デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2017公式戦 > 【カープ情報】2017.05.04 広島対中日 公式戦6回戦 予想外の打撃戦となった試合を、終盤の粘りで制する
スポンサードリンク

【カープ情報】2017.05.04 広島対中日 公式戦6回戦 予想外の打撃戦となった試合を、終盤の粘りで制する

2017年5月4日に行われた、広島対中日の公式戦6回戦の試合結果

中日 000 402 100|7
広島 000 411 02×|8

勝 ブレイシア 2勝0敗1S
負 三ツ間 2勝1敗
S 今村 0勝1敗6S

【本塁打】ゲレーロ4号、丸4号、西川2号

中日先発の又吉とは、リリーフ時代に何度も対戦しているが、どちらかといえば苦手としている投手。
特に新井、エルドレッドはあまり相性が良くなく、3連戦の3戦目というタイミングで、安部、ペーニャ、西川あたりを組み合わせたスタメン起用も考えられる。

そのスタメン発表では、5番安部、6番西川とコールされ、ここまではある程度予想がついたが、7番にはレフト野間。
徹底的に左打者を並べる策を採用してきた。

この試合についても、現地観戦のため短評となります。

大瀬良対又吉という先発投手の名前を聞くと、ロースコアの試合展開を予想するものだが、今季の大瀬良については防御率ほどの内容ではない。

序盤3回は、低めにも制球され、捉えられたような打球でも野手の正面を突いてはいたものの、ボール先行、それも明らかなボールも多かった。

一方、又吉に対するカープ打線は、序盤からランナーを出し続け、防御率トップの投手に対しても、必要以上に恐れることはないのだと受け取れた。
ただ、ランナーを出しても3イニング連続併殺打になってしまい、コーナーへの制球がいいことで、勝負どころでの粘りを感じると共に、防御率が1点未満という投手には、こういった要素も備わっているのだと思えた。

3回を共に無得点で終え、4回の大瀬良のピッチングは、先頭の亀澤に四球を与えてしまう。
今日の試合では、大島の打席で、亀澤が一塁ランナーに出るという場面が3度もあった。
何度も牽制を行い、大島には粘られ神経を使うピッチングとなったのが手に取るように分かり、どの投手もリズムを乱された。

菊池のフィルダースチョイス、平田の進塁打で1アウト2、3塁とピンチが広がり、ビシエドは力で押し込んでレフトフライに打ち取るが、あれだけ詰まったようなあたりが、レフトの定位置近くまで飛んでいって犠牲フライになるのだから、ビシエドのパワーは恐るべし。
そして2アウト後、パワーといえばゲレーロも負けていない。
昨日の9回に今村から本塁打を放っているが、それはストレートを捉えていた。
ストレートにはタイミングが合いつつある打者というのは十分承知の上で、バッテリーは初球にスライダーを選択。
しかし、高目の甘いコースだったことで、レフトスタンド上段へ飛び込む特大のスリーランを浴びてしまった。

残念な4失点となってしまったが、菊池のフィルダースチョイスが、二塁アウト若しくは一塁だけでもアウトだったとしたら、ビシエドのレフトフライでチェンジだったという考えもあり、この4失点はまだ大瀬良が崩れたとは言い切れない。

とは言え、又吉相手に4点のビハインドは厳しい展開が頭を過る。
しかし、この後の乱戦の口火を切ったのが、4回裏の先頭打者丸の本塁打。
左中間方向へ良く伸びており、いけるぞという雰囲気にもなった。

鈴木が四球を選び、安部のライト前ヒットで三塁を狙うもタッチアウトとなり、今日のカープの攻撃は、どうも波に乗り切れない。
鈴木の走塁は暴走でもないし、ミスでもない。
ライト平田からの好返球で、反撃ムードが消沈してもおかしくなかったが、今日のカープのスタメン起用が嵌ったシーンが訪れる。
1アウト1塁で、西川が丸の打球と同じ様な打球を放ち、左中間突破のタイムリースリーベースで2点目。
野間がフルカウントからでも粘って四球を選んで繋ぎ、會澤が喰らい付いてショートの頭上を越えていくタイムリーヒットを放って3点目。
1アウト1、3塁の場面で、大瀬良が1塁ランナーを進める送りバント、もしいいバントになった場合はセーフティスクイズになれば、という作戦を採り、1球で三塁側へ送りバントを決める。
中日側もセーフティスクイズというのはケアしており、捕球した杉山が目で三塁ランナーをサードに追い込んでから一塁送球すると、大瀬良の足のほうが早く一塁を駆け抜けオールセーフ。
1アウト満塁で田中がセンター方向へ犠牲フライを打ち上げ、同点に追い付く。

同点に追い付いた後、大瀬良に期待するのは、もちろん再び勝ち越しを許さないピッチング。
5回表は、ランナーを1人出したものの無失点で抑え、一旦試合の流れを落ち着かせることに成功する。

そして、5回裏には丸が四球を選び、鈴木の打席でエンドランを仕掛ける。
鈴木のレフト前ヒットで三塁へ進塁し、1アウト1、3塁で、安部が真ん中付近のスライダーを捉え、犠牲フライを打ち上げ、1点勝ち越し。
この試合で、カープの攻撃で犠牲フライが2つ目となり、又吉はこれほど簡単に外野まで打球を飛ばせるような投手ではないだけに、続投中に出来るだけ攻め込んでおきたい。

今日の大瀬良のピッチングの中で、もっとも拙かったのは、6回表の先頭打者平田への四球。
ビシエドの三遊間への内野安打はコースヒットで、1アウト後のゲレーロのレフト前ヒットは逆球のストレート。
先頭打者への四球で、ピッチングが苦しくなった。
1アウト満塁の場面でリリーフ登板の中田は、代打藤井を空振り三振、代打井領に対しても打ち取ったようなレフト前への浅いフライを打たせたが、野間はレフトのライン際それもかなり深い位置に守っており、田中と野間が交錯しかけてボールを取ることが出来ずに、2点を奪われて逆転されてしまう。

それでも今日の試合の流れでは、1点のビハインドで留めておけば、まだ何が起こるかわからないというところで、中田は京田をショートフライに打ち取って踏ん張った。

そして6回裏に、野間の今季初ヒットを足掛かりに、すぐさま同点に追い付くが、7回表には薮田が先頭の亀澤への四球を足掛かりに1点を奪われ、またもやリードを奪われる。
亀澤がランナーに出て、大島の打席を迎えるのは投手にとって相当のプレッシャーになるのは、今後気をつけておかないといけない。

それでも、それ以上の失点は防ぎ、1点のビハインドを保ち、試合の流れを完全に渡さずに踏みとどまっている。

7回裏には岡田が、8回表はブレイシアが、それぞれ三者凡退のピッチングを見せ、久々に一息つくイニングが出来た。

中日は、ゲレーロをベンチに下げ、三ツ間をマウンドに送り逃げ切り体勢に入ってきた。
8回裏の先頭西川は、追い込まれてから厳しいコースは3球続けてファールで粘り、甘いコースを待つ。
フルカウントからでも2球粘り、相手からすれば走力のある西川に四球を与えたくないところで、逆球がインコースに入ってきた。
逆球とはいってもコースが甘すぎることはなく、上手くバットを内から出せていることで、鋭く捉えた打球がライナーのままライトスタンドに飛び込んだ。

西川の同点本塁打の後は、野間が2球で追い込まれ、そこから1球も振ることなく四球を選んだのは、相手バッテリーとしては避けたかった展開。
會澤が送りバントを決め、ブレイシアの打順で新井を代打に送る、という筋書きは見えている。
その會澤の送りバントは、ベースに当たって高く弾んだことで、送りバントは成功。
1アウト2塁の形を作って、狙い通り新井を送り込む。
2-1からのアウトコース要求のストレートが、シュート回転で真ん中に入ってきたところを、右方向へ弾き返すと、ライト平田の頭上を越える勝ち越しタイムリー二塁打となる。

1点を勝ち越し、9回表のマウンドには今村が上がる。
先頭打者は亀澤で、この試合の得点パターンの起点となっている打者だけに神経を使うところで、キャッチャーゴロに打ち取って1アウト。
この試合では、3度大島の前に亀澤が出塁していたが、久々にランナーなしで大島を迎えることが出来る。
その大島にはレフト前ヒットを打たれたものの、平田の打席でランエンドヒット敢行。
低めのフォークを、上手く右方向へ、ライトライン際へ打球を飛ばされるが、鈴木がランニングキャッチ。
大島がスタートを切っており戻ることが出来ずに、鈴木からの一塁転送でダブルプレー。

こういったシーソーゲームは、勝つと負けるとでは疲労度がまるで違う。
大瀬良については、ボール先行のピッチングと、ゲレーロの本塁打が気になるところ。
ただ、ゲレーロの本塁打については、昨日ストレートを捉えられ、今日は様子見のつもりで選択したスライダーを捉えられての本塁打。
初球を打ち返されては、インコースのストレートを見せ球にして、ということも出来なかった。
外国人打者の初球に甘いスライダーを投げてしまったのは、失投ということになり、次回に活かしてもらうほかない。

薮田については、亀澤、大島の打順の並びが嵌ったと受け止め、ブレイシアの投球のように足の速い打者を分断することで、自分のペースで投球できると思えれば良いのではないだろうか。

序盤のカープは、3イニング連続併殺打もあり、いい流れで試合は出来ていなかった。
中日側にも明らかな守備のミスはなかったが(せいぜい大瀬良の送りバントがオールセーフになった場面くらい)、打ち合いを制することが出来たのは、最後まで諦めずに試合を進めた結果だと捉えるのが正解だろうと思う。







関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター