20 広島対中日 公式戦8回戦 2試合続けて惜敗、若手中心の打線はあと一本が出ず

2017年5月20日に行われた、広島対中日の公式戦8回戦の試合結果

広島 000 100 000|1
中日 010 001 00×|2

勝 又吉 3勝0敗
負 九里 3勝4敗
S 田島 1勝1敗10S

【本塁打】なし

GW中に対戦した又吉との再戦となり、スタメンも左打者を多く並べてきた。
菊池、エルドレッド、新井が休養、相性を考慮されてスタメンをはずれ、西川、松山、野間がスタメン起用されている。
菊池のコンディションについては、今更触れることもないが、西川がサード、安部がセカンドというのは何やら事情がありそう。
西川は昨日の9回裏、2アウトから出塁し、代走野間が送られているが、膝の状態が良ければ、代走が不要な走力は持っている選手。
言い訳は一切していないが、守備での最初の一歩、また二遊間の打球を踏ん張って、一塁送球する際の下半身の粘りは、本来の動きには戻っていない。
守備面の負担を考慮して、セカンドではなく、サードでのスタメンになったのだろう。
また、安部についてもファースト守備では、やはり本職の動きとは良い難く、他の野手との総合的な判断で、今日の守備位置になったと思う。

さて、初回のカープの攻撃は、又吉に対し、田中が一塁で際どいタイミングとなったセカンドゴロ、西川がインコースへのスライダーを上手く打ったがライトフライ、丸は初球を打ってセカンドゴロとなり、わずか5球、時間にして2分ほどで終えた。

一方で、カープ先発の九里も、前回登板でフォークを多く使って切り抜けたことが自信になったのか、立ち上がりはフォークを低めに集めて、内野ゴロ2つと、大島にはストレートを捉えられたが低めに決まっていたことでライトフライ。
こちらもわずか8球、時間にして3分ほどで投げ終えた。

2回のカープの攻撃は、先頭の鈴木はインコース攻めと、低目を徹底されたが、大きく外れ1球もストライクが入らないまま四球。
安部には最低限進塁打を期待したいところだったが、内外ギリギリに制球され、思ったようなスイングが出来ない。
何とか右打ちをしようと、バットを合わせに行ったが投ゴロになり、1-6-3のゲッツーに倒れ、松山も高目のカットボールでタイミングを外され、レフトフライに打ち取られる。

2回の九里のピッチングは、先頭のビシエドに対し、インコースのシュートで詰まらせたが、やはり振れてきているのだろう。
詰まりながらも、ショートの頭上を越えるレフト前ヒット。
平田も同じく詰まらせて三塁線への高いバウンドのゴロとなり、ベースの後ろで捕球しようとした西川がボールをこぼして、エラーでオールセーフ。
続くゲレーロをインコースのシュートで詰まらせ、ショートへのハーフライナー。
これがショートバウンドとなり、まず田中は二塁へ送球。
二塁ランナーのビシエドは、二塁に帰塁しかけて、再び三塁へ走り始めた。
6-4と送球された後、ビシエドを二三塁間で挟めば、まずこちらでもゲッツーは取れた。
しかし、6-4-3と転送してゲッツーは取れたが、2アウト3塁とランナーが残った。
ゲッツーが取れたからいいというプレーではないが、チームの方針に従っていたかもしれないので、これは安部がどうとか、ということは言えない。

そして、九里は藤井に対し、フルカウントからツーシームが真ん中に入って、センター前ヒットで先制点を与えてしまう。
確かに序盤からランナーを溜めたくはないし、昨日2本タイムリーを打っている松井雅との勝負を選択するべきかは難しい。
それでも、ナゴヤドームで先制点を与えるとどうなるかと言うのは、昨日の試合だけでなく、長年の積み重ねで身に染みて分かっているはずと思ったが、九里に求められるピッチングは6回3失点というもの。
そこは分かってあげないといけない。

1点勝負で、絶対に先制点を防いで、終盤まで僅差で進めて、最後は1点勝負で逃げ切る、という試合展開は、若手野手を多く起用した試合ではそもそも思い描いていない。

さて、4回表のカープの攻撃では、先頭の田中が四球を選ぶ。
西川はアウトコースへのシュートを逆方向へしっかりと打ち返すが、レフトライナーで1アウト。
西川は、1打席目も2打席目も良い当たりを飛ばしている。

そして、丸はインコースのストレートに詰まりながらもセカンド後方へ落とし、ライト平田からの好返球もあったが、田中が三塁へ進み、1アウト1、3塁。
しかし、鈴木は初球のインコースのシュートを打ち上げて、三邪飛。
ゲレーロは足を滑らせて転倒しながら捕球し、その間に、一塁ランナーの丸は二塁へタッチアップ。
2アウト2、3塁で安部が打席に向かい、フルカウントから真ん中のストレートをライト前にライナーで弾き返し、タイムリーヒットで同点。
そして二塁ランナーの丸も本塁を狙うが、かなり前進守備を敷いており、余裕を持ってアウトとなった。

九里はフルカウントからの真ん中のツーシーム、又吉はフルカウントからの真ん中のストレートが共に失点に繋がっており、昨日同様、堅実な守備、エラーなどが試合の流れを左右しそうな展開となっている。

同点に追い付いた直後の4回裏、先頭の亀澤にはファールで粘られ、最後はアウトコースのカーブを二遊間に転がされ、ショート田中の送球も及ばず内野安打となる。
亀澤が出塁し、牽制を何度も投げさせられる状態で大島との勝負は、神経を使わされる。
しかし、アウトコースへのツーシームでショートゴロに打ちとってセカンドフォースアウト。
1アウト1塁となりビシエドを迎えるが、1打席目もシュートで勝負しヒットを打たれたが、この打席もインコースへのシュートで勝負し、詰まらせてセカンドフライに打ち取った。
この徹底ぶりは良い攻め方だった。
平田の打席では大島が二盗を決め、得点圏にランナーを背負うものの、インコース低目へのフォークで空振り三振を奪い、ピンチを脱した。

5回表の攻撃では、先頭の松山が高目のストレートを捉え、良い感じに打球は飛んだがセンターフライ。
會澤も先に追い込まれていたが、誘い球は見極め、アウトコースのスライダーを上手くバットの先で拾ってレフト前ヒット。
野間もファールで粘り、最後の真ん中付近のストレートをセンター返し。
1アウト1、2塁となり、打席には九里が向かうが、二塁ランナーが會澤ということは、送りバントをしてもまず三塁でフォースアウトになる。
送りバントを狙ってはみたが、ファール2球で追い込まれ、最後はボールになるスライダーをバントで空振りして三振。
田中はアウトコースのシンカーで、当てるのが精一杯の投ゴロに打ち取られ、下位打線で作ったチャンスをものにすることは出来なかった。

そして5回裏の九里は、先頭のゲレーロを2球で追い込んだものの、ファールを1球挟み、後は全球インコース攻め。
詰まらせる打球はあったがファールで打ち取れず、結局四球を与えてしまう。
同じコースに投げ続けようとして、それが外れ続けると、次打者へのコントロールに影響するのは九里の悪癖。
藤井にはツーシームが、1打席目と同じ様に真ん中に行ってしまい、ライト前ヒットでノーアウト1、2塁。
松井雅には、初球にフォークで空振りを奪えたものの、やはり真ん中付近のツーシームを捉えられ、ライト前ヒットでノーアウト満塁。
打席には又吉が入るが、内野ゴロを打つのを避けるべく、低めのストレートは見逃して追い込み、最悪三振でもいいと割り切っていたと思うが、最後スライダーが高めに浮いたことで思わず手が出た。
投ゴロになり、1-2-3のゲッツーで、2アウト2、3塁となり打席には京田。
藤井、松井雅にはあれだけ甘く行ってしまうツーシームが、京田にはアウトコース低め、ストライクからボールになるコースに決まってサードゴロに打ち取り、ノーアウト満塁のピンチを無失点で凌いだ。

大ピンチを凌いだが、このまま同点のまま試合が進むのは中日のペース。
6回表の攻撃は、西川、丸ともに2球目を打って力のないセカンドゴロに倒れ、あっさり2アウトとなり鈴木はアウトコース一辺倒の攻めから一転して、決め球はインコースのストレート。
これはバッテリーが上手かった。

1点が重い展開となり、こうなるとピンチが続き始めている九里が、再びピンチになったときには踏ん張りきれないのではないかという不安が頭をもたげる。

そして6回裏、先頭の亀澤に粘られた末に、真ん中へのストレートを捉えられてレフト前ヒット。
4回裏と同じ様な形となり、亀澤の脚を警戒しながらのピッチングの中、今度はフォークが甘く入ってライト前ヒット。
ノーアウト1、3塁となってビシエドが打席に向かうが、この打席ではアウトコース低めのフォークでショートゴロ併殺打に打ち取る。
その間に三塁ランナーは生還し、1点勝ち越されるが、序盤でも言ったように、九里に求められるのは6回3失点ピッチングであり、十分責任は果たしている。
あとは打線の奮起に期待する展開。

7回表の攻撃では、先頭の安部がストレートの四球で出塁。
ただ、松山は真ん中付近のストレートを逆方向へ打ち返したが、レフトフライで1アウト。
會澤は追い込まれてから、アウトコースのスライダーに良く付いていったが、セカンド頭上のハーフライナー。
スタートを切っていた安部は戻れず、ライナーゲッツーで無得点に終わる。

次のイニングで打順が回ることで、7回裏のマウンドにも九里が上がる。
試合の結果はどうなるかは別として、ここで無失点に抑えると、今後勝てる投手になっていける。

7回裏のピッチングは、先頭のゲレーロに、ツーシーム、カーブ、ストレートを投げ込んでいくが、完全にインコースだけという訳ではない。
最後は真ん中低めのフォークでセンターフライに打ち取り、2打席ツーシームを捉えられていた藤井をストレートでファーストゴロ。
松井雅にはアウトコースへのツーシームが高めに抜け、センター前ヒットでランナーを許す。
又吉の代打井領は、ツーシームとフォークで追い込み、最後は高めに抜けたツーシームでショートゴロ。 正直、6回7回はコントロールミスが多くなっていたが、ストライク先行のピッチングだったことで、大きなピンチには広がらなかった。

8回表からは継投策で、三ツ間がマウンドに上がる。
先頭の野間は、高めのストレートを逆方向へ打ち返したが、やや力負けしてレフトフライ。
九里に代打を送り、エルドレッドが打席に向かうが、ショートゴロで2アウト。
田中の打順で、ワンポイントで岩瀬に交代。
田中はスライダーを捉えてレフト前ヒットを放つが、代打新井は低めのスライダーでセンターフライに倒れ、8回表を終えても1点ビハインドのままとなった。

8回裏のマウンドには、薮田が上がる。
もちろん薮田に期待するのは、三者凡退で9回表の攻撃に繋げるピッチング。
しかし、先頭の京田にはコントロールが定まらない感じで、抜け球の後、真ん中のフォークを捉えられライト前ヒット。
亀澤が送りバントを決め、大島は敬遠気味の四球で1アウト1、2塁。
ここでビシエドはフォークの連投で空振り三振を奪うが、平田にはフォークを見極められて四球を与え、2アウト満塁。
フォークが決まりにくくなっていても、同じ球種の連投の後に違うボール、特にストレートを投げてもいつもの威力が出にくい。
それでもストレートで勝負に行き、芯で捉えた打球が、速い球脚でショートゴロとなり、何とか無失点で切り抜けた。
しかし、反撃に向かっていきやすい守備、リズムではなかった。

9回表の攻撃は、昨日同様田島との対戦となるが、2試合連続で得点を奪えるほど甘い投手ではない。
昨日は、左打者が低めの変化球に手を出して三振というのが3回あり、当然低めの見極めが重要になる。
先頭の丸は、2球で追い込まれてから、低めのボールを4つ見極めて四球を選ぶ。
鈴木はアウトコース高目のストレートを捉えたが、もう一つ伸びを欠きライトフライで1アウト。
安部は真ん中低めのストレートで空振り三振。
松山は2球で追い込まれたが、勝負球のシンカーが落ちず真ん中に来たところを捉えて、ライト前ヒット。
會澤の打席でワイルドピッチがあり、二塁ランナーの丸だけ三塁に進み、2アウト1、3塁。
ただ、高目のストレートを打ち上げてセカンドフライでゲームセット。
2試合続けて僅差の試合を落とした。

今日の試合は、若手中心の打線がどこまでレギュラー陣不在の打線で機能するかを見たかったが、最後までランナーを出すものの、中日投手陣を打ち崩せなかったということになる。

九里は、こういったピッチングを続けられれば、また勝利投手になれるだろう。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター