デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2017公式戦 > 【カープ情報】2017.04.30 広島対DeNA 公式戦6回戦 西川プロ初本塁打、高橋樹プロ初登板の試合は、九里大乱調の末、打撃戦で惜敗
スポンサードリンク

【カープ情報】2017.04.30 広島対DeNA 公式戦6回戦 西川プロ初本塁打、高橋樹プロ初登板の試合は、九里大乱調の末、打撃戦で惜敗

2017年4月30日に行われた、広島対DeNAの公式戦6回戦の試合結果

広 島 000 031 023| 9
DeNA 205 000 12×|10

勝 久保 1勝0敗
負 九里 2勝2敗
S -

【本塁打】ロペス4号、エリアン1号、西川1号、石川1号、鈴木5号

前回登板で、やや我慢の利かない投球をしてしまった九里だったが、この試合の立ち上がりもあまりいい傾向の投球が出来なかった。
先頭の桑原に粘られたこともあり、フルカウントとなってから空振り三振。
しかし2アウトから、梶谷にストレートの四球を与えてしまったが、まったくと言っていいほど勝負に行かないような四球だった。
筒香にはアウトコースのシュートでカウントを稼ぐが、打たれたのはインコースを狙ったストレートが甘くなって真ん中低め。
筒香のライト前ヒットで2アウト1、3塁となり、ロペスの打席でスライダーを引っ掛けてワンバウンド。
これがワイルドピッチとなって1点先制されると、フルカウントからアウトコースへのカットボールが高めに浮き、右中間突破のタイムリー二塁打で、もう1点追加。

2回裏のピッチングも、先頭の倉本には真ん中低めのストレートをレフト前に弾き返され、低めには来ているもののコースは真ん中。
戸柱に対しては、インコースへの厳しく決まって、セカンドゴロ併殺打となったが、この試合でインコースに決まったのはこの1打席だけと言っていい。

3回裏も内容は改善せず、特に左打者にはアウトコースへの甘いツーシームやカットボールが多くなっている。
ここまで甘いコースばかりでは抑えるのは難しい。
死球、逆方向へのヒット、四球でノーアウト満塁となり、筒香には初球の真ん中付近のカーブを特大のファールにされる。
追い込んでからのインコースも甘くなり、詰まらせたもののライト前タイムリーヒット。
そして、ロペスには初球の甘いツーシームを捉えられ、レフトスタンド上段への特大の満塁本塁打。

前回登板で、ヤクルトの西田にインコースのツーシームを捉えられてタイムリー二塁打を打たれたことが尾を引いているかのように、この試合では明らかにインコースを攻める割合が減った。
これでは昨年までの九里のピッチングと変わらないのではないだろうか。

状況的には、リリーフを次々と継ぎ込んで行く訳にもいかず、昨日一軍登録されたばかりの高橋樹のプロ入り初登板のタイミングに注目が行ってしまうのも仕方がない。

7点ビハインドの5回表、それまでランナーは出すもののあと一本が出なかったカープ打線が、ようやく繋がり始める。
先頭の會澤がレフト前ヒットで出塁し、1アウトから田中がストレートを捉えてライト前ヒット。
そして菊池はカーブをレフト線に弾き返し、タイムリー二塁打で1点を返す。
丸はフルカウントから、低めのスライダーを何とかバットにあて、ファーストゴロに間に1点追加。
そして、2アウト3塁で、鈴木がストレートをレフト前タイムリーヒット、計3点を返し、4点のビハインドに縮めた。

点差が少なくなったこともあり、終盤に勝負どころを迎える可能性も出てきたことで、5回裏のマウンドには中田が上がる。
先頭の筒香にはライト前ヒットを打たれてしまうが、後続にはランナーを進めることさえさせずに無失点で切り抜ける。

すると6回表、2アウトから打線が繋がる。
三連戦の初戦に、ノーアウト満塁で無得点に抑えられた須田に対し、會澤がストレートを捉え、三塁線を破る二塁打でチャンスを作ると、代打エルドレッドが四球を選び、田中はフルカウントからのインコースのストレートを、詰まりながらもライト前へ運び、タイムリーヒットで1点を返す。

3点差に迫り、そのまま終盤の攻防へ移って行きたい所で、代わった一岡から戸柱がショートオーバーのヒットを放ち、左中間へ転がる打球に松山が追い付けずに二塁打としてしまう。
続く代打乙坂、桑原はストレートの球威で押し込んで打ち取ったが、石川にライト前ヒットを打たれ、2アウト1、3塁。
しかし、梶谷は読みが外れたかのように、アウトコースのストレートで見逃し三振。

7回表の攻撃は、山崎康相手に、鈴木がツーシームを捉えてレフト前ヒットで出塁するが、松山は高目のストレートに詰まって三邪飛、新井はアウトコースのストレートに喰らい付いたものの、一塁ゴロに倒れて無得点。

そして7回裏のマウンドには、三連戦初戦で3イニングを投げているブレイシアが上がる。
先頭の筒香にはスリーボールから、カウントを整えて、最後はストレートで詰まらせてレフトフライ。
ロペスはスライダーでバットの芯を外してショートゴロ。
良い形で投げられていると思ったのもつかの間、エリアンに真ん中高目のストレートをライトスタンドに運ばれてしまう。

リリーフ陣が無失点で繋いでいくことが、終盤の逆転のためには必要だったが、この一発は試合の流れを考えても、大きな1点となった。

8回は、セットアッパーの三上との対戦。
先頭の安部は、インコースのストレートに力負けせず、引っ張ってライト前ヒットで出塁。
會澤はストレートをこすったような当たりでレフトフライに倒れるが、代打西川は真ん中やや内寄りのストレートを捉えると、鋭くライト方向へ打球が伸びていき、そのままスタンドに飛び込んだ。
西川のプロ入り初本塁打で2点差に迫り、最終回の攻撃に希望を繋ぐためにも、8回裏の投球は大事になる。

その8回裏の守備は、菊池で8回表の攻撃が終わったこともあり、西川がそのままセカンドに入り、菊池はベンチに退く。
そしてマウンドには薮田が上がるが、先頭の戸柱には四球を与えてしまう。
ストレートもフォークもボールになり、軸になるボールがないと厳しいピッチングになるところ。
代打田中浩には送りバントを決められるが、ストレートは低めに決まり始めた。
これならばストレート中心のピッチングになり、フォークも活きてくる。
桑原をストレート2球でファールを打たせ、1球ライトポール際に大きな当たりのファールを打たれたが、最後はアウトコースのストレートで空振り三振。
2アウトまで漕ぎ着けたが、石川にはアウトコースを狙ったストレートが逆球でイン寄りに入り、レフトへ高々と打ち上げられる。
ポール際の打球が切れることなくスタンドに届き、痛い2失点となってしまう。
狙った通りのコースに投げ切れなかったことで、球速ほどの威力が出なかったのだろう。

梶谷を迎えるところで、高橋樹がプロ入り初登板を迎える。
ただ、やはり緊張があるのか、腕の振りが弱く置きにいったようなストレートとなってしまい、センター前ヒットを打たれる。
そして筒香との対戦となり、今度はコースに投げ分けるピッチングを見せた。
インコースのストレートでストライクを取り、最後は大きなカーブで空振り三振を奪い、プロ初登板を筒香斬りで終えた。

9回はDeNAのクローザー、パットンとの対戦となり、先頭の丸はスライダーをライト前ヒット。
そして鈴木は、アウトコースのツーシームが、真ん中へ入ってきたところを捉え、パットンも打たれた瞬間がっかりのレフトスタンドへの本塁打で再び2点差に迫る。

松山は低めのツーシームを打ち上げて捕邪飛に倒れ1アウト。
新井はアウトコースのカットボールをセンター前ヒットで出塁。
安部は追い込まれてからも粘り、得意の打ち方、低めの変化球打ちでライト前ヒットとなり1アウト1、2塁。
會澤はツーシームを捉えたが、ややバットの先でセンターフライに倒れ2アウト。
西川は、2-2から決めにきたインコースのストレートが指に引っ掛かり、背中付近への死球で2アウト満塁。
田中はストレートの押し出し四球で1点差。
代打堂林を送り、最後の見せ場が訪れたが、ここで配球を変更。
アウトコースへのスライダー中心の投球で、堂林の空振りは全てアウトコースへのスライダー、そして3つ目も同じ。

あと1点まで迫ったが、追い付けずに敗れた。

この試合に関しては、タラレバの展開で、勝てていた可能性もあったが、それを言うのはナンセンス。
相手の勝ちパターンの投手、須田、三上、パットンから6得点を奪った攻撃陣には、何の注文もない。

カープにとって、もっとも頭を悩ますのは1項目のみで、それは先発九里の投げる度に悪化している投球内容。
6回3失点、ここを目指してもらうだけでも何ら問題ないし、今シーズンは、それが出来る投手になってきたと信じている。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター